プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ショーペンハウエルとアルレリウスの比較の現時点での結論は
ニーチェの分類によれば、結局はショーペンハウエルは蒙昧で、アルレリウスすなわちストア派は自己歪曲ということになるのだが、ショーペンハウエルは奴隷道徳の代表者であり、アルレリウスは君主道徳の代表者である、ということもできるのだろう。

この三人の人生の目的はなんであったのかというと、
ショーペンハウエル:有機体としての総合的な思想体系を歴史に残す
アルレリウス:究極の行動原理を発見し実行する
ニーチェ:真理を求める。真理とは人間的でない真理
というところだが、 mandateなものに反発を抱き、自分がそれを変えてやろうと思っていることは同一だ。アルレリウスはストア派なので、外界を明示的に変えようとはのべないのだが、主観をコントロールすることで啓蒙を行いたいという欲求が見られるので、主観をコントロールすることの出来ない一般人の道徳に対する反発はあるだろう。


さてニーチェはショーペンハウエルが世の中に対して怒っているのを人間的だとか蒙昧だとか奴隷的な怨嗟だとか言って馬鹿にするのだが、ニーチェ自身の怒りぷりも半端ない。よって、この三人のなかで怒っていないのはアルレリウスだけである。それも、ニーチェによれば自己歪曲ということになるのだが。

クリエーターについて怒りは望ましいものかというこの問題を考えつづけて久しいが,その根底には奴隷的な怨嗟はもはや不要なモノなのではないかという直感がある。ネットにおける、自分以外は全部バカにするというスタンダードがなにかメリットがあるのか、そういう疑問。超然とし怒りとは無縁に見えるスーパーハッカーの人たちも、その中の個個の作業においては、怒りのもとに自らの正義を体現せんとする存在なのか。

「世の中、怒ってる奴らばかりだ。だから君は怒ってないほうがカッコいいよ」

という忘れられない言葉がある。これは単に、常にサブストリームであるべきいだという哲学なのだろうか。

そうではなく、人間的でない真理を含んではいないだろうか?

この問いのゴールは、怒りについて、それがクリエイティブな作業に役立つのはどのような状況か、むしろ邪魔になりみじめに見えるのはどんなときか、を明らかにすることだ。チクセントミハイが実証したように、怒りの存在しないクリエイティブな領域が存在することは確かではある。だからといって、怒りが不要なモノとばかりも言えないのが実情である。それにはやはり、ケーススタディが必要で、とくにハッカーについてそれを見て行きたいと思っています。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
サブマージ
今日も朝から曲想が鳴り止まない。仕方ないので仕事をサスペンドして打ち込む。

今回はなかなかうまく行かない。しかし、substrate仮説により根気よくリズムの本質を考えて打ち込む。リズムは音抜けを気にしながら5種類ぐらい作る。アープはPolysixにハードコンプをかました単純なものだがこれがまた難しい。5年も使っていてPolysixが全然解っていないことを再確認させられる儀式だ。やはり何十年も使われる楽器は単純で奥が深くていい。
アープを軸にして、周波数分布がのっぺりして展開が失われることを避けながら打ち込んでいくが・・・一分の単純なループだが11:30-17:20までかかってしまった。

今回は駄作すれすれで、ヒヤヒヤものだった。しかし最後の30分で、またもLegacyCellに救われたと言ってよいだろう。コーダルなものは最後まで使わず、最後に必殺技のようにしてかますと全てのパートが生き生きとすると言うことを学習した。


@studio
4曲持っていったうちの、今日作った曲から始めよう。
あらかじめミックスして来たように鳴りが完璧だ。クラブのもの等にはかなわないがスピーカーは悪くない。ただ、やはり急ごしらえだけあって立体感は足りない。アープはロータリーをかけたいし、ベースはやはり左からなるべきだと思う。高周波数はピンポンディレイで右に回すべきだ。

そして・・・何年ぶりかに録音をする。3年ぶりぐらいだろうか?二人とも技術が上達していて見違えるようだ。

しかし、恐ろしいほど上達したなあ。サックス。しかし存分に駄目だしをさせてもらう。リズムにアフロブルーのケが残っていて曲調とあわなかったのでリズムをちょこちょこと指定する。新しいもの(自分の頭の中に無いもの)をつくるために、指示はあいまいにしなければいけない・・・

結局7テイク30分ぐらいとれたので良いとする。ここからメロディを固めて、ユニゾンの位置を決めたりするのがこれから待っている僕の長い仕事だ。

夕飯は連休でどこも開いていず困ったがとんちゃんに初めて行ったがうまかった。塩加減がとても上手だった。ここでゲジャンを是非食べたいところ。K-POPがずっとかかっていたのはいい意味でも悪い意味でも刺激を受けた。

帰って、電話にも気づかないぐらい昏睡した。久しぶりのいい眠りでした。


追記:アープにロータリーをかますとサックスが無いところで音が立たないので注意
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Jeff MillsとDerrick May
いつもはBGMなんて決してかけないのだけど今日はとうとう孤独が堪え難くなったのかかけてしまいました。そしたらふと気づいたのですが、

Jeff MillsのExhibitionistの最後の2曲はDerrick Mayの音源を使っている。

曲名はAguilaとSee this way。意味深だ。

ここのミックスはまさに神。See this wayと言い切って全く恥ずかしくない出来映え。実際、何年も前から何十回も聞いていると思う。Aguilaの1:52や2:00はキターと叫びださんばかりのDerrick May節全壊だ。

それでいて、Jeff Millsでしかない音の重ね方。例えばSee this wayの0:09からや、0:30でバスドラムの音を気持ち上げちゃうところとか。

二人の間にエピソードがあるのだろうか?音楽に詳しい人教えて頂ければ幸いです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
居酒屋人魚
友人が思い出したように「居酒屋人魚という曲があったのを思い出した。」
え?

ある日彼女は雨の中
傘も差さずにやってきた
ジンバックかきまぜて
ただ机のすみに頬杖つく
知ってたよ ただかわしたのはお決まりのキャスタウェイ
潤んだ目に かげる横顔 ウォ~~~(以下略)



やべえwwwww4年前に俺が酔っぱらって書いたらしい。誰だwww

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
雷動
大学はいってはじめて(高校のときと同じ機材で)作った曲が出てきた。

タイトルは雷動。これかっけえ。

なぜこんなものを作ることが出来たんだ。怖いもの知らずだったからか。そういえばこれを聞いて感動した男の子が入部してすぐに去っていった事があるんだよな。何でこの路線で突っ走らなかったんだろ?

4年の学問の歳月を通して聞いてみると、これは感慨深い。まるで僕にとってカフカの門のような曲だ。

公開したいんだけど。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
幸せの定義の理論
個人的にはアートだと確信している。なぜなら、アートは集合することによって流れを生み出し、時空間を越えるから。しかしそれは、秩序から生まれる必然的な宇宙的意識体の存在価値と同値項であるに過ぎない。

自明でないのは、自己組織化と、解析力学的なpathの一意性の差はどこかということ。一般的には、唯物史観的にアートを語ることにどれだけ数学的な意味を付与できるかということになる。

幸せが心で感じるものである以上それは我々が生物であることによってコンストレイントを受けるが、生物であることがどれだけ必然性の度合いを含意し、自己組織化の空しさを緩衝するかにセンスがかかっている。

どちらの意見に意識を偏らせる暴力を持っても、それはアートである。
つまり、運命的な暴力と一体になることがアートであり一つの幸せなのではないかと最近は思っている。

簡単に言うと、赤の他人と話したとき、どれだけ面白い人間であるかということに過ぎないのかもしれない(チューリングテスト的な意味で)。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
マーク・ロスコの作風のdecadesにわたる変化と私の大学4年間での意識の変化
『マーク・ロスコの作風のdecadesにわたる変化と私の大学4年間での意識の変化の共鳴(偶然の出会いが実は解釈の結果に過ぎないことも含めて)』という題で、とてつもなく長い文章に自分の人生を余すところなく語りつくしたい!いますぐ!

でも時間が無い!!!ここでそうしたら、確実に卒研の道は踏み外すだろう。

逡巡している。ああ、人生は楽しいな!
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
総括
一年を旅と音楽の孤独の中に送り,身体を敬うと,宇宙に友あるを知る.

一年を組織を作るに送り,世にありしと聞くものを直に見れり.

また一年を数理の夢に送り,対称性・無限次元を語れど九天の美を描くに足らず.

四年次は細胞・戦術・経済と世のひろきに驚嘆星霜を駆け,未だ迷いは繭に似たり.

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
俺の夢は夢十夜を超えているのか・
なんだこれは。昨日十二時に寝て、朝7時に起きてすごい腹が減ったのでいつもの夕食の2倍の量を作り、食い、寒かったので布団で本を読み始めたら寝て、起きたら九時半。実に19時間以上寝ているとは・・・

でも、正直今年に入ってから一番体調がいい。体が軽くて、空でも飛べそうな位だ。

ところで、僕は寝ているあいだずっと夢をみている。そしていつも同じ街にいる。今回は久しぶりに公民館前の道路を通った(夢の目覚める直前の部分)。ガードをくぐって市街地に入ると、右手のビルの根元がカビで白い綿毛のようになっていて、あまつさえ子供の背丈のしめじのようなものまで生えていた。
あまりの悪臭に、鼻と口を抑えて横を通った。雪が降りそうなほど寒い。
急いでせかせかと歩むと、左手の路地から黒いパトカーがぬっとでて、ゆっくりと右折してきた。この場所では歩道がないので、ひしめく人並みが騒々しくも脇による。パトカーが出てきた路地はすごく狭い。また、足元は見やすく遠くの方までだいだい色のライトにてらされてはいる(そしてやや巾広の黒い線路が見える)が、両側のビルからつきでた排気口から白い煙があがっている。ホームレスとてもこの場所に入り込まない所以だ。
道を渡って頭上を仰ぐと、トリケラトプスとブロントザウルスが闘っていた。恐竜が闘うのをみるのは初めてで、ちょっと興奮した。しかし、恐れることはない。恐竜は我々よりずっと長いタイムスケールで生きているので、一挙動がとんでもなく時間がかかるものなのだ。スローモーションどころか、動いているのかどうかもわからないが、どちらかが倒れるまでどれくらいかかるだろうか。とはいえ、ブロントの方が削ったビルのかけらがゆっくりと落ち始めていた。やはり恐竜のタイムスケールに従っているようだ。

左手に行きつけの本屋を見つけた。女性向けファッション誌や情報系の本が売っている他、試奏できる鍵盤楽器が5台ほど並んでいて、僕にはどうみても邪魔としか思えないし、この店は1階しか借りていないのに何をやっているんだろうとは思う。ちなみにちょっといけば、6フロアぐらいはある豪勢な大型書店があるのだ(エスカレーターの周りに上等な手帳がぐるりと支柱を囲むように並べられていて、一度逡巡したことがある。あの高級感溢れるゆるやかな内装は現実世界の書店にも見習って欲しいほどで、赤みがかった大理石の壁のほかに、マホガニー・パステルグリーン・金色を基調としている)。

そこで親父にちょっとトイレ行ってくるから本でも読んで見てて、といいのこし、右手にレジがあり左手と右奥にそれぞれ12畳ほど売り物があるあいだの、数台の楽器で道狭くなった廊下を通り、奥の汚いトイレで用を足していると、このくすんだ水色のタイルの間に、黒い汚れがこびり付いているのは前回を思いださせるようだと、しみじみした。

そこで本当に小便をだしそうになったので、僕は起きてトイレにいった。するとオレンジ色の光がまぶしすぎて、どうしても親父に話そうとしていた内容を忘れていってしまうのでした。これはまずいと手をちょいと洗って足早にもぐるも、もう二度とあの街のあの時間に戻ることはできないのでした。

親父が読む本なんてあったかな、あんな若者向けの図書ばかりで次ぎにいくまでもつだろうか、と心配になりながら、そこはもう夜の9時半でした。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
坂口安吾
 たいがい小説には多かれ少かれ作者の思想めくものが作中人物を思想的に動かしてゐるもので、さうすることによつて、さうしなかつたよりも曰くありげな面魂を作りだし、その作品の声価を高めたり低めたり、評者の評語を強いたりしてゐるものだ。又、それによつて、文学史上の位置を占めることにもなる。
 ところがラクロの「危険な関係」に至つては、作者の思想が作中人物に及ぶといふところが全くないに等しい、よつて又、文学史上の位置も有つて無きが如く、無くて有る如く、アイマイ、モコたるものでジッドの讃辞にも拘らず、ジッド宗徒のたむろする日本フランス文学者の間ですら、一向に声価は上らなかつた。
 ここには一つの「眼」があるけれども、思想がない。小林秀雄は兼好法師の眼に就て論ずるところがあつたけれども、兼好の眼とラクロの眼は大変違ふ。兼好の見た人間の実相とラクロの見た人間の実相は甚しく相違してゐるのである。
 思想によつて動くことのない眼だと小林が徒然草の作者に就て言ふ言葉はラクロに就ても言へるけれども、徒然草の作者が否定的に見てゐることをラクロは肯定的に見てをり、否定的態度といふものが実はそれ自体強力な思想でありモラルであるのに比べて、肯定的態度といふものは決して自ら思想を構成するものではない。ただ人間とその実相があるのみであり、それは即ち兼好は世捨人であつたに比して、ラクロは凡そ一つも世を捨てる片鱗もない生活人であつた。この二つの決定的な相違は、一つの眼の及ぶ視界にも決定的な相違を現はし、従つて、兼好の眼は思想によつて動くことのない眼などといふ冷厳なものではなくて、世捨人の思想によつて曲げられた通俗的なフシアナの眼であつたにすぎない。
 二十世紀の私はラクロの如くに私の作品に「反良俗の弁」を書くほどの含羞はすでに無い。それは恐らくラクロの方が私以上に「良俗」に就て侮蔑的であつたせゐだと私は思ふ。「現代の世相」と云ひ、良俗を時代的な意味に解したラクロに比べれば、私は人間性を無限なるものに解すると同様に、良俗をも無限なるものに解してゐる。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。