プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
最後の晩餐の一つ前
さて、自分の財産のすべてを人と飲むのに使ってしまおうというこの自殺企画も、終了から2回目となった。ゼロから、知性の曲芸によって人に喰らい込むということ。この企画を考えた当時はそう思っていたものだ。つまり、自分自身を既成概念を取り払ってゼロに戻すと、そこに残るものは知性のアニマルであろうと考えたのだ。その牙で相手のある部分を裸にし、その肌のすぐ内側にある内蔵をかいま見たいと・・・なぜか思ったのだ。

生き残るために自分の持つ何を使ってもいい。そこでなぜ知性というものを選ぶのか?自分に卓越したほかの技能がないことを差し引けば、なぜ自分より知的水準の高い人々が存在するとわかっているこの世界で、そのような賭けをするのか、不可解だ。

それは、僕の戦うフィールドが今物理でないからだと思う。変な明言だが。

なぜかというと、最近http://www.blog.net/nerds-jp.htmを読んで思い出したこと。それは、かつて中学生の頃、「自分が天才でなかったら死にたい」と思っていたということ。これを正直に話しておきたい。

日本の教育制度によって一次元の軸に押し込められた知性。これが、僕に最初に与えられた生きるということの意味。自分がなぜ一日の大半を学校で過ごすのかということ・・・それに対して僕が与えた結論は、単純だった。

考えないこと。考えずに、知ること。

世界のすべてを知るということは、おそらく、自分が死ぬ前に終わるだろう(勘違いであることを明記しておく)。それでは、その後に、どうするのか?技術なのか?快適さなのか?意思の伝達か?クオークか?意識生命体か?異次元への干渉か?月か?冥王星か?ミニマルストラクチャーロマンティシズムか?フラクタルか?モノリスか?人類補完計画か?ネットワークへの消失か?小説家になるのか?羨望を集めるのか?肉欲を満たすのか?そんなくだらないことより真の美を収集するのか?神に近づくのか?忘却や喪失を価値で塗り替えるのか?豊かになるための闘争により生きる人間は、革命を終えて豊かになれば、死ぬしかないのだろうか?(目的がない人間は太るという言明は、共産主義から圧政が生まれることを説明しうるという意味)

答えは、知るということだった。現実世界には興味がないから考えない。なんのために生きるのか?-人間が生きる意味なんて興味ないね。みたいな。

知ると考えるは少し違う。興味というのは、意識の自己発展の仕方を記述する一つの方法である。つまりルーマンが意味と読んだものの中の一種類が興味だ。興味によって、表象は吟味され解釈されるシーケンスを自動的にたどる。僕は生き物なのだから当たり前だ、と思っていた。つまり西田幾多郎のいう、純粋経験の分化プロセスと同じようなものというとわかりやすいだろうか。

つまり興味がないというのは、認識は起こっているが自己発展が起こらない状態を表しているのだ。そうすると、意識にあがる度にそれに変化がないことにそのうち慣れ、脳はそれに無駄なエネルギーを使わなくなる。思考停止型の順応というわけだ。

重要なことは、その静的な表象に自己能力感がバインドされ、思い出すことによる心地よさを伴うことになると、それが常識と呼ばれるということだ。そして、それが神というものの起源であるということに多くの人が気づかない。そう。思い返してみれば、分化しようがない純粋経験の存在こそが神の存在を保証するトリックだということに、中学生の僕は気づいていたのだ。トリックは、歴史的に、数多くの暴虐な方法で実行された。そこに大衆の自己能力感がバインドされていることに、だれでも気づくはずだ。

僕はこのようにして自分の意識の中に愛すべき、変わらない部分を見つけたので、それを大切にするようになってしまった。愚かさを優しさをもって撫で、綿毛のベッドで大切に守っておいた。それが色則是空というものの正体なのだ。色則是空だけで慈悲の心がなければ、それは愚かさに結びつくということなのだ。悲劇は、これが生物的なプロセスなので誰にでも起こるということなのだけど。しかし、僕はあえて人の心の大切な部分を暴きだす趣味はない。検索エンジンで偶然引っかかってそんなことになってしまったら、損害賠償を請求されかねないから、生物的なプロセスはいつでも起こっているということについては、触れない方が良さそうだ。それが僕たちが人間であることの限界。そのせいだけで死にたくなる人も居るはずだ。特に子供ならばそうあり得ない話でもないと思う。

特に、天才であることを無邪気に信じた子供ならば。

ドラマなんかで出てくるIQ。まさに良くない概念だ。この概念は僕にとって害しか与えたことがない。悔しいので、この事例からは何かを学んでやったけれども。

以上で、知るということは、単に考えるということではなく、それをある意味洗練し、心に静的なしこりを蓄積する行為であることを述べた。自浄作用でしこりは少しは減るかもしれないが、自己発展は時にそれを増やすこともある。その不快感を押さえるために、心には自己能力感へのバインドという傾向が備わっているのかもしれない。つまり、社会パターンの蓄積によって、経験される複雑性を縮減し、脳への負担を軽くするということだ。これは自分がパターン人間になっていくということだけど。

だけど、僕は人形にはなりたくなかった。それもおそらく生物学的現象に違いない。都市に代表されるあまねくすべての表現系、人間の遺伝子の、からそのような欲望が読み取れるという極めて魅力的なテーマは既にほかの天才に映画でやられてしまったのだが。(「イノセンス」)

このようなプロセスを消化しなかったからこそ、数値化(数学科の人のために:順序化ね)が起こるのだ。なぜなら、人は複雑さに耐えられない。自らの理解できないものを、数値化して具体化することで安心せずにはいられないのだ。自分自身に順序構造をつけるなんて。こうして、人生の目的がいろいろな一次元の軸に分解されていく。ゆるやかな現実というものの複雑さは射影できるものではないのに。

簡単に言わなきゃ。つまり、人は複雑性に耐えられないから、還元主義に走るんだ。その一方向の心的プロセスの起源は、純粋経験の分化を起こす要因で、アリストテレスから受け継がれ、ライプニッツは「力」と呼び、論理の発展と関連づけたのだ。

つまり、緊急事態(ヤスパースの極限状態と多分一緒)でない限り、人生を目的で語ること・・・これを還元主義と読んでいるのだが、伝わるだろうか心配・・・は不可能なのだ。そして人はその不可能性に耐えられない弱い生き物だと言うことなのだ。なぜなら、現実世界は自由で、選好は存在しない。人は、自由から逃走する生き物だ。つまり人生を目的、すなわち選好で考えた時点でそれは自由からの逃走なのだ。

まあ中学生でそこまで考えていたかどうかは疑わしくなってきたのでそこらへんでやめにしようかな。哲学者との議論はいつでも歓迎です。つまりここまでは、僕に言わせれば人生の目的は何かと悩む中学生(昔の僕)は目的というものの性質について深く考えたことがなかったんだよ、という話でした。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
枷と能力の違いはどこにあるの?―それは全く別のものだ。
久しぶりに控え室に顔を出して、友人勝島と数学の話をした。僕がこの頃社会に抱いていた好奇心・・・を扱う数学みたいなものについて話した。

いや、数学じゃないのかもしれない。でも、僕はこれが楽しい。

皆さん、お久しぶりです。最盛期3あったページランクも1まで落ち込み。つまり、1が歴史の重み、3が僕の物理や数学への献身・・・といったところなのでしょう。


僕がなぜ死んだのか、。、いや、まだ死んでいるのかもしれません。最近黄泉の国にいって直子さん(ノルウェイの森の登場人物です、)に会ってきて、人間の世界の最先端で何が起こっているのか・・・聞いてきました。

そこで僕は修行をしてきました。眼を平たくして、見えないものを見る・・・そういう作業です。

世の中は広すぎてちょっと疲れました。しかも、見るだけでは物足りなくなってきました、そういう年頃だということでしょう。

僕ももう22になりました。立派な大人です。自分をかけて勝負に出る年でもあります。


ということで、もうすぐFc2でも先鋭的なホームページを公開しますw
4年ぶりのホームページであり、4年間の集大成となります。お楽しみに。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。