プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
わたしはパソコンが嫌いだ!!!
わたしはパソコンが嫌いだ・・・Knoppixをハードディスクにインストールし、ネットに接続したかっただけなのに、なんでこんなにじかんがかかっるんだ!しかも辞書の頭がすごく悪く、つかいものにならない。現にこうして日記をかくにしても、ストレスがたまり大部分をひらがなで書かざるをえないというおちだ。

Linuxはネットにつながないと不便なような印象があるのがまた腹立たしい。いや、manのことですけど。

しかし最低でもこの日本語入力システムのつかえなさだけはどうにかかいぜんできないだろうか。ぜんぜんぱそこんがわからないのでどうしようもない。しかし、変換ボタンを押すとひらがながローマ字に変換されるというこの辞書は、どうなっているのだろうか…

結局Linuxのディストリビューションの違いがまったくわからないままここまできてしまったので、今後が非常に心配である。

おそらくこのぱそこんでねっとせつぞくをするのはこれが最後である。しかし、まだプリンタの接続という大事業が待っている。
きが重いわ…

これで、windowsのほうがぷろぐらむがはやくうごくようだったらLinuxを導入したことによるめりっとはなにもない。
それをたしかめるためにも、プログラムを書かなければ!!!
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
気分転換
物理に飽きたので2日ぐらい放置していたら、やっとやる気が回復してきました。今日は食べ物の味もしないしとてもヘンな日だった。

有限要素法のレポートは教官が部屋にいなかったのでドアの前の床においておいたんですが、7学期を左右する科目だけにとても不安です。ていうかほとんど徹夜だったんで提出が幾分投げやりでした。どうかんがえてもふせんぐらいもっていったほうがよかったよね俺。

レポートは一見単純なラプラス方程式なんですが、高次ラグランジュ要素を使えという指示のせいで計算量が跳ね上がり悪魔の問題になっていました。まぁ簡単なんですが。。。久しぶりに定積分の部分積分の恐ろしさを味わった。

その計算量にあまりにげんなりしたためか、学生控え室で目の前にいたゾノが1時間半で1行も進んでいませんでした。。。彼は帰れたのだろうか。


ところで、新しいパソコンを買いました。
CeleronDの2.4GHz、まずまずです。この程度のコンピューターがプレステ2程度の値段なのですからいい世の中になったものです。興味のある方は秋葉原を探してみてください。WindowsVistaの方が高いことに驚きますw
ATXが嫌いなので少々高くなってしまったけれど、まぁ十分ですよね。

当然のごとくキーボードが廃棄されてたので、明日買おうと思います。OSはKNOPPIXかな。

しかしやる気を取り戻さないとどうにもなりませんね。とりあえずJ.J.サクライのウィグナー:エッカルトの定理に呼ばれている気がするので、その辺から再開しようかな。群論と量子力学の関わりはまだまだ自分の中で未消化です。
巨人、ワイルとウィグナーの足跡を追いたい。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ランダウ計画3
一週間ぶりの更新ですがな!帰省してました。さて、ランダウ計画はどうなっているかな?
以下読んだ本

有限要素法概説 92ページ読んだ。これはわかりやすい。(注:2次元までしか載ってません)

ワインバーグ場の量子論 235ページまで。そのうち演習問題の回答をアップしてみようと思います。誰か突っ込んでくれないかな。みたいな感じで。やっぱわかったことは、ノーベル賞物理学者の本というのは伊達ではないと。読まなければ死ねないという感じです。素粒子も面白いんですねぇ。

これからはじめる Flashの本 全160ページ。
すかすか!!!Flash8の操作説明書という感じ。単なるチュートリアルですが通して読めば(3時間あれば十分です(笑))大体操作方法は分かるようになるので、割高ですが有難い本ではあります。

あかんべぇ 宮部みゆき 分厚かった(500ページぐらいか)が読まなかったことにしたい。漫画かよ!(笑)

リーマン博士の大予想 数学の未解決最難問に挑む
180ページまで。ゼータ関数ちょっとやってみようかなと思って、通俗書から読んでみようかと思いまして。しかし180ページぐらいで飽きてしまいました。やっぱ専門書の方がイイや・・・


もうアレですな、達成不可能な目標ですな。今回はページ数にしたらいかほどか・・・まぁ数えなくていいか。これからプログラムをいそいそしようと思います。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Opus 2 2 Opus III
そうか、僕の3年生は今日これで終わったんだ
・・・

そんなことを思って暗い夜の廊下に、僕は立っていた。深夜3時15分前だった。

青い光に照らされた、終わった学期の時刻表は、しわくちゃのくせにいろんな物を映し出していて・・・

変な話だけど、僕は死ぬときもこんな気持ちかも、というような心もちになった。

世界の歯車が音を立てずに回り、なにもかもがスムースに絡み合う、そんな感じなんだ。



まぁ、今日は卒業研究発表会だった。

午前は家でワインバーグを読んでいたんだけど(あまりに面白くて中断できなかった)、11時ごろ出発して先輩たちを観にいった。

いやぁ、なかなか面白かったねぇ。特に印象に残ったトピックを挙げると、

・量子力学の測定がシャノンエントロピーに与える影響
・Sherrington-Kirkpatric模型とレプリカ法における解析接続の罠
・Calogero-Sutherland模型における有限温度の動的相関関数
・近藤効果とアンダーソンハミルトニアンの有効ポテンシャル

というところか。面白いと思ったのにはいろいろな要因があるでしょうが、たぶん僕の好みが反映されています。


卒研発表会より、実際は、そのあと先輩たちと話したことの方が面白かった。特にちょっと行こうと思ってた院についてお前とは合わないだろうという貴重な情報をいただき、将来がちょっと固まったこと。上の量子可積分系(Calogero-Sutherland模型)の先輩に、ランダム行列について少々手ほどきを受けたこと。そのおかげで行きそうな院の候補が一つ加わったこと・・・はおおきかった(何せ、今後の勉強の進み方ではそこにいく"かも"しれなくなってきたのだ)。

そのおかげで1時間ほど打ち上げに遅れてしまったが、それを補って余りある楽しさだった。打ち上げが途中参加になってしまったのは申し訳なかったが・・・人生を変えるサムシングを得られた気がする。

酒を飲んだのなんていつ振りか忘れるくらいだったが、まぁ楽しかったかな。


その後、学校に帰って酔いが覚めてきたころワインバーグが気になって(今日十分に場の量子論の重要性を痛感させられたので)、それを読んだり、友人に「テンソル積の本質」について語ったりしていたら、真夜中になってしまったわけなのだ。しかし、ワインバーグの2章をようやく読破した。ワイルを読んでいるので正直ラクチンだ。でも、コホモロジーが現れたのはけっこうびびった。場の理論でトポロジーがでてくるととても楽しい。

ワインバーグは数学的に厳密な本で、素晴らしい。ごまかしが全く無く、量子力学の状態ベクトルの位相という、不可思議さの種をいとも簡単にさばききる。そういえばこの本ではやたらとウィグナーがでてくるが、いずれは彼の本も読まなければなるまい。ウィグナー関数が気になって仕方が無いというのもある。

現在: 129ページ

さて、、、場の量子論も大切だが、モンテカルロや有限要素法も、そろそろ始めるつもりだ。でも、正直散乱のあとにしたいんだけど(笑)
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ランダウ計画2
おはようございます。今日も朝5時に眼が覚めて勉強していました。

本当は統計でプログラムを組むはずが、春休みということで浮気してしまいました。ワインバーグです。これは、予想を裏切る面白さです。表言論を一通りやったあとで無いと意味不明だと思いますが、「ローレンツ変換の表現は、Little Groupの誘導表現である」なんて感じで必要なことがバシンと書いてあります。たまりません。

この二日で読んだ本:

ランダウ統計物理 47-45=2ページ 計47ページ
力学系(上) 18ページ 1章が終わったとこ
ワインバーグ1巻 91-68=23ページ
Flash ActionScript2.0 60-0=60ページ 6ページ換算

合計:49ページ

前回より少しはましな程度ですな。ランダウへの道は遠い。
昨日はバイトだったが、バイトは時間を喰っているといえば喰っているなぁ。

今日明日は諸事情により勉強できないと思われるので悔しいところ。今日の用事は全然いいんですが、明日がね。いや、明日のも進んで出たいんだけどもうちょっと勉強したい。

追記:
きょうはいい意味で超忙しかったけど、なんとか勉強できました。

ワインバーグ 104-68=36ページ!

合計:62ページ で、二日で1ランダウという感じになりました(笑)

凄い面白いです。先生!β崩壊でパリティが保存しないんです!!
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ランダウ計画の成果1
おはようございます。なんかしらん、眼が覚めました。

ランダウ計画を提唱してから3日たちましたが、この間私の読んだ本は・・・

ランダウ統計物理学 45ページ
クリティカルシンキング 214ページ → 21ページ換算
人は見た目が9割の残ってたとこ 49ページ → 5ページ換算

71ページ・・・まだまだだ。

もっとがんばらなきゃあかんようです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Linux
畜生、Linuxの難しさゆえに全然プログラムがすすまねぇ・・・

いまいましい。まとめて勉強してやろうか。


でもどんな本買ったらいいのか全然わからねーしなぁ・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
無題
徹夜明けだったから20ページで寝ちったよ(笑)

なぜか祖父が「お前のお母さんが父方の祖父から受け継いだ、レモンジュース会社の株券を譲ってくれない」と真剣に相談される夢を見た。なんだそれ!?

しかもその後友達と、高校の近くにあったまずい中華料理屋でチャーハンにおつまみチャーシューをつけました。友達はほうれん草ラーメンに温玉でした。

無駄にリアルです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
試験:ルベーグ積分、力学系、リー群 そして
はぁ~やっと試験が終わった~~

友達と図書館で春休みの自主ゼミについて話をしました。いろいろ本を見ましたが、永長さんの本、ランダウの統計、エルゴード性の本を借りました。最近本を買いすぎて図書館という有難い存在を忘れてしまっていました。思い出せてよかった・・・

いい気分で帰り道自転車を転がしていると、すてきなことを思いついてしまいました。


もし、一日に60ページ本を読むことが出来たら・・・?

もちろん、速さだけを求めて読むのではありません。自分で式を再現でき、オリジナルの計算もする、そういうクオリティで一日に60ページ読めたら・・・?

ぱっとしない俺の学業もあっと驚くほど4月までに変わるかもしれません。

一日60ページ、1週間でランダウが一冊終わる速度。


よし!

損するわけじゃないし、やってみようかな。
今日は既にランダウの統計を11ページ読んでいる。揺らぎのオーダーを見積もる話が美しい。他の教科書にもかいてあるような話の展開なのだが、なぜこんなに整然とした感銘を与えるのでしょうか。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
これはひどい
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/entertainment/CO2007020701000477.html

TBS終わってるわ
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
テスト勉強が遅すぎたらしい
いまさらサウレスを読み始めた。半年前から持ってるのに・・・。

流体はさくっと片付いた。悩んでたビリアル定理周辺は、やっぱり出るはずがなかった(笑)音波の問題とホットケーキミックス(流体じゃねぇし)の問題だった。ラプラシアンすら登場せず、発熱方程式を実際に使うわけでもなく、勉強したところは全くでなかったわけだけど、流体力学の勉強は予想に反してひどく興味深いものとなった。

次のテストは量子場で、いまサウレスを読んでいるわけだけど、やりたいことはわかるが、空で計算の根拠を全て説明できる気がしない。量子場、すなわちフォック空間を考える時には、フォック空間の基底はハミルトニアンの固有状態と、スレーター行列式にとるのが普通だ(もちろんフェルミオンのはなし)。しかし、ここに位置ベクトルxというお邪魔虫が登場する。いわゆる(デルタ関数規格化)である。

フォック空間における生成・消滅演算子は通常のそれとは異なり、関数を引数に取る演算子a(f)である。量子場とは、fとしてデルタ関数を取る演算子のことだ。問題は、通常のfをハミルトニアンの固有状態で展開するのは簡単だが、デルタ関数を固有状態で展開するとどうなるのか、ということだ。

固有状態ψiが三角関数ならデルタ関数のフーリエ変換を計算すればいいから、a(f)は、a(ψi)をiについて一様な係数で足し合わせたものだ。それでは、ψiが三角関数で無い場合はどうなるか・・・?

ここまで書いてて、ふいにどうなるかわかりました。教科書まんまです。本当にありがとうございました。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
vs流体力学
明日はついに流体力学の試験だ。ふぅ・・・

今日も気づいたら、初めてのご飯の時間がこんな時間に。もう耐えられないのでいってこよう。

残る課題は、

ストークスレット
ブジネスク近似
音波


だけだ!楽勝かも!?
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
そうか!このシチュエーションは粘性がなきゃありえないんだ!
とかさっき叫んだ気がする。

粘性と境界条件という思想は深い。無限遠点の境界条件を使うことと、粘性を無視することは、両者が容器の境界壁を無視しているという点で共通している。

じゃあ境界壁があるときはどういう場合かというと、グランドカノニカル分布へ代入するハミルトニアンに、へヴィサイド関数がくっつく場合である。ようはポテンシャルなのだが、そのポテンシャルの位置微分から圧力が定まるのだから、これは観測する圧力からポテンシャルを推定していることに他ならない。

それでは、圧力以外の境界壁における物理量は?例えば、境界に沿って流れる流体の速度の接線成分。

これは、完全流体(ずり流れ。壁の影響を受けない)にするか、粘性流体(接線成分ゼロ)にするかのどちらかのようである。つまり、近似をしているに過ぎない。

このような近似が実在の粘性流体を記述するというのは考えてみれば不思議であるが、ある意味美しい。数学の美しさが存在するのは、純粋数学的な世界だけでは無いという、そしてその美しさはだいぶ性格が違うだろうという、予感めいたものが感じられる。


よね。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ランダウ理論物理学教程
この二日、いろいろあって勉強をゆっくりにすることにしました。あと試験まで二日ですが、焦ってはいけません。今もまだビリアル定理の答えを探してさ迷い歩いています。

ところで、この本が人生を変えた!って本、皆さんにもありますよね?読んだ瞬間にこれは!と思うこともあれば、何度目か読み返したときにあっと思わされる本もあります。

今、ランダウの力学を読んでいるのですが、まさにこの感じです。

この本は、大学のオリエンテーション合宿(大学に初めていく日)に人生初めての「生協」で、解析概論と共に買った本です。もちろん当時夢中で読みふけったものですが、当時もこれは人生が変わる本だ!と思っていました。

しかし、今僕が覚えている感慨は、このときとは質を全く異にするもののような気がします。僕は3年生の夏学期、アインシュタインの相対性理論の欠点について、科学史の授業でいろいろ調べ考えました。その時に決定的な役割をした、Levy-Lebrondの論文と同じ思想が、ランダウの力学の1章に貫かれていることにようやく気づいたのです。

また、この気づきは、佐々先生が著書熱力学で述べておられる、「なにが実験事実で、論理構造はどうなっているのか」という視点に立脚した上で初めて得られたものであると、感じます。

もちろん、歴史がこのような意図を持って積み重ねられていくものではなく、背景に一つの真実を踏まえているかどうかさえも常に保証されるものでないことは論を待ちません。僕という一個人が歴史の山から情報を編集、抽出しているに過ぎないのですが、真実というのは、それがもし存在しないとすれば、いろいろな文脈の交差点の場所につけられた名前のようなものであるのだなぁと、しみじみ感じいるしだいです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
yatta!
やった!一ヶ月でほぼ30エントリ達成だ!どんなくだらないことでも達成するとうれしいんだ!ほっといてくれ!(笑)
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。