プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
山田玲司 水の鳥
最後の話には衝撃を受けた。この人は煽動家としては三流だけど作家としては一流なんだなと思った。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
tough
今週のtoughはかっこ良かった。

武道の進化を表す三つの言葉がある。
「守・破・離」。

ふうむ。元は川上不白の言葉。私は今、守の段階にいるのだと思う(誰も何も教えてはくれないが、でも最近そのような環境でどうやって技を盗むのかだんだん解ってきたようなかんじ。)。
なんか再現性に満ちあふれていて、科学だなあと思うのだけれど。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
英語でブログを書くことについて
不可解だ。いや、可解かもしれない。決してまれな現象ではなくいろいろな人たちがこれをしがちだと言うことが不可解なのだ。私の意見をあえて述べさせていただくと、下手な英語を長時間聞かされるほど不愉快なことは無い。し、下手糞な英語が間違った形で定着するのであなたの英語スキルはますます下がるうえ、下手糞な英語を読まされた方はその影響を受けて会話スキルがぐんぐん下がってしまう。これはまぎれも無い環境破壊である。どうかよろしくGoogleで

"eigo dempa jushin"

というキーワードで検索して、トップに現れるNANDAKKEというページを熟読していただきたい。

残る可能性は英語がとんでもなく上手な人が英語でブログを書いているというケースで、読者は特に著者が日本人であるとは気づかずにエンターテイメントを楽しめる。もちろん、エンターテイメントは作者に憧れを抱かせこそすれ、作者が無闇に自己主張をしてはならないはずだ。いいことだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
山田玲司、非属の才能
彼は、高校のころ大好きな漫画家だった。一言で言うと、ヒップホップとかパンクみたいなはみ出しモノの世界と、オタクがミックスされたみたいな漫画を描く。

この主人公が、毎回かっこいいのだ。

その彼が新書を出したらしい。タイトルは非属の才能。



ぶっちゃけしょうも無い本というのが、一般の人の意見のようだ。

でも、今までの彼の作品を知っていると、一つの中年のあり方としていいような気がするんだよね。

僕はこの本を擁護しようと思う。ということで初アマゾンのレビューを書いてしまいましたよ。あ、でも相当あとにならないと掲載されないか。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
日本沈没と書店全滅・アマゾン以前の書店解体
最近見なくなったという職業がある。

書店である。

雑誌やマンガはコンビニに売っているし、ブックオフがあるから確かに存在意義は薄い。しかも、働いている人間は駅ビルで本を買う。

そう考えると、駅ビルがあるのだから書店ビジネスは安泰のように見える。

しかし、実はアマゾン登場以前にもう・・・




という本。

簡単に言うと、不良債権と売り掛けシステム、意味のわからないシステムである開店口座を放置し、本のように売り上げが固定しがちな業種で、ファストフードのようにリースを基本とした大型店舗展開をしていくとどうなってしまったかという話。

ちなみに10年前の本であるので、現在我々が見ている世界はエピローグだということになる。

この本の予言どおり、人文書を扱う書店は殆ど姿を消し、誰も人文書など読まなくなった。

明治のように貧しい時代ならまだしも、この異常に豊かな世界で名文士は生まれなかったのだった。一つの搾取システムが世の中から消えたとはいえ、文化の絶滅というのは寂しいものがある。

ちなみにブックオフがあるので、あと10年は昔の文豪の本を読み、人文書が消え去っていないかのような感覚を得ることが出来るが、同時にこの10年何も新しいものが生まれていないことにも気づくだろうと思う。

まぁ、個人で読みたい本を探すことならアマゾンのおかげでかろうじて出来るのですが。これも絶版になるまでしか有効では無いのです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
本を読めば、世界が広がるとは考えないのが理系的?
最近少しずつ知識を蓄えているます。
最近読んだ本で、印象に残ったもの:

「頭がいい人、悪い人の話し方」

この本に書かれているのは本当に最下層的に頭の悪い人たちの話なので、僕には役に立たない。いい人の話し方とやらを参考にしたかったのだが、期待はずれだった。この本には「頭が悪い人の話し方」についてしか書かれていないのだ。
ぬおー、なにをお前は傲慢なことを!!、というならば、買って読んでみることをお奨めします。でも、それ以外の人にとってはお金の無駄なので、例え百円でもこの本には使わないことをお奨めします。
もったいなかったから全部読んだけど、やっぱり時間の無駄だった。
でも、そのまんま東が知事選に受かったことを考えると、日本は「36章:視野が狭い」人でほとんど埋め尽くされているのかもしれませんね。
あ、ちなみにこの文章、第10章前後の「根拠を言わないで否定する」にちょびっとひっかかっています(笑)まだまだ自分の文章も直すところがありそうです。


「少年A この子を産んで・・・ 父と母悔恨の手記」

一時期話題になり、かなりバッシングされた本。
麻原ショウコウの伝記で受けた衝撃のようなものを期待して読みました。
この本、読んでいるとむかついてきます。子供に対する無関心、被害者に対する無関心、事件が起こったことを受け入れず、残った二人の弟よりも少年Aのご機嫌取りに必死な父と母・・・信頼を目をつぶることだと履き違えてしまい、酒煙草、クラスメイトに対する暴力、小動物殺害というエスカレートに全く気づかず、ついに万引きで揃えた凶器を使ってAは無抵抗な子供たちの殺害を始めるわけです。
どんな親になっちゃいけないか、その反面教師としてはよい本だといえます。自分でどんなやばいことを書いているか、この人たちは気づいていないのだろうか?
まぁでも、無関心が過ぎるということを除けばそれほど悪い家庭環境で無い気もします。逆に言えば、少年Aのように生まれ持った最悪の変態性欲を殺人にまで発展させてしまうのは、家族の無関心だということを浮き彫りにしています。


「私は戦う 野中広務」

これは面白いです。野中広務が特に切れ者だとは思いませんが、政治家という仕事にかけるその覚悟だけはビシビシと伝わってきます。破壊活動防止法がいかに適性で、オウムが如何に危険だったか、また緊急時に当たり前の判断をするのがどれだけの資質を必要とするかということについても考えさせられます。
阪神大震災から12年たちました。翌日に視察に出かけるというのは、野中氏が極めて常識的な政治家としての姿勢を持った人間であることを示しているような気がします。要は周りからどう見られるかということを、本能でコントロールしていけるかということが肝要なのです。


「"It"と呼ばれた子」

これを最初に読んだのは、高校3年の時でした。人間はここまで非道になれるものなのかと畏れ、また人間はここまで強くなれるものなのかと感動したことを覚えています。
ガスコンロで焼かれる。水風呂につけたまま何十時間も閉じ込められる。十日間食料を与えてもらえない。赤ん坊や犬の排泄物を食べさせられる。
警察により地獄から救い出された著者の少年時代を描いた2巻も、素晴らしいです。特に父親を見舞う運命のいたずら・・・切ないです。
ストーリーとは関係ありませんが、個人的には、アメリカでは児童虐待が存在することを認めたく無いがゆえに里親制度を憎む人たちがいるということも衝撃的だった。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ゼロの焦点 略して ゼロ焦
0とは悲しみ。人生の悲しみは能登の海のように深く広く、そして寂しい・・・

すごすぎ。これを観て、野村芳太郎は全部見てやろうと思った。今の日本映画は本当に情けない。例のドラマの砂の器を野村芳太郎が見たら、なんと言うだろうか?情けない・・・ゲルマニウムの夜も、そのうち観ようと思う。ゼミで本郷に行くからね。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
中国人、会って話せばただの人
PHP新書 田島著

ちょっと散漫だけど、恐ろしいほどの情報が入っています。やっぱり外国は自分の足で行ってみないとわからないものなんですねぇ。特に、中国の侵略した地域ではイスラムが盛んだとかは初めて知った。と言うか中国が宗教を制限していることを始めて知った(1宗教につき公的団体は1つ、布教などは許されない、など)。でも文章が情報を詰め込みすぎで、自己満足に陥っていて閉鎖的な文体な気もする。後半に行くにつれて会話文等が出てきて少しは改善されるが、読みにくいことに代わりはない。でもまあ、著者の趣味は写真なので綺麗な写真、白黒だけどたくさん見れます。観光地化される中国の悲哀あり、消費される労働力の実体あり、小数部族の嘆きあり、、、オススメです。広東語をやっていて良かった。夏は行くぞぉ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
麻原彰光の誕生
2005年になってこのような本がやっと出版されたのは驚異的です。麻原彰光の生い立ちからグルになるまでの事実が淡々と語られ、その恐ろしい人生のあまりの迫力に圧倒されます。不幸です。あまりに不幸です。それは主観的な不幸の追体験を出来るという意味ではなく、むしろ彼の性格がどのように捻じ曲げられるべきして捻じ曲がって行ったか、それを「赤の他人が」客観的に理解してしまうことができるから不幸なのです。客観的に明白だと思えるまでに、明白に不幸な人生なのです。6歳にして目が見えながら盲学校に入れられることがスタートの人生(周りの生徒は全員目が見えない、授業も当然目が見えない人に合わされる)なんて、どんな人生か僕には想像も出来ません。彼の親や兄がどのような人間であったかも分かります。オウム問題に興味がある方は必読の書です。

ただ、長い最終章は詰まんないです(笑)いつかの記事でも書きましたが、作者の主観が入ってくるとどうもいまいちですね。主観をいれずにドキュメンタリーを完結させるのは、ものすごい精神力(自分と言うものに対する自信)が必要になるに違いありません。膨大なフィールドワークの元に結実する論文などには頭が下がります。アフターダークなんかも、匿名でやったら良かったのにと思いますよ本当は。なぜ客観的な事実に手を加える必要があるのか分かりません。主観的な意見が書いてなければそれが客観的な事実を述べていると言うことがありえないのは百も承知ですが・・・。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ウンコな思考
6月23日
このごろ将来に関して(具体的に)悩みあぐねていると同時に、名曲を産出している。後輩のビートボクサーは1年間休学するつもりらしい。俺も1年間ぐらい休学して音楽に打ち込んでみたいとも思う。しかし、そうしてしまったらどうなることだろう。こっちへ戻ってこれるのだろうか。とりあえずユニット名はΛVL(ラムダヴイエル)で。音楽をやるといっても俺の音楽は数学とは切り離せないから、冬から休学した場合、夏までは数学科に潜ることになる。5科目あるうちの、集合と位相、複素解析あたりを取ることになるだろうか。1点コンパクト化定理ぐらいは経路積分でも出てくるし知っておきたい。また、一日は超準解析を用いた位相の再構成に充てたい。このまま進むと、そんなことをする時間がないのも明白なのだ(ひょっとして7・8学期は暇めなのかも)。夏休みにどれだけ進むかで決めるかなあ。カツさんは数学を取ってると量子力学が取れなくなっている。それに、数学科に出るとしたら演習は出たい。それには、基礎科に平衡して出ることが無理だ。

うーん、もしかしてこの休学欲求ってのは「ゆっくりと人生を過ごしたい」ってだけなのか?
しかし、最近の場の量子論などを見るに、厳密な数学の体系を知らなくては明晰な演繹が不可能に思える。ワインバーグやウィッテンは、暗黒の森の中の厳密な道筋を知っていたに違いない!

週末は、ひたすら偏微分方程式をやるつもりです。量子力学の数学的構造が進まないっす。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。