プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
完敗の予感
セミナーにて発表。30分ぐらいの予定を3倍の100分ほどしゃべるというおおポカをやらかした。

私が持っていった発見は2つ。大きいほうは肯定的に受け入れられたと思うが、ふたつ目はなんと反証されてしまった。

詰めが甘かったのだ。

はっきり言って、一つ目の発見は発見であっても、ふたつ目が無いと弱い。せっかく外部から聞きに来てくださったミヤマさんはかなり不満そうだった。

そして自分の説明の下手さ。説明の下手さというより準備不足。

全て、10月から正月にかけての逡巡の皺寄せだ。精神にこびりついた怠け癖が、うすうす悪いところはわかってるのに放置するという最悪の癖になってしまったのだ。
引き篭もって考えるのはいい。しかし、自分に怠惰を許しては本末転倒だった。


そのあと、研究室の皆さんにいろいろ助けていただいて、ありがたくて涙が出そうになった(さすが引き篭もり)。ああ、自分はこんないい環境にいたのにそれを半年も食いつぶしてしまったのだ。

そんなこんなで、いろいろな意味で勉強になった。私は非常に自明な恥ずかしい卒研発表をすることになると思うが、それも甘んじて受けよう。そして起こること全てを心に刻み込もう。


でも実は、私の理論の大筋は全く影響を受けていない。証拠がゼロになっただけで(笑)。というか今までそんなものを証拠だと思っていたことが、単なる私の精神的怠惰なんだが。気づいてみれば、自分というものはなんと醜かったのだろう。最近、金子さんの研究に対する洗練された態度の美しさを目の当たりにし続けて、それに気づき始めたのだ。

この反省を生かして春休み中に論文を完成させるぐらいの勢いでいきたいと思っている。今日は学校に4つjobを流してから帰ってきた。もしかしたら・・・宝くじに当たるようなものだが・・・そこから有意の差が出ると、私の理論は復活するかもしれない。(しかし、こんなに無軌道にやってきて、今更そんな虫のいいことは期待していないが)

しかし、環境に大変動(・・・ってなんだよ、)を与えなければ私の理論は成り立たない。

別の方法もある。世代が進むにつれなぜか分散が広がることに注目し、fitness一定のプラトゥから、進化の木に依存した関数量を抽出することだ。これは、さっきシャワーを浴びていて気づいた。問題は、そのような関数がどのような部分集合上で一定値を取るか。

この要請がキマれば、ミヤマさんも満足させることが出来そうなのだが。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
ランダムネットワークの理論
ランダムなネットワークである比を保ったまま極限を飛ばしても転移が残るかという問題である。

私はそのような物理的な系での転移を知らないのでただの算数にしか思えず心が苦しい。(実存的な意味で)

しかし、現象を知らなければ誰の話しも算数なのかもしれない。これこそ蒟蒻問答であり、自分が他人に対してする話もまた然り、である。

しかし、やはり雪山モデルと全く同じにしか思えない。理解していないのだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
一般システム理論を使うかどうか
本当に知りたいことを考えるのは難しい。なぜなら、誰も教えてくれないから自分が考えなければならなくなったからだ。

この表題の、一般システム理論(ベルタランフィ)を使うかどうかというのは、粒子像の変革を迫るかどうかということだ。彼は、物理的な粒子や現象ではなく、科学が踏み込んでいない分野にこそ「科学的な、」しかし定性的な厳密に成り立つ法則を打ち立てる価値を認めた。

そしてその試みは、あまり成功したとはいえないと思う。


僕は最初疎水性分子の周りに出来る「水のクラウン」に対して、密度では無い記述を与えることによってシステム(つまり物理的な粒子では無いが確固とした法則を持つ対象)の現出を予期していた。
しかし、それは疎水性分子の集合に結びつくので生物の膜をやることになる。そして、生物の膜はプロトンの濃度勾配を引き起こし、その雪崩のようなエネルギーによって、細胞内のいたるところに充満するATPの霧を作り出し、ガス爆発によって生きている。

つまり生きるということは爆発なわけだが、どのような爆発ならいいかというのが統計力学的な興味であって、そこで統計力学を捨ててシステムに期待するかどうかというのが表題の意味なのだ。

個人的には、ベルタランフィと同じ徹を踏む気はなく、僕のような素人でもこのように高性能なパソコンが手に入るようになった今だからこそ、MD実験を繰り返してシステムの法則を観察するべきだと思っている。

しかし、システムのあるべき形や法則のありかについては何も予言されていない。存在すらも予言されていない。

なぜ失敗した時のことが気にならないのだろう?人生、失敗する努力ほど無駄なものは無いと思って生きてきたのだが・・・これは好奇心なのだろうか。

僕は、○○○○○○○○○○○○がそうであると、信じている。(ズーレクの熱力学深度の理論によれば、こうして伏字にしても、誰かしらにはばれてしまうらしい。そういえばこのマイノリティな理論も定性的だが、役に立っているといえるかどうか微妙なせんだが、僕は好きだ。)
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
出願・マック・ER
びしょ濡れになりながらも、出願が終わりました。自転車で出発してしばらくしたら雨が降り始め、すぐに土砂降りになりました。台風なめてた・・・・ワックスのおかげで髪型がひどいことになって終日悩むことになりましたTT

まぁでも無事出願で着てよかったです。なぜか郵便代1000円もかかりましたがw

せっかく学校に来たので図書館にいくと、出願書類を前に悩んでるGを発見。「写真どこで取った?」ってアンタw締め切り明日ですよ!

結局彼は悩みながら今の研究室を書いた。


彼の横で、論文雑誌の目次をいくつか漁ると、なんとエンドサイトーシスのコンピューターシミュレーションに成功したとの記事が。タイトルはcurvature-mediated interactionがどうたらで、一般相対論好きとしては興奮が止まりません(もちろん、関係ありません(笑)が、いろいろなことに関係があると思います。)。ついでにリファレンスで一番役に立ちそうな、Endocytosis Reticulum - Goldi Apparatus pathwayの論文をコピーして控え室に帰りました。(一応本職?の遺伝子制御のレターもコピーしておきました)

マックで昼飯を買って静かに読んでいたのですが、くだらない水のさされかたをしました。科学哲学レベルでいえば0.3ぐらいでした。どうでもいいけど。基本的に私のようにBiophysicsをやる人は物理をやろうとしているのであって生物をやろうとしているのではないと思います。
それでモデルは無意味だ、といわれてもねぇ。分野が違うのです。そのうち、イジングモデルは全く無意味で相転移も観測できないから存在しないと言い出しそうで不安です。数学が嫌いな人はユニバーサリティー(臨界現象やカオスの意味で)に弱い(というか視点が欠けている)気がします。

実際の生物、といえばリファレンスのほうが実際の生物の機構に関する問題でした。まぁどのようなたんぱく質があるか、という程度のことしかわかりません。これは、読むのがかなり重いです。こういう方法では生物に対する理解は永遠に得られないような気がします。そう思いがちにさせてしまうことも、分子生物学が異常に難しく感じる理由ですね。

そんなわけで作業がほとんど進まず、帰りにコジマによりました。引き出したお金で浄水器を買うのです。そして、論文を読むときにいつも必要を感じる電子辞書もこの際買ってしまうことにしました。基準としては、

1.レスポンスの速さ
2.デザイン
3.一括検索の有無

で選びました!(笑)とくに3番は意外に重要で、これがあれば20種類ぐらいの辞書を使い分けることなく全部で検索が出来ます。英和と英英が同時に引けたり、百科事典と国語辞典、日本史世界史時点が同時に引けるのは素晴らしいです。まぁ一番大切なのはデザインなんですが(笑)

最近、こういう消費をするたびに気が引けます・・・残された短い今日を、精一杯頑張りたいと思います。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
化学は面白い!
朝食はほとんど趣味の時間だ。

まず、ライ麦パンをオーブントースターに入れる。
朝のためにわざわざ買った7本300円もする無添加のソーセージを2本だけフライパンに転がす。普通のものと違い、即座に豚肉のにおいが台所に充満する。じゅうと音を立ててこげる。
パンが焼きあがる。まだトースターから出さず、マーガリンではなくバターをひとかけらナイフで切り、パンに載せオーブンをしめる。
フライパンを強火にする。たまごを割って落とす。卵は水っぽくなるので2個ずつしか買わないし、安すぎるものは変なにおいがするので避ける。黄身が固くならないうちに、さらにあげ、ソースをかける。ソースはサフランの香りがしっかり効いたものがいい。といっても、ウスターソースに100円足した程度の価格のものだ。

最後に、ソーセージ用の無添加トマトケチャップをひねり出す。

以上で必要経費は
30+88+20+42+ソース+牛乳66+ケチャップ=246(~300)円。

コンビニでパンとペットボトルを買うのを節約するだけで、十分楽しめる。たまに、朝食代が三食の中で一番高いときもあるかもしれない。上にヨーグルトをつけるとそうなりがちだ。しかし、朝食のエネルギーは確実に全て起きている間に使われるので一番高くてしかるべき?とも思えるかもしれない。

まぁそんなことをしながらEssential Cell Biologyを読んでいたら2章が終わり、80ページに突入しました。

化学は面白いです。もっとも、物理がわかっているから面白いと思うのだと思います。例えば、結合角度は量子力学の知識抜きにしては決して理解できないし、二重結合が回転を妨げるのも同様です。

個人的には、化学を学校で量子力学より後に教えて欲しかったのにと思います。

しかし、受験勉強で詰め込んだ知識が、実際上も全てであることには、詰め込み教育の有り難味を強く感じました。この恩恵を受けられるのも、僕の世代が最後なんだろうなぁ。
例えば、エステル結合、アミド結合、などを網羅して知っていることで、生物をやる際に些細なことに惑わされずにすみます。あとは、高校の勉強で、環状化合物の詳細と、燐酸結合をもっとやるべきだったと思います。

アメリカの大学では生物が必修で、それを追いかけて東大も必修になりましたが、こうした知識がまずなければ、美しさを愛でる余裕がなくなってしまうのかもしれません。昔の僕のように。。。。

もちろん、詰め込まずにそのような知識が揃えばそれに優るものは無いのですが。

ああ、アマゾンでたのんでいた本がまた来ました。なんか大変です!
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
律速段階=最小速度定数段階
今日もやっぱ本を読みました。アトキンスももう787ページからはじめて850ページか・・・飽きてきました(笑)

しかし、921ページまで読まなければいけないと思っています。ここで切ってネオ・セントロメアの論文でも読もうかな・・・・

Essential Cell Biologyもようやく53ページまで来ました。(まぁ遺伝子制御周辺は読み終わってるんですが)

それくらいしか書く事が無い日でした(^ ^;

あとは、自転車の修理をしたら無事に治ったのでよかったです。といったところでしょうか。クツも洗うつもりでしたが、明日になりそうです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
アトキンス24章
今日は台風のためハンズにいくのはやめて本を読むことにした。

ネットで後輩の曲を聞かせてもらったら若干成長していた。今度会う時がたのしみ。

引き篭もってた割りにいろいろあった日。


先輩から借りてきたアトキンスは結構面白いです。

まとめ
流体の運動として、気体の運動は単純で、平均自由行程さえ出せればそれでフィックの拡散法則が証明できる。これは、物質・エネルギー・運動量の全てのフローで成り立つ。
ちなみに粘性を測るにはポアズイユ流の実験をすればよい。

液体中の運動は込み入っているが、もし動径分布関数(2点相関関数)が計算できれば、熱力学的な法則は全部出すことが出来る。相関関数の計算にはモンテカルロ法を使うか分子動力学で求めればよい。
このような環境の中での中性粒子の運動を求めるには、まず荷電粒子の運動を求めて電荷ゼロの極限をとる(つまり補外する)。

ただし、半径の小さな荷電粒子は水分子を数個ともなった大きな球状で動くので注意しなければならないし、プロトンはグロッタス機構を用いて高速で水溶液中を移動してしまう。

荷電粒子については、移動度を求めるのにはインダクタンスを測ればいい。しかし、電流はアニオンとカチオンの2種類で成り立っている事を忘れずに。インダクタンスは、濃度の2分の1乗に比例する(コールラウシュの法則)。デバイ・ヒュッケル理論を使ってもいいが、量子力学が嫌いならこれも相関関数から、グリーン・久保公式で出せばよい。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。