プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
そしてオーガニゼーション
そして前回の日記に書いたとおり、オブジェクト間の相互作用によってオーガニゼーションは生ずるのだろうか。それは、オブジェクトがJava的インターフェースを共通にimplementすることが関係あるのだろうか。

そしてそれは、エゴを持った人間を集めると自然に秩序が形成されることと関係があるのだろうか。

そうではなく、オブジェクト指向プログラミングによって、秩序を形成するインターフェースは実装できるのだろうか。

簡単に言うと、もしライアーゲームを実現したら、その結果ははじめに集めた人たちの性格にどう従うのだろうか?

こういうことを話し合いたかったな。presentday,presenttime...よ。生きているかい?

僕が追いつくには、少々時間がかかりすぎた。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
六本木で面接2
やっぱり落ちた。しかし、Visual Studioを修得したらまた来てくださいという社長の伝言も頂いた。

そんなわけで今日やっとVisual Studioを購入した。遅すぎるだろと突っ込まれるだろうが、ちと本をいろいろ読みながら考えていたことがあったのだ。

よって、このバイト獲得記+卒研記録は、統一されて「オブジェクト指向」というカテゴリに記録することにする。


「ビットフローの無いオブジェクトは存在しない」

この一言が、今週ずっと頭の中に引っかかっていた。

ライプニッツ哲学をやったことがある方ならご存知の通り、モナド論ではオブジェクト(モナドの一種としての意識)間にメッセージは存在しない。人は意思疎通をしているかのように見えて、全ては予定調和で神の決めたとおりに動いている。

(この考え方は、ルーマンの社会システム論にも受け継がれている。ベルタランフィが題字に家族への謝辞でなく、ライプニッツらへの謝辞を掲げている通りである。)

しかし、彼らは人間がコンピュータを使って宇宙の似姿を作ることが出来るようになるとは考えてなかっただろう。それがオブジェクト指向プログラミングである。そのオブジェクト指向プログラミングでは、全てのオブジェクトはビットフローを持ち、モナドロジーにおける世界像とは正反対、というわけだ。


こういうと、オブジェクト指向が言語の必然的な発現であるかのように読めてしまって、それは個人的にはよろしくないと思う。だから、オブジェクト指向、すなわちコードの自由度をあえて奪うことで可読性を保障する手法一般・・・は、エンジニアリングによって淘汰されて生き残ったという事実だけに注目したい。・・・ライト、ついてますか?

ではなぜ生き残ったか。それは、柔軟だからだ。逆に、予定調和による世界観は、パスが1つしかないから柔軟性を許さない。解析力学と同じである。

つまり、一つのイデアに対する逆方向からのアプローチがそれら2つの見方なわけだ。


では、そのように多数のアプローチが考えられる中でなぜオブジェクト指向をテーマにするのか?それはやはり、人間の抽象能力が必然的にオブジェクト指向を求めるからなのか?というと私の目的は違う。


基本的に、オブジェクト指向は目的ありきの考え方だ。それに対して、私はソフトシステムアプローチをとりたい。しかし、ソフトシステムズアプローチは方法論として確立されていても限定された形を取っていない。だから、私は競合する目的を持ったオブジェクトの生み出す協同現象をつくってみて、

1.結果としてそれが目的を持っているか(というメトリックの発明)
2.結果としてそれが柔軟性を持っているか(機能の発現)

とくに、ホメオスタシスの発現というのが先生から与えられたテーマだ。これをみようと思う。

特に、目的を測るメトリックは、確率分布における分散のような、間接的な計測手法になるだろう。


大したことの無い練習問題だが、きっと私のことだからとほうもなく時間がかかるだろう。終わる前に冬休みにならなければいいが。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
れいんをすきになりましょうれいんを・・・1
"アレの反例など、従来の期待効用仮説を批判する研究から生み出された意思決定理論。その数学的基礎として、非加法的測度とショケ積分の理論があります。"

"一般に,凸な非加法的確率測度のもとでは,
加法的確率測度のもとで用いられる期待値の概
念は当てはまらない。しかし,ショケ(Choquet)
積分の概念を用いると,凸な非加法的確率測度
のもとでの期待値を,加法的確率測度のもとで
の期待値と比較的類似した形で定義することが
できる。"

"-----の発言:
>グラフを関数とすると、関数の定義域を分割する代わりに値域を分割するのである。これが「ルベーグ積分」と呼ばれる積分の定義である。
これどうなの?

Informatorial Cell Biologist(作曲中) の発言:
だめ
"
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
駒場祭だというのに
今日は朝からずっとオリジナル理論について考えていた。気づいたら寝床の中に起きてからずっといて午後(いや、朝飯を食べたのでそうでも無いな。今日は7時半に起きたからずっと布団の中で考えていたらえらいことだ。)。

やはり、鍵はオーガニゼーションにある。大域結合のカオスとどう違うのかというのが問題だが、効用の微分係数に注目できそうだ。

渋谷の電光掲示板を眺めながらそんなことが思い浮かび、それをちょっとひねってねじってシナジーにつながった。偶然が連鎖するのがシナジーだと思っていたが、どちらかというと必然的な部品をタイムアドバンテージという順序を入れて組みなおした感じかな。

ちょっとずつは進んでいると思うが不安だ。しかしこの不安に耐えて一つの道を貫いてこその研究なんじゃないだろうか。そう思っているのはやっぱ自分だけなんだろうか。先生には全然わかっていないといわれそうだ。ああ。

もうひとひねりで、何を実装するべきか決まりそうなんだけど。

VisualC++の本は184ページまで進んだ。これじゃあペースが遅すぎる。でもいつ読めって言うんだ。

そうか。明日バイトなんかがあるからいけないんだ。なんでバイトなんかしているのか・・・。

そうだ。私は今目覚めた。来月は4万だけで我慢をしようか。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
面接at六本木
そうだ。この感触だ。

天才がそこにいる感じ。

ピリピリとした何かが実際に見えるし、肌で感じられる。

色は透明、空間が歪んでいるような感じなんだが・・・

この感覚を、もうしばらく忘れていた。

それも、一度に二人。

確かに今日は人生の転機になるかもしれない。

私が過去で(秀才というレベルで無い)天才だと思ったのは、たった3人だけだった。

そのことから言えば、今日はかけがえの無い大切な日だ。しかも、あるアクシデントが起きなければ今日体験したことは起こり得なかっただろう。

その運命のいたずらに、私は天才に出会うために生きてきたのだ!とちょっと思ったのだった。

面接は落ちる可能性がある(私にはハンディがあるので。先方も承知だが。だがこれは挽回可能。)が、社長には落ちてもまたハングリー精神で2週間後にきてくださいと言われ、2度も握手していただいた。

気分は悪くない!!!2時間15分を要したこの面接は、ここ1年で最も濃密な実りある時間だったと感じた。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
金子先生と議論2
Qtを使ったGUIインターフェースが漸く組みあがった。思っていたよりも辛かった。イベントの中でインスタンスを作っては破棄するという基本的な発想がこれまでなかったので、苦労した反面とても勉強にはなった。やはりプログラミングのバイトの方が望ましい。

最近バイトの成績が悪化している気がする。周りや上のひとに現状を相談するとそんなのは別に普通だみたいなことをいわれるんだが、要は生徒との会話(特に女の子)で空気を読めていないような気がする。また、女の子に対するデリカシーが消えてきたような気がする。

もう引きこもり生活を初めてから4ヶ月ぐらいになり、単にその負い目があるだけなのかもしれないが、何かコミュニケーション能力を高める手段を考えなければならないかもしれない。さすがにサークルに入るとかいう空気読めないことはやらないとしても・・・。

いや、本当は身近なひとに敬意を払うことで十分なんだな。
そうだ。金子先生との議論の話だった。

バーをいじりながら数値実験の結果を眺めてもう一度何をしたいのか考えてみると、あくまでもフィールドは自律的転写ネットワークで、

シンクロ・モジュール・多モジュールの同時定在・例えばホメオスタシスと鋭敏な環境への反応というふたつの機能を同時に持つような回路の実現・工学的デバイスとしての応用(人工生物による電子機器の制御)・・・以下略

が見えてきているというのに気づく。そこで、今回はインプリメンテーションの議論をした。

例によっていろいろ反対意見を受けるわけだがこれは説明のしかたが悪かったというのを差し引けばそこまででもなかったと思う。それより、基礎的な問題として俎上にあがったのは

多自由度における低自由度的な振舞
早い時間スケールを持つ部分力学系の生み出すカオスが如何に遅い時間スケールの部分力学系に定位されるか(数学的な問題として)
実際の個々のネットワークを見ることに意味はあるかどうか
想像を越えたネットワークの作成法としての進化アルゴリズムと、結果を如何に分析するべきか

金子さんが拘っていたがあまり重要ではないと現時点では思うが、後になって役立ちそうな話題

ノードの振舞をリャプノフ指数かパワースペクトルで順序づけるとしたら、トーラスのような解を排除するべきか。ヘテロクリニックサイクルはどうか。

結局インプリメンテーションの足がかりを決め、またプレプリントにある読むべき論文(後で見なくては・・・今日は疲れたからダメだ)を習った。

あとローゼンの、圏論で生物学みたいな本を借りた。

パラパラと読んだが内容は非常に微妙。これがいわゆる絶妙なのかどうか全然わからない。望み薄い。その前に亜種Bを読まなくては。

あと今週はセミナーに初めて出たけどそこそこ面白くてよかった。最先端という感じはしました。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
言語と私 兄貴と私
広告業者ぐらいからしかコメントがつかなかったからふてくされてるのではなく、戦略シミュレーションをずっとやっていたから書かなかっただけだ。久しぶりにやってみると、ユニット同士の潰しあいは完璧に調節ネットワークであることに気づく。そして、コレは3次元をうまく使うことによって理想的な遅れ条件をユニット相互作用に取り入れている。それを観察することはなんて面白いんだ・・・

そんなこと考えてやってても勝てないんだけど。勝てないとどんどん泥沼にはまり込んでいくというわけ。でも、泥沼の底じゃなけりゃ見えないものってあると思うんだよね。

そんな自己啓発系の飾り文句で前書きは締めくくって、今日は自己反省をしたいと思う。最近プログラムの仕事にバイトを変えようかと思っている。理由はとくには無い。直感であるが

そのためにVC++なんて少々時代遅れ感のある言語を使わなければならないようだ。

英語
ドイツ語
韓国語
広東語
インドネシア語
C++
Fortran
Java
Haskell
Qt

だから記念すべき10ヶ国語目に突入だ。すんげぇ無駄。まぁオラクルとかやるよりはまともだと思うが。LPICの取得もやろうかと思う。江川達也に叱られる。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
金子さんと議論1
雑音がステップ的なもの(熱力学的操作)から連続的なもの(ロバストネスの発現)になり、またステップ的なものが現れる(小胞輸送など)ことについて議論した。

連続的なノイズに対するアプローチとしては、アトラクター描象でどこまでいけるか(一方的なスイッチのような機構を描写できる)を確認した後に、ミルナーアトラクターについて。この分野は魔法の数が7だとか言ってて、かなり未知の領域が広がっていると思われる。

ステップ的なものの出現に対しては、私がネットワークでやろうとしているためにアシュビーを読んではどうかといわれ、今読んでいる。非常に面白い本だ。

ところで論文の入手に際しては、研究室中のコンピューターが全部繋がっているので人から人への受け渡しが一瞬で済むことがすごい。そして早い。100Mぐらいのファイルがノータイムでコピーが終わるのには驚いた。

なかなかさまになってきてる・・・と思いたい。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ネット復旧
引越し時の会社の手違いに気づかずネットが止まってしまったので難儀していたのがやっと復活しました。思ったより不便な2週間でした(請求書が届くまでに時間がやたらかかった)。泣き寝入りして12700円(延滞料込)をおとなしく払いましたよ。

僕の研究が活性化してきました。久しぶりだとうまく文章がかけませんね。これだとミス東大2007のブログみたいです(かかされてるみたいってこと)。


シンクロ・メトリック
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。