プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
院試か・・・
僕の知り合いの後輩たちは受かるだろうか。一人はあの有名な清水明研究室を受けるはずだ。

以下、どうでもいいかも知れないメモ。これじゃあgoogleでも引っかかりようが無い。

ソースコードのコメントでSEE ALSO XMLRPC_REQUESTとか書かれていて、どのファイルに書いているのかも解らなくて途方に暮れた場合。ソースコードのディレクトリに移動して、
grep -n XMLRPC_REQUEST *

とすれば良い。

考えてみれば当たり前だが、作業中は人間の頭は単純作業向けにシフトしていて、grepということを思いつかずに手当り次第にヘッダーファイルを開いてしまうという現象が起こるのが興味深かった。joinなどレアめのコマンドについても同じ。

いや、僕だけかも知れないですけど。でも、もし一般性のある現象なら、よいLinuxの入門書がなかなかないのもうなづける。これまでの"本"という媒体では、解決出来ない問題ではないか。

合理性の限界、swarm_theoryだったらいいな

「理解とはおおむね、願望に基づくものだ(イノセンス)」って言葉あったなあ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
今日の午前中?の作業結果
xmlrpc_epiREXML::Element
name無し?
parent.previous_element().next_element()
.document()
children[].elements(属性)
attrs[].attributes(属性)
text.text()

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
フォワーディングinRuby
Objective-Cの柔軟性の一つであるフォワーディングをRubyでエミュレートする方法を考えなくてはならない。そのためにプロトコルをモデュールとして扱って、クラスを拡張しようと考えている。しかしここまで来ると、Rubyの文法書が一冊欲しい(まだ持ってなかったのかよ!)。

今日大学に行って買ったほうがいいのだろうか。何がいいのだろう。やっぱ偉い人が書いたPickAxeだろうか。

Rubyのリファレンスがちっとも体系的でないと僕が思っているのは気のせいで、実はあれだけでもどうにかなるのだろうか。PickAxeは金の無駄なのだろうか。買う前に、PoignantGuideぐらいは読んでおきたかったが、いよいよ時間が無いのだ。時間が無いときには、紙の方が速い。と思う。

リファレンスを見る。溜息だ。なんでこんなに空白が多いのだろう。しかも書いている言葉も日本語とは思えない。とりあえず、define_methodについての解説が書いてあったら、8000円出してあの本を買おう。

おやすみなさい。

追記:
翌日ピックアックス買いました.素晴らしい匂いがプンプンします.
でも忙しすぎて読んでません.
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
7fが127に見えryu
バイトを見比べよ。アイデンティフィケーション、ソースポート、シーケンスNo.、アクナレッジメントNo.、タイムスタンプ。これも正常。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
先輩にまた明日!と言って元気に別れるも、やはり学校に行くのは無理で
丸一日あらゆるドキュメントやブログやソースを読んでました。

いや、良かったですよ。ついに見つかりましたよ。使えそうな手が・・・

JavaScriptでAppleのWeb Kit DOMを書いて、そこからObjective-Cのクラスをラップ出来ればいいみたいです。

要はxml-rpcを自分でエミュレートしなければいいので、これが出来れば一安心です。

もうこんな時間。世間が五月祭の中本当に丸一日調べものに使ってしまいましたよ。あひゃひゃ。でもそんなに嫌いな作業じゃないです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ぜんかいのつづき
ソースコードを読んでたら、とてもじゃないがこれでswarmのライブラリにリンクしたりするのは無理なことが解った。どうすっぺ・・・と思っていたら普通にgemsにdlというモジュールがあるということが解った。なんとcのライブラリから関数を呼び出すことが出来るのだ・・・

Objective-Cではどうなんだろうか。なんか泥沼感が・・・

残りの候補はRubyCocoaかRubyObjcと言ったところだが・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
RubyInline
困ったことに、僕の作ってるウェブクライアントにはXMLを使った分散コンピューティングを仕込まなければならない。しかしXMLを扱うオープンソースのライブラリーがc言語で書かれている。

いろいろ検索した結果、現時点ではRubyInlineを使うことにした。Objective-Cがサポートされていないのが若干気になるが、

gem install RubyInline

とかタイプしただけでインストールされてしまった。凄いなあ。よくこんなの考えつくよなあ。

多分将来的にはbuilderの部分を自分でいじってObjective-Cに対応させなければならない予感がするが、それでもXMLのパーサーとかそれ以降をJavaでエミュレートするよりずっとましなはずだ。

このプログラム、ちょっと読んだ限りでは、require "inline"で読み込んだモジュールinlineに含まれる関数であるinlineに、ブロックを引数として渡している模様。

inline do |builder|
builder.c "
long factorial_c(int max) {
int i=max, result=1;
while (i >= 2) { result *= i--; }
return result;
}"
end

んで、このbuilderというオブジェクトのメソッドに、cのコードを渡すというわけだ。

ということはそんなに長いプログラムじゃないはずだ。ひとまず読んで見るのが良さそうだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Congratulations!
Dear Applicant,

Congratulations! This email is being sent to inform you that your
application was accepted to take part in the Summer of Code. Please
check your student home page in the SoC web application at
http://code.google.com/soc/************.html to determine which of
your applications was accepted (and (and (and (and .....


Of course I yelled out onto ground running through the way to the station!!!! Cheers! Trains! Awesome! Woo! Hoo!!! Happy with Real H*cked Codings!!! :P :b :P

;)


ということで皆様、こんばんは!なんと1ヶ月前には夢にも見ていなかったGoogle Summer of Codeへの出場が確定いたしました!

Swarm Development Groupというところで時給4ドルと思い出を胸に4ヶ月ほど働くことになりました(笑)。Marcus G Danielsのもとで、Swarmの分散コンピューティング化と、その一環としてのportableなwebクライアントの作成に励んで参りたいと思います。ぶっちゃけ出来たら世界が変わります(*^-^*)

余力があれば、アクセシビリティ(つまり、より良いデモ)の問題や、時間とともに次元を変えながらダイナミックに変化する(それでも維持されるトーラスなどを表示することによる)非Grid的な情報の表示などにも取り組みたいと思っています。Marcusはコミュニケーションベースの経済物理の研究者で、最近資本論を勉強している自分としては、先輩としても議論できたらいいなと思ってます!

Congrats to all Histories!!!!! Now I'm busy in getting involved with my first ruby ;)

HAL
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
早稲田知識ソフトウェア研究所からのpdf
友達からある授業のpdfを受け取った。そう。僕が今分散コンピューティングを目指してるのはまさにこういう目的だ。

pdfはマルチエージェントシステム(自律分散協調系)について。奇しくも今年の東大のアクションプランが同タイトルであったことは、感慨を禁じざるを得ない。小宮山総長手動による壮大な社会実験であり、ぜひ成功してほしいと思う。僕も東大の一員として積極的に参加していきたい。(財務の問題が引き合いに出されるが、逆に、お金にとらわれない若いうちにしか全力で出来ないことだと思う。)

で、情報系ではエージェントを何と見なすかということだが、結局自律系ということになるらしい。相互作用は、ゲーム理論に基づいて評価する。このゲーム理論に基づく評価は、人間の想像力の限界というボトルネックを明晰に表していると思ったので僕は否定的に反応している。

対して、今金子研究室に所属しながら模索している僕の研究の内容は、均質な力学系の非対称な相互作用によって生じる、動的平衡状態と、その遺伝子への固定、社会的な継承、または動的平衡状態(動的平衡戦略:DSS)間の階層的関係を圏論的に扱うことだ(階層とモノイドが関係ある。)

このような言葉に対して結果が追いついていないので毎日焦りながら研究している。

ただ、今日先輩の星野さんに話し合ってもらってこれからとりうるアプローチを6個ぐらいにしぼれたのは大きかった。

もっと結果を出して、貴重な議論の土壌を生かせればいいのに!

情報系でもはやってる通り、この分野は数年経たないうちに大分野になるような気がする。
久しぶりに自分の研究について語ってみました。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
コードを短く書くための仕様について
変数定義:
varを省略するとグローバル変数が書き換えられてしまう。
ブロックスコープがなく、グローバル変数か関数ごとのローカル変数かの区別しかなく、しかもこれはローカル変数と同名のグローバル変数の単なるスクリーニングによって実装されていて、時々予見可能ではあるものの問題を生じる。このおかげでundefinedが生き生きと動き出せる。個人的には厳密な変数定義より、遅延評価っぽくて好きだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。