プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
マーク・ロスコの作風のdecadesにわたる変化と私の大学4年間での意識の変化
『マーク・ロスコの作風のdecadesにわたる変化と私の大学4年間での意識の変化の共鳴(偶然の出会いが実は解釈の結果に過ぎないことも含めて)』という題で、とてつもなく長い文章に自分の人生を余すところなく語りつくしたい!いますぐ!

でも時間が無い!!!ここでそうしたら、確実に卒研の道は踏み外すだろう。

逡巡している。ああ、人生は楽しいな!
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
予稿提出
8時起床。めしたき。風呂。昨日朦朧とした頭で思いついた環境進化のアイディアで、予稿全体を書き直すため、シャワーを浴びながら文章をまとめる。

~10時。大体書き終わる。所要1時間といったところだろうか。出発。

10時40分、大久保氏招聘セミナー。普通に若くて驚いた。自分と同じぐらいの年であんなに筋道だった話が出来るとはえらいなぁ。・・・
内容は、バイピークの確率分布を持つ化学反応における転移現象で、離散性ではなく、マスター方程式に直した時の準安定性が効くという話。リーマン幾何が使えそうで使えないんだな。(いや、使えるのか?)
また、ポンプカレントの計算を、ベクトルポテンシャルの一周積分・・・つまり幾何学的位相で出来るという話。
確かに、幾何学的だというには、円だけでなくS1に同相な図形全てで成り立つ必要があるし、詰めが甘い(佐々さんは別の必要条件からつっこんでいたが、個人的には同相写像を一網打尽に出来るテクニックならジオメトリカルだと捉えるのは有意義だと思う。確かに算数ではあるのですが)。しかし、生物物理的には役に立ちそうな感覚じゃないかと思った。ただ、今のままじゃアナロジーに過ぎないのはみんなもったいないと思っているようだった。

12時30分、食事会。久しぶりに子羊なんぞを食べる。これが800円なのは奇跡だ。
運良くも福島先生が横にいらっしゃったので戦術のダイナミクスの話を出してみる。そうすると、反応は拒否的ではなかったが結局恣意的でない自己組織化を与えるルールは、進化じゃないのというお答え。まぁ確かにそれが壁だよなぁ・・・
マクロ相互作用としての戦術という考えが大久保氏に共鳴するかと思いきやあまり好反応ではなかった。
先輩のドクター中島さんにさっきの話の知識不足だったところを詰めてもらう。フォッカープランクが・・・マスター方程式に直して・・・またフォッカープランクに・・・OK。この人は本当に生物の実験をやっていたとは思えないといわれるが、むしろ僕もそういう柔軟な生き方にあこがれるなぁ。
あと、金子さんとした『量子力学は役に立たないから学部ではやらなくていいのか』みたいな話は面白かったかもしれない。結局量子力学はスピリット・線型代数・フーリエ変換・摂動法・群論・・・などをマルチに含んだ必須の教養な気がしてきた。

1時30分~2時30分 生協で本を探すが売ってない。しかし、ずっと欲しかったTASCHENの画集が15%オフという暴挙なので4冊買う。セールが終わるまでには8冊ぐらいになってるはずだ。

~3時45分 卒論要旨校正・提出

久しぶりに思いっきしサボる。久しぶりにポテトチップスなどが食いたくなって買う。まずい。昼間の子羊が思い出されて泣ける。
鳥澤との会話により、高速進化を確認するには集団の振る舞いから、絶滅を防ぐ機構などを読み取ればどうかという示唆が与えられる。素晴らしい。急遽、明日(今日)のゼブラフィッシュ細胞のレギュレーションによる反応機構の修論審査に顔を出すことにする。
達成せねばならないことが大きくて、とても気が抜けない。

うーむ、今日の日記を見てみると私がアルキメデスの8・8作戦を忠実に実行していることがわかる。こうすると、パソコンの前にいるのが8時間で済むのですこぶる体調がよい。ニーチェ(というかツァラトゥストラ)を信奉する大地の信奉者としては自分の体調については敏感でありたいではないか。

熊楠展は2月3日までだと思い出しつつ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
総括
一年を旅と音楽の孤独の中に送り,身体を敬うと,宇宙に友あるを知る.

一年を組織を作るに送り,世にありしと聞くものを直に見れり.

また一年を数理の夢に送り,対称性・無限次元を語れど九天の美を描くに足らず.

四年次は細胞・戦術・経済と世のひろきに驚嘆星霜を駆け,未だ迷いは繭に似たり.

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
俺の夢は夢十夜を超えているのか・
なんだこれは。昨日十二時に寝て、朝7時に起きてすごい腹が減ったのでいつもの夕食の2倍の量を作り、食い、寒かったので布団で本を読み始めたら寝て、起きたら九時半。実に19時間以上寝ているとは・・・

でも、正直今年に入ってから一番体調がいい。体が軽くて、空でも飛べそうな位だ。

ところで、僕は寝ているあいだずっと夢をみている。そしていつも同じ街にいる。今回は久しぶりに公民館前の道路を通った(夢の目覚める直前の部分)。ガードをくぐって市街地に入ると、右手のビルの根元がカビで白い綿毛のようになっていて、あまつさえ子供の背丈のしめじのようなものまで生えていた。
あまりの悪臭に、鼻と口を抑えて横を通った。雪が降りそうなほど寒い。
急いでせかせかと歩むと、左手の路地から黒いパトカーがぬっとでて、ゆっくりと右折してきた。この場所では歩道がないので、ひしめく人並みが騒々しくも脇による。パトカーが出てきた路地はすごく狭い。また、足元は見やすく遠くの方までだいだい色のライトにてらされてはいる(そしてやや巾広の黒い線路が見える)が、両側のビルからつきでた排気口から白い煙があがっている。ホームレスとてもこの場所に入り込まない所以だ。
道を渡って頭上を仰ぐと、トリケラトプスとブロントザウルスが闘っていた。恐竜が闘うのをみるのは初めてで、ちょっと興奮した。しかし、恐れることはない。恐竜は我々よりずっと長いタイムスケールで生きているので、一挙動がとんでもなく時間がかかるものなのだ。スローモーションどころか、動いているのかどうかもわからないが、どちらかが倒れるまでどれくらいかかるだろうか。とはいえ、ブロントの方が削ったビルのかけらがゆっくりと落ち始めていた。やはり恐竜のタイムスケールに従っているようだ。

左手に行きつけの本屋を見つけた。女性向けファッション誌や情報系の本が売っている他、試奏できる鍵盤楽器が5台ほど並んでいて、僕にはどうみても邪魔としか思えないし、この店は1階しか借りていないのに何をやっているんだろうとは思う。ちなみにちょっといけば、6フロアぐらいはある豪勢な大型書店があるのだ(エスカレーターの周りに上等な手帳がぐるりと支柱を囲むように並べられていて、一度逡巡したことがある。あの高級感溢れるゆるやかな内装は現実世界の書店にも見習って欲しいほどで、赤みがかった大理石の壁のほかに、マホガニー・パステルグリーン・金色を基調としている)。

そこで親父にちょっとトイレ行ってくるから本でも読んで見てて、といいのこし、右手にレジがあり左手と右奥にそれぞれ12畳ほど売り物があるあいだの、数台の楽器で道狭くなった廊下を通り、奥の汚いトイレで用を足していると、このくすんだ水色のタイルの間に、黒い汚れがこびり付いているのは前回を思いださせるようだと、しみじみした。

そこで本当に小便をだしそうになったので、僕は起きてトイレにいった。するとオレンジ色の光がまぶしすぎて、どうしても親父に話そうとしていた内容を忘れていってしまうのでした。これはまずいと手をちょいと洗って足早にもぐるも、もう二度とあの街のあの時間に戻ることはできないのでした。

親父が読む本なんてあったかな、あんな若者向けの図書ばかりで次ぎにいくまでもつだろうか、と心配になりながら、そこはもう夜の9時半でした。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
タイプしすぎてキーボードが壊れた件
今日は、金子さんの僕に対する評価が

「まぁ、卒業発表ぐらいは出来ると思うけど」

に変わった。進化だ。はしゃいでいたら友人にそれはほめられてないぞといわれた。


余裕が出てきたのか、今週の研究に対するディスカッションは凄まじいことになってしまった。ちょっと、もう少し脳内熟成させないと何を言ってよいのかわから無いのでノートにそのときメモしておいた言葉をここにも書いておこう。

この人と俺は相当オカルトだ、と思った。ちなみに、昨日も佐々研究室のドクターと「物質の生きてる度はスカウターで判定できる!」ということに関して議論していた。あと微生物がいないと土は出来ないという話ね。なぜなら微生物度とすきまの分布がべき乗即だから。

しかし今日の教授との対談は、その遥か上を行く凄まじさだった。



メモメモ。わけわからないのですこし日本語に翻訳する。

遺伝子発現のネットワーク内の波及とネットワークの成長には関連があり共鳴してジェネリックアシミレーションを起こす可能性がある。エンチャンリーの研究によれば複製セルオートマトンがf分の一ゆらぎをもつがこれは「進化の数学」の一例であるはずだ(もちろん出来るなら圏論を使ってもかまわない)。私はきみがしっているように去年進化的ノイズと発達ノイズの相関を研究したが、ジェネティックアシミレーションの思想にしたがっている。ネットワークの成長と、表現系を波及に捨象したものはジェネティックアシミレーションの思想に従えば、ヘッケルの観察した事実の理論化を意味する。つまり、胎児がなぜその成長過程で魚類の形を通過するかを解き明かせればなおよい。もし表現系でのitinerancyが発生すれば種の離散化をジェネティックアシミレーションすることが出来るだろう。この思想は早い変化(1世代の生物)と遅い変化(進化)とのcorrelateに基づいているが、変化の速さの違いは、時間的ではなく時空間的にとらえられるべきである。もしそれを時空間的にとらえるとして、中性子星で知性が発生している事態を考えよう。スケールの違う知性と知性はいかにしてファーストコンタクトしうるかというのは、時間的に見ればDNAとphenotypeとの相互作用。空間的に見ればカオスの初期値依存性による、scale-interferenceだろう。ちなみに今のERATOリーダーの博士論文はこれだった。(注:よく考えていれば、ファーストコンタクトとはハミルトン系の軌道に解釈を入れること、ふたつの解釈の原理的な共通点を探ることであることは突っ込むべきだった)
この問題には小松左京も回答を考えていて、彼の考えではスケールを超えた相似構造・・・つまりフラクタルだ。君の研究は自己組織化臨界点として生体の戦略を見ようとしているようだが(自分としてはそのつもりは無かったが言われて見ればそうだ)ルールの空間で特殊なルールに落ちるために、思惟の働いたメタルールを仮定してはいけない。それは、自己組織化臨界現象が決定的な支持を得られなかった原因だ。(聞き忘れたがマンデルブロート集合はどうなのだろう?)とりあえず君のモデルで最初からいるノードがコアノードならば、系統発生と個体発生が繋がる糸口がある可能性があるかもしれない。

(あと30分ほど音楽の話をした。遺伝子重複、進化のための時間稼ぎとしての遺伝子重複、遺伝子重複をコードループとして解釈、エラーはアドリブ、方法論はメロディフェイク、アルゼンチンタンゴの融合がなんとか、心の揺らぎを無視していることによる方法論的な誤謬の可能性)

あと、いい加減ゴルデンフェルトとファンキャンペンを全部読み終わりなさい。


こんなかんじか・・・
いちおう、上のお話に対する責任は会話をしていた人間で半々だと思います。いまでは会話の内容を完璧に思い出せないのが惜しいくらい楽しい雑談でした・・・。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
山田玲司、非属の才能
彼は、高校のころ大好きな漫画家だった。一言で言うと、ヒップホップとかパンクみたいなはみ出しモノの世界と、オタクがミックスされたみたいな漫画を描く。

この主人公が、毎回かっこいいのだ。

その彼が新書を出したらしい。タイトルは非属の才能。



ぶっちゃけしょうも無い本というのが、一般の人の意見のようだ。

でも、今までの彼の作品を知っていると、一つの中年のあり方としていいような気がするんだよね。

僕はこの本を擁護しようと思う。ということで初アマゾンのレビューを書いてしまいましたよ。あ、でも相当あとにならないと掲載されないか。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
謹賀新年
あけましておめでとうございます。去年から更新していないので閲覧者も半分ぐらいになっているかもしれませんが。。。。

卒研の締切りが無慈悲にも近づいてきて、最近自分の精神状態が奇妙な躁鬱を繰り替えしていることに気がつきました.

クトゥルーの呼び声というRPG(あの高名な?ニャルラトテップたんが出てくる昔のゲームで、恐ろしい怪物に襲われながらの死霊のいけにえさながらの環境下で誰が最後まで発狂せずに生き延びるかを楽しむのである)では精神科医はフロイト流の自己分析によっていくらか発狂しにくいというアドバンテージを持っているのだが、自分が変調をきたすさまを毎日眺めるというのは、日々とても苦しいのにそんなに生きていくのが嫌ではないという、水野遥的メンタリティーを形成してくれるようだ.

具体的に鑑みてみると、
 金子先生のワディントニズム(というのは、ラマルキズムの科学的な復興をいささか穏便な形で利用することによって、進化のスピードアップを図る考え方である)
 孫子の兵法、特に勢のうちスパイ、九地と虚実によって実現されるもの
 ミクロ経済学の効用関数によるナイト不確実性の説明と、合理的人間の過程による複雑性の縮減
 スタークラフトで見た、あの忘れられない韓国人Nal_Raのプレイング
 碁盤の上がクラスター化するという事実(および、映画ビューティフルマインドの冒頭で数学者たちが碁をプレイして階級という秩序を生んでいたこと)
 自分の作ったqtgenesシミュレーターによる理不尽極まりない体験

(途中で保存.)
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
坂口安吾
 たいがい小説には多かれ少かれ作者の思想めくものが作中人物を思想的に動かしてゐるもので、さうすることによつて、さうしなかつたよりも曰くありげな面魂を作りだし、その作品の声価を高めたり低めたり、評者の評語を強いたりしてゐるものだ。又、それによつて、文学史上の位置を占めることにもなる。
 ところがラクロの「危険な関係」に至つては、作者の思想が作中人物に及ぶといふところが全くないに等しい、よつて又、文学史上の位置も有つて無きが如く、無くて有る如く、アイマイ、モコたるものでジッドの讃辞にも拘らず、ジッド宗徒のたむろする日本フランス文学者の間ですら、一向に声価は上らなかつた。
 ここには一つの「眼」があるけれども、思想がない。小林秀雄は兼好法師の眼に就て論ずるところがあつたけれども、兼好の眼とラクロの眼は大変違ふ。兼好の見た人間の実相とラクロの見た人間の実相は甚しく相違してゐるのである。
 思想によつて動くことのない眼だと小林が徒然草の作者に就て言ふ言葉はラクロに就ても言へるけれども、徒然草の作者が否定的に見てゐることをラクロは肯定的に見てをり、否定的態度といふものが実はそれ自体強力な思想でありモラルであるのに比べて、肯定的態度といふものは決して自ら思想を構成するものではない。ただ人間とその実相があるのみであり、それは即ち兼好は世捨人であつたに比して、ラクロは凡そ一つも世を捨てる片鱗もない生活人であつた。この二つの決定的な相違は、一つの眼の及ぶ視界にも決定的な相違を現はし、従つて、兼好の眼は思想によつて動くことのない眼などといふ冷厳なものではなくて、世捨人の思想によつて曲げられた通俗的なフシアナの眼であつたにすぎない。
 二十世紀の私はラクロの如くに私の作品に「反良俗の弁」を書くほどの含羞はすでに無い。それは恐らくラクロの方が私以上に「良俗」に就て侮蔑的であつたせゐだと私は思ふ。「現代の世相」と云ひ、良俗を時代的な意味に解したラクロに比べれば、私は人間性を無限なるものに解すると同様に、良俗をも無限なるものに解してゐる。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
思いついたぞ!
シャワーを浴びながら、すごいわくわくしてきた。

次から次へと面白いことが湧き出てくる。

よし、今すぐ家を出て見せに行くぞ!!!


この、自分にはありえないテンションの高さを一応(潰される前に)記録しておこう!




追記

大失敗だ。またやってしまった。

新しい道は示された。何をやればいいのかも分かった。

ということはやるしかない。あの高揚感を頼りにして。

ところで、バロン・ヒルトンが約23億ドル(約2600億円)に上る資産の97%を慈善団体に寄付するらしい。

昨日の名言。

「君の思い出だけじゃ、誰にも理解されないでしょ。」
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。