プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
二日目:第1章と第2章
第一章:
3時間目/メソッドとクラス
この本のこの部分のわかりにくさは神だ。結局クラスメソッドって定義は何なの?と思う。定義を書いてくれ定義を。例えばObjective-Cのクラスメソッドと同じだとか。・・・結局RubyのReferenceをみることになる。一を聞いて十を知らないと10日でRailsを学ぶのは無理ということなのかもしれない(笑)
基本的にRubyの仕様をばしっと書いてくれないので、あとからあとから聞いたことのないものが出てきて困る。例えば"=>"が説明なく使われていて、索引にも乗ってなかったりする。
ハッシュは連想配列と同じです、と書いてくれればいいのに、連想配列という言葉は全く登場しない(Referenceをみたらそうかいてあった)。
シンボル(:で始まる文字列)と文字列がどう違うのかも書いていない。(リファレンスによれば文字列と一対一に対応するようだが存在意義がまだよくわからない)
initializeとコンストラクタがどう違うのかも書いていない。(superクラスのinitializeはどうするの???困った。)
型の追加と継承やオーバーライドの関係も書いていない・・・(Referenceにあった。どうやらクラスごとにオブジェクトがメモリ上に存在して、それを書き換えるみたいだ)
class内部の変数はまとめて定義するべきかも書いていない・・・
それ以前に変数定義が必要なのかどうか、cのタイプなのかJavaScriptのタイプなのか(自動的にキャストされる)も書いていない。
newが独立した演算子でなくクラスメソッド(かどうかは明言されていませんが)ということは、JavaよりもObjective-Cに近いって言うことだよね?書いてないからわからないけど・・・orz

4時間目/Railsの基礎知識
Railsの強さの源はRubyの柔軟さにあるそうだ。
例えばIntegerのような与えられたクラスにメソッドを追加できる(継承とはどうやら違うらしい)。また、括弧(){}を出来るだけ省略できるので読みやすい。
DRYとCoC(Conventionの意味がここでは触れられていないが、第2章でちゃんと書いてある。そういう意味ではこの本はわからなくてもどんどん先に進むべきみたいだ。)
フルスタックフレームワーク。全てのフレームワークが雑多に統合されているのに美しく見えるのは簡潔なコードと柔軟性、作者のセンスのおかげだという話だった。


第二章:
1時間目/プロジェクトについて
この章は具体的な手順が示されていて、サンプルファイルもついてて、凄くわかりやすいと思う。文法はまあ適当で・・・・。

2時間目/データベース
Rake。わかりやすい。が、setup_dbが行っているタスクの説明は皆無。setup_dbがymlをいつ読んでいるかが書いてないのはどういうことだ・・・
仕方なくソースコードを読み始める。ここで気づく。
includeやimportについての説明がここまで 無 い
・・・
読めるわけ無いだろ・・・
しょうがないのでJavaのようになっていると仮定して読み始める。おぼろげながら読めるが、このActiveRecode::なるクラスはどこから出てきたんだ・・・そしてこのコロンは何だ・・・
とりあえず依存している関数が書いてあるソースコードはどこにあるのかを探すはめに。(まだ見つかっていない)
そしてこの章のキモ、なぞの"migration"は存在意義がよくわからないまま終わってしまった。先に進もう・・・

3時間目/スキャッフォルド
なんかいきなりアプリケーションが完成してしまった。
でもこれは便利だ。
ただ中で何をしているか解らないまま使うのはちょっとな。ログで生成されてるファイルが多すぎて怪しい第一印象だった。

つづく
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
初動
結構歯に衣着せずに議論した結果。朝五時になった。
やはりネットを経由せずに実際に絵を見せ合って議論し合うのが一番いい。
本気でやりすぎて少し怖かったけれど。

外は明るい。青春やな・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
一日目:第0章と第1章
第0章:MacOSXにLocomotionをインストールしたかったがここはぐっと我慢してXPのほうにInstant Railsを(インターネットからダウンロードしたかったがぐっと我慢して)書籍のディスクからインストール。つづくAptena Studioもディスクからインストール。その後、ネットからRedRailsをアップデート。

自分勝手な要素は確実に排除する。これが大人になるってことなんでしょうか・・・


第1章:
2時間目:
・"==="という演算子は非対称らしい。右辺が左辺のサブクラスであるか、という比較らしい。JavaScriptと全く違うじゃないか・・・
・そのほかには、elsifよりelseifのほうが美しいなーとか、思ったくらい。
3時間目:
・オブジェクトのメソッドとしてループが書けるのはいいんだけど、upto,downto,stepなど、同じような機能を持つ構文が多すぎる印象。可読性に欠けるんじゃないかと疑ってしまうなあ。早く長いコードが出てきてほしい。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Congratulations!
Dear Applicant,

Congratulations! This email is being sent to inform you that your
application was accepted to take part in the Summer of Code. Please
check your student home page in the SoC web application at
http://code.google.com/soc/************.html to determine which of
your applications was accepted (and (and (and (and .....


Of course I yelled out onto ground running through the way to the station!!!! Cheers! Trains! Awesome! Woo! Hoo!!! Happy with Real H*cked Codings!!! :P :b :P

;)


ということで皆様、こんばんは!なんと1ヶ月前には夢にも見ていなかったGoogle Summer of Codeへの出場が確定いたしました!

Swarm Development Groupというところで時給4ドルと思い出を胸に4ヶ月ほど働くことになりました(笑)。Marcus G Danielsのもとで、Swarmの分散コンピューティング化と、その一環としてのportableなwebクライアントの作成に励んで参りたいと思います。ぶっちゃけ出来たら世界が変わります(*^-^*)

余力があれば、アクセシビリティ(つまり、より良いデモ)の問題や、時間とともに次元を変えながらダイナミックに変化する(それでも維持されるトーラスなどを表示することによる)非Grid的な情報の表示などにも取り組みたいと思っています。Marcusはコミュニケーションベースの経済物理の研究者で、最近資本論を勉強している自分としては、先輩としても議論できたらいいなと思ってます!

Congrats to all Histories!!!!! Now I'm busy in getting involved with my first ruby ;)

HAL
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
--help
./configureでエラーが出たら、./configure --helpとかでヘルプを見ましょう。

googleに完全に依存している世代だからこんなに低レベルな間違い(?)をするのだろうか・・・もっと地道にドキュメントを読む力が必要です。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
tough
今週のtoughはかっこ良かった。

武道の進化を表す三つの言葉がある。
「守・破・離」。

ふうむ。元は川上不白の言葉。私は今、守の段階にいるのだと思う(誰も何も教えてはくれないが、でも最近そのような環境でどうやって技を盗むのかだんだん解ってきたようなかんじ。)。
なんか再現性に満ちあふれていて、科学だなあと思うのだけれど。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
居酒屋人魚
友人が思い出したように「居酒屋人魚という曲があったのを思い出した。」
え?

ある日彼女は雨の中
傘も差さずにやってきた
ジンバックかきまぜて
ただ机のすみに頬杖つく
知ってたよ ただかわしたのはお決まりのキャスタウェイ
潤んだ目に かげる横顔 ウォ~~~(以下略)



やべえwwwww4年前に俺が酔っぱらって書いたらしい。誰だwww

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
早稲田知識ソフトウェア研究所からのpdf
友達からある授業のpdfを受け取った。そう。僕が今分散コンピューティングを目指してるのはまさにこういう目的だ。

pdfはマルチエージェントシステム(自律分散協調系)について。奇しくも今年の東大のアクションプランが同タイトルであったことは、感慨を禁じざるを得ない。小宮山総長手動による壮大な社会実験であり、ぜひ成功してほしいと思う。僕も東大の一員として積極的に参加していきたい。(財務の問題が引き合いに出されるが、逆に、お金にとらわれない若いうちにしか全力で出来ないことだと思う。)

で、情報系ではエージェントを何と見なすかということだが、結局自律系ということになるらしい。相互作用は、ゲーム理論に基づいて評価する。このゲーム理論に基づく評価は、人間の想像力の限界というボトルネックを明晰に表していると思ったので僕は否定的に反応している。

対して、今金子研究室に所属しながら模索している僕の研究の内容は、均質な力学系の非対称な相互作用によって生じる、動的平衡状態と、その遺伝子への固定、社会的な継承、または動的平衡状態(動的平衡戦略:DSS)間の階層的関係を圏論的に扱うことだ(階層とモノイドが関係ある。)

このような言葉に対して結果が追いついていないので毎日焦りながら研究している。

ただ、今日先輩の星野さんに話し合ってもらってこれからとりうるアプローチを6個ぐらいにしぼれたのは大きかった。

もっと結果を出して、貴重な議論の土壌を生かせればいいのに!

情報系でもはやってる通り、この分野は数年経たないうちに大分野になるような気がする。
久しぶりに自分の研究について語ってみました。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
コードを短く書くための仕様について
変数定義:
varを省略するとグローバル変数が書き換えられてしまう。
ブロックスコープがなく、グローバル変数か関数ごとのローカル変数かの区別しかなく、しかもこれはローカル変数と同名のグローバル変数の単なるスクリーニングによって実装されていて、時々予見可能ではあるものの問題を生じる。このおかげでundefinedが生き生きと動き出せる。個人的には厳密な変数定義より、遅延評価っぽくて好きだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
高級言語だ・・・
javascript: ar=new Array();ar[0]=1231;ar[1]=6546;alert(ar+" "+valueOf(ar));
javascript: var hl="hl";var h_l="h"+"l"; if(hl===h_l) alert("Compared by value");
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
英語でブログを書くことについて
不可解だ。いや、可解かもしれない。決してまれな現象ではなくいろいろな人たちがこれをしがちだと言うことが不可解なのだ。私の意見をあえて述べさせていただくと、下手な英語を長時間聞かされるほど不愉快なことは無い。し、下手糞な英語が間違った形で定着するのであなたの英語スキルはますます下がるうえ、下手糞な英語を読まされた方はその影響を受けて会話スキルがぐんぐん下がってしまう。これはまぎれも無い環境破壊である。どうかよろしくGoogleで

"eigo dempa jushin"

というキーワードで検索して、トップに現れるNANDAKKEというページを熟読していただきたい。

残る可能性は英語がとんでもなく上手な人が英語でブログを書いているというケースで、読者は特に著者が日本人であるとは気づかずにエンターテイメントを楽しめる。もちろん、エンターテイメントは作者に憧れを抱かせこそすれ、作者が無闇に自己主張をしてはならないはずだ。いいことだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
無題
javascript: s=""; for (i in navigator) s+=i+":"+navigator[i]+"\n"; alert(s);
をブラウザのアドレスにコピーしてEnter。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
なぜオープンソースはsrcで配られているのか(多分Linux的には最終回)
Finkを使っていて、謎が解けたような気がした。

srcで配らないと、全くと言っていいほど動かないからだ。

Fedora Coreででさえ全然動かないもの。gccに習熟するのが、実は一番近道だったのか。

これからLinuxを始める人は、gccに習熟しましょう。


うーん・・・違うのかなあ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Objective-C vs C++
Objective-Cは動的、つまり柔軟性の点でC++に勝っているらしい。では具体的にそれは何なのだろうか。というのを気づくたびにここに書き込んでみようと思いました。

・インスタンスを作らなくてもクラスメソッドが使える。
・コンストラクタ周りを柔軟に書ける。コンストラクタを何度も呼び出したり、自分で書いたコンストラクタを呼び出さずにインスタンスを作成することが出来るようだ(mallocだけを使う、という意味で)
・そのため使い捨てのオブジェクトが書きやすい、気がする(これは的を外しているかも)
・@interfaceつまりクラス定義が見た目の上でも完全に分離されているのでコマンドラインでクラス定義だけ抜き出してくることが可能
・このほかにもオブジェクト指向の素直さがいいと思う。setTargetみたいに対象のオブジェクトにメッセージを送るという行為をトリガーさせることが出来るのは直感的にくみやすいような気がする。もちろんこれは言語に関係なく、ポインタを渡してメソッドにアクセスすればいいので、単に書きやすいという問題。
・プロトコルはJavaのインターフェースに対して何が勝っているのか?…いまのところはわからない。しかし、プロトコルによってクラスの特徴付けを簡易にすることは出来る。Aというクラスは、Bをスーパークラスとし、さらにCというプロトコルを実装する。とか。これがプロトコルが無いと、Bのスーパークラスが多くなりすぎて困る。さらに、Bのサブクラスをたくさん作るとスーパークラスがBであることをそもそも忘れやすい。プロトコルを使えば、Bがスーパークラスであることを常に明示できるから、この点では優れていると言えよう(でも、それはJavaのインターフェースでもほぼ変わらない)。
・そういう意味では、C++という言語は、二つの点で紛らわしい言語である。それは、インターフェースをクラスから分離していないことと、構造体とクラスが似すぎていることである。僕は、こうした紛らわしさよりも、文法事項が増えることを好むタイプだ。
・文法事項が増えることが良くないという一つの例は、ガービッジコレクションだ。とくにObjective-Cでは[super free]構文を使うたびににやけてしまうではないか(未来においては通用しなくなってるネタだろうな)。
・@property
・セレクタを使うと、virtual関数などを実装しないでコンパイルしても通るように出来てしまうようだ。これはでかい。すべてのコーディングが終わってからじゃバグ探しが非常に面倒になる。柔軟と言ってイイかも知れない。
・プロトコルのもう一つの存在意義は、ポインタを使わずにメソッドをコールバックさせる方法らしい。人の書いたコードを見ていたら
(id )みたいなインスタンスメソッドの書き方をしていた。
なぜRaster *rよりid rの方がいいのかはまだよくわからない。

などなど(またあとで更新します)
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
-arch ppc
今imacを使っている。Fedoraに比べて超便利!コミュニティも充実しているし!とはしゃいでいたら、こんな落とし穴が。

・Makefile中のCFLAGやOBJCFLAGにはgccのフラグ-arch ppcをつけないと動きません。

CFLAGとは何か?それはMakefileがgccを呼び出すときにつけるフラグである。
それではなぜ、

CC = gcc -B ../../tools

のようにCC自体に-Bフラグが含まれているのか気になった。

するとこの-Bフラグは、ディレクトリ検索用フラグの一種であることがわかった。

ディレクトリ検索用フラグの一覧:
-Bprefix -Idir -I- -Ldir -specs=file

Iはヘッダファイルの場所の検索に用いられる。Lはライブラリの検索に用いられる。specsはファイルによって、サブプログラムcclやld(リンカー)に渡すオプションを変えるのに使う。

ではBは何をするかというと、リンカやプリプロセッサに情報を渡しているっぽい。ということで、ほかのフラグよりファンダメンタルな位置づけになっているようだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
雷動
大学はいってはじめて(高校のときと同じ機材で)作った曲が出てきた。

タイトルは雷動。これかっけえ。

なぜこんなものを作ることが出来たんだ。怖いもの知らずだったからか。そういえばこれを聞いて感動した男の子が入部してすぐに去っていった事があるんだよな。何でこの路線で突っ走らなかったんだろ?

4年の学問の歳月を通して聞いてみると、これは感慨深い。まるで僕にとってカフカの門のような曲だ。

公開したいんだけど。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
two words I like to use:
novice/ sloppy
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
花見
すべてのジョブが終わったーーーー!!
こんなに開放感を感じたのは久々だ。春休みはほんとにきつかった。
特に昨日は久々に家に帰ってきてテンパっていて、爆睡してしまった。そのおかげで大変なことになった・・・社会人になるのだから、二度とこんなことはしてはならない。日程をうまく調整しなくては。

今日は、研究室の大掃除とミーティングと配置換え、お花見があった。

僕以外のM1もほかの皆さんもそろって、寒かったことをのぞけばとても楽しかった。

佐野さんとラーメンを食った。

家に帰ってシャワーを浴びたら楽しいアイディアも浮かんできた。卒検の続きを、解析力学でやるというアイディアだ。こういう瞬間、テンションあがるけど、それがなかなか研究として発展しないんですよね。半人前です。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
最後の晩餐:表層レイヤー
武蔵境。起床。森田さんに車で送っていただく。タンカレーのマティーニが抜けて居ない体としては非常に有り難かった。車を運転できる男はかっこいいぜ。

帰りの電車でSchool of Expressionを読む。Treeの話とか。退屈。

目黒。半分寝ながらもhaskell.orgのいろいろな文章を読むがよくわからない。最後の晩餐の時間に。

最後の晩餐。約4年ぶりに会うとも変わらなきこそいと嬉しき。焼き肉屋さんだが意外にいい肉だったような気がした。3200円はまあまあだ。
二次会の店は結構糞だと思う。最近の居酒屋チェーンは何を頼んでも全然駄目だ。氷多すぎるし、写真とくるもの違うし、味が謎すぎる。そしてべらぼうに高い。誰が行くのか凄い不思議だ。きっと僕のような貧乏人が行くのは20年ぐらい早いのだと思う。

友人の家。Shadow Huntersをやる。結構革命的なゲームだと思う。またやりたいものだ。
ドイツ語のゲームをやろうとしたがポシャった。

うお、この日記超つまんねw
疲れてるときに事実だけ書くとろくなことにならないな・・・

起床。渋谷に向かい、先生に挨拶する。先輩とお花見の買い出しにいく。

先生と中嶋さんと人生について語り合う。曲学阿世か。全くもってそうなのかも知れない。しかし、そういっていたら何も改善できないというのも確かだ。はっきり言って僕の性格は、自分が一生南北問題に食わしてもらってると思い続けそうで、いやなのだ。もしくは、地球に食わしてもらっているという思想。

限界がきたので鈴木さんに指摘された片岡文書を引っ掴んで帰る。しかし買い物して家に帰ってスピリッツ読んで焼きそば食べたらSwarmへのアプリケーションを書く時間しか残っていなかったので読めませんでした。

友達を叩き起こして文章を読んでいただいたらあまりに間違いすぎていておこられました。どうも、一発書きで論理的に考えていないのが良くないようでした。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。