プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
複雑系セミナーについて
今使っている本の数学的基礎が曖昧で不安感を生じる(笑)なので下の本をやろうか考えています。アドレスを貼ろうと思ったら絶版でした。と思ったらちょっと安くなって再販!

岩波講座現代数学への入門5 力学と微分方程式
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/X/0068750.html

力学系や微分方程式の定性的理論が豊富です。
なにげにこのシリーズはわかりやすいです。どこぞの色付きの表紙のシリーズとは大違い

知識の需要的には増えそうなのであと二人ぐらい基礎科学科から募集しようと思います。まあやるとしたら来年ですね。春休みにはそろそろ免許を取ってみたいんで、バリバリと勉強をしたいところです。

しばらくゼミを休んでいるのはテスト勉強のためなのですが、来週がついに英語と物理。うーむ憂鬱。

勉強中のガウス式計算をマスターするゼミも作ろうかと思ったけれど全会一致で不可能と判断されました(笑)
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
2006/1/11・14 第十八・十九回表現論セミナー
最近岩波講座現代数学の入門にはまってます。精神と時の部屋とかにこもって全巻読破したいです。うそうそ。半分でいいです。

とりあえず微分と積分が1から3巻まであるのですが、2巻でフビニの定理が出てくるのがかなり謎です。3巻の内容をちらりとのぞくと結構訳わかりません。ルベーグ積分が終わって一息ついたと思ったら微積分の世界は深い・・・

あ、あとガウスにもはまってて、整数論を借りて読み始めた。(この書を愛読していた)ディリクレ/クンマーにおいつける?!笑

しかし謎と言えば表現論も結構謎。

14日の収穫と言えばいろいろな群に対する不変積分をざーっと見ただけ。回転群の不変積分は計算で検証する気すらおこらない。10ページめくるとラドン/ニコディムの微分が出てきて、「あと10ページでこんな凄まじいことに!」と恐れおののいていました。しかし14日の最後に至っても実はそこまでに至っていなかったという(爆笑)5時間近くやって10ページ進まないとは・・・まあなんか90度回転作用素の積分定理とか関係無い話してたしなあ。今学期中に終わるかどうか。しかし23章が簡単なので22章をぐっと耐え忍ぶことを期待しよう。。。

肝心の内容では、表現の誘導と制限。表現の誘導はなぜ部分群のGモジュールでやってはいけないかという疑問点の検証計算を延々とやっていたというのが本当のところ。群の表現の誘導は一回Gモジュール上の1次元作用素(つまり類関数)を作ってから、それらのなすヒルベルト空間の部分集合をわざわざ考えて、新しいGモジュールを作るんですな。(ここで何故?と考えてしまうと2、3時間消費するはめに)だから多面体群の表現が5次元6次元になったわけですね。その意味ではすっきりしましたね。

しかし制限というのがまた難しい。特に誘導してから制限すると、なぜ関数空間上の表現になっているのに部分群に制限できる?と考えてしまいます。とりあえず両側剰余類の理解が宿題です。明日までの。なので多分終わらないでしょう。

まあでもやっとこの本が何をやりたかったのかわかったという感じです。ラスト3章でやっと意味が分かるとは・・・一人でやっていたら確実に挫折していたでしょう。計算地獄で。この本を薦めて下さった天才T氏をして「今イチ」と言わせたのはこういう意味だったのか///

「線型代数と群の表現(平井武)」
第二十一章
のべ414P
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
2006/1/5 第十七回表現論セミナー
象牙の塔にまた一歩近づいたのでしょうか、あまり新年をありがたいとも思わなくなってしまいました。これって今の生活が充実している証拠??ありがたやありがたや…というかこの平穏が壊されるのが怖いですねぇ。

この日は大変でした。難しすぎ。あらゆる点で難しかったため、5時間で15ページしか進みませんでした。チャーリーに微分形式と接続を貸して、微分形式の助けになるのを願っておきました。

しかし微分形式と接続という本、大変な曲者。いやあ、こんなに最悪の本は見たことがありません。内容はまあまあ面白いのですが、誤植が1ページに平均3個はあるような気がする。今までで最悪の訳書です。チクチクとイライラがつのってきます。というか箇所によっては判読不可能です。校正を一回もしていないか、訳している人が数学を知らないかのどちらかとしか思えないようなミスがページをめくるたびにあります(笑)英語版かいなおそうかなー。

今日のメイントピックは、SL(2,R)の表現を複素上半平面と単位円盤内でどう書き換えるかということでした。不変測度ごとに顔を変えるヒルベルト空間、それにくっついたコサイクルやロバチェフスキー空間の章の知識をとにかく総動員。シャノワール(喫茶店です)を出るときには、数学を見たら吐くというくらいに計算疲れを起こしていました。∞次元の完備性とか忘れたし。そうそう、測度の定義を調べるっていってたんだった。測度の定義は、面積や体積の拡張であり、

0.測度は集合関数である。(f(A)のAが一般の集合)
1.測度は0以上∞以下の値をとる。

これらは当然。覚えています。また、次の

2.完全加法性。無限個の集合列A1,A2,...があるとき、
f(A1+A2+A3+...)=f(A1)+f(A2)+f(A3)+...
が成立する。

これも印象深いです。なぜなら、面積のようなジョルダン測度ではこれが成り立たないから。有限個の集合列に対してのみ成り立ちます(有限加法性)

何を忘れていたのかというと、これです。意外に重要でした。

3.集合AとBが等距離変換群の作用で重なり合うとき、測度は等しい。

そうだ・・・これがなければ面積とか体積の拡張になっているとはいえない。反省。

「線型代数と群の表現(平井武)」
第二十一章
のべ404P
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。