プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
佐野セミナー+池上×荒川講演会
今日は佐野研究室のセミナーが面白そうだから顔を出させて頂きました。久しぶりの本郷ですが、電車の中で形態を昨日のモデルで表現するには何が一番ストレートか考えていて、知り合いに会う気とかは全くおきませんでした。ギークとはかなしいものです。

内容は、グローバルな弱い相互作用による同期現象をグローバルな相互作用の印加により壊すという話でした。どうしても納得出来ないことがあった(解析手法自体に親しみがわかないというのもあったかもしれません)ので質問してみましたが、結果が出てないことを聞いてしまったという感じでした。

忘れないように書いておくと、
「例えばTremorの様な障害が、脳の機能が弱まることによって、弱い結合による同期現象がドミナントになることによって発生すると仮定しよう。
その場合、脳の機能の回復は結合強度を強めることによってしかなし得ないので、弱結合の場合を解析しているのは無意味になってしまう。
一般の場合には強結合によって同期が壊れる保証は無いが、もしTremorを解決するためのエンジニアリング的な立場を保つのであったら、こうした視点を扱わないのは不合理だ」
ということを主張しました。個人的には、何故冒頭でこういう疑問が出ないのか不思議でならないのですが・・・あまり共感を得られなかった感じがします。


それからすぐに駒場に飛んで講演会に忍び込みました。お話の内容というか、荒川修作の存在感と面白さが印象的でした。お話の内容については、彼の作品を見たことが無いと何を言ってるのか全然解らない感じでした。だいたいの感じとしては、甲野さんの意見とかに近いと思います。異なるのは、自然に帰る、つまり自分とは何かという問いに向き合うということを、「この社会で」行えるかという点です。前者はこの社会に距離を置き、後者はこの社会に新しい発想を持ち込み、もう一人の自分自身を造る道を選びました。JRの話は実に面白かったです。

池上研究室OBの啓介さんと一致したのは、環境や自己に意識的でありながら、現在の社会から超越した形で思考することはあり得ないという一点でした。


いろいろなものを見ましたが、僕の研究は全く進みませんでした。凄く苦しいです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
何で書いたかって?もちろん、Objective-Cですよ。
6時半起床。

OpenGLの授業はついにビデオカードの頂点バッファに踏み込んできた。家で粒子法が出来る日もきっと来るかも知れない。しかし今日の課題は3時間かかった。きつくなってきた・・・しかし今のところレポートは全部AとA+で励みになる(とおもったら今回Bだ。あれれw)。学部のときはこんなに授業を真面目にとったことなど無かったのだ。金子さんに叩かれ続けて謙虚になったような気がするなあ。

昼。珍しい先輩(w)と飯を食ったあと金子さんと議論。なんだったか忘れた・・・

午後。社会学。統計に潜む主な罠二つについてであった。一つは、企業によって定義の違う言葉で統計を取ってしまうような場合で、これをいろいろ挙げられたが普通に気づかないものばかりだ。もう一つは、法制度の改革がグラフにハザードを起こしてしまう現象で(年ごとのデータは、尖っていてもそれが不連続かどうかは見分けがつかないのだ)、このような事例をもとに政策決定が行われたこともあるという恐ろしい話を知ってしまった。
ちなみに、うまく法律を解釈すると日本の企業は800万社あるという話を聞いたが、すさまじいものだ。ところで、この企業を、「従業員が一人以上の会社」にしたらどのぐらいの数まで減るだろうか?と普通の人は思うだろうと思う。しかし実は、これでペーパーカンパニーだけを消すことは出来ないのだ。何故かというと、意思決定を行うメンバーは従業員ではないが、その他に従業員が一人でもいるだけで税制や保険制度が変わってしまうらしいのだ。勉強になるものだ。

夕方。
さっきの続きだったので比較的生産的で、多細胞生物の、チューリングパターニングによらない形態形成とモジュラリティの創発について金子さんとネタ出しをした。一ついいのが見つかったので、「明日までに結果を出せよ。」と言われた。そこから4時間ぐらいでモデルを確定させて、11時頃にちゃんと組み終わって動いた(でも挙動を見た感じ、モジュラリティは出なさそう)。今日は院生になってから一番いい日でした。しかもちゃっかり帰りに福島先生と鉢合わせして一緒に帰らせて頂いたりしてしまいました。なんというレアな偶然の連続でしょう。福島先生は自然体でなんであんなに難しい話が出来るのかわけが分からないお人です。かっけえ・・・やはり数学的な話をやる姿勢としては自分の自然体になじむように理解するのが良い、という印象を与えられます。(ちなみに先生の統計物理の授業は私は落ちこぼれ気味です。)しかしよく考えてみると金子さんもほかの教授もそうだなあ。恐ろしいわ・・・

ところで。

最近はこんなに忙しい日だと日記が書けないのですが、googleのメーリスでこんなものが送られてきたので記念に記録しようと思ったのでした。

http://openmrs.org/wiki/The_Story_of_the_Floss

いや、何が不思議って、これは卒検が始まってから金子さんに僕がずっと言われてることなんですよ。もう8ヶ月近くも。ははは。

友達とネットでアデニンとチミンの話をしたらすっかり眠れなくなって、メールボックスを見たらこんな時間に研究室からメールが来ていました。今日は働き過ぎです。

せっかくだから研究について考えて、24時間研究という日にしてしまおうか。

と思ったら今度はPavel(Swarmで同期のロシア人)からメールが来た。仕事速いわ。これで返信しなかったら悪人だからな・・・それに英語はあとで書こうとするとのばしのばしになっていつまでも返信出来なくなってしまうのである。

夜は・・・明けていく
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
先輩にまた明日!と言って元気に別れるも、やはり学校に行くのは無理で
丸一日あらゆるドキュメントやブログやソースを読んでました。

いや、良かったですよ。ついに見つかりましたよ。使えそうな手が・・・

JavaScriptでAppleのWeb Kit DOMを書いて、そこからObjective-Cのクラスをラップ出来ればいいみたいです。

要はxml-rpcを自分でエミュレートしなければいいので、これが出来れば一安心です。

もうこんな時間。世間が五月祭の中本当に丸一日調べものに使ってしまいましたよ。あひゃひゃ。でもそんなに嫌いな作業じゃないです。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ぜんかいのつづき
ソースコードを読んでたら、とてもじゃないがこれでswarmのライブラリにリンクしたりするのは無理なことが解った。どうすっぺ・・・と思っていたら普通にgemsにdlというモジュールがあるということが解った。なんとcのライブラリから関数を呼び出すことが出来るのだ・・・

Objective-Cではどうなんだろうか。なんか泥沼感が・・・

残りの候補はRubyCocoaかRubyObjcと言ったところだが・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
RubyInline
困ったことに、僕の作ってるウェブクライアントにはXMLを使った分散コンピューティングを仕込まなければならない。しかしXMLを扱うオープンソースのライブラリーがc言語で書かれている。

いろいろ検索した結果、現時点ではRubyInlineを使うことにした。Objective-Cがサポートされていないのが若干気になるが、

gem install RubyInline

とかタイプしただけでインストールされてしまった。凄いなあ。よくこんなの考えつくよなあ。

多分将来的にはbuilderの部分を自分でいじってObjective-Cに対応させなければならない予感がするが、それでもXMLのパーサーとかそれ以降をJavaでエミュレートするよりずっとましなはずだ。

このプログラム、ちょっと読んだ限りでは、require "inline"で読み込んだモジュールinlineに含まれる関数であるinlineに、ブロックを引数として渡している模様。

inline do |builder|
builder.c "
long factorial_c(int max) {
int i=max, result=1;
while (i >= 2) { result *= i--; }
return result;
}"
end

んで、このbuilderというオブジェクトのメソッドに、cのコードを渡すというわけだ。

ということはそんなに長いプログラムじゃないはずだ。ひとまず読んで見るのが良さそうだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
立花隆のメディア ソシオ-ポリティクスの酷さ
僕と個人的に親しい方ならご存知かもしれないが、僕は立花隆氏があまり好きでは無い。間違った科学知識をのうのうと語り、無知な文系の東大生に間違った科学(笑)知識を伝えておきながら反省も責任感もなく、カントを一冊呼んだだけでふんぞり返り、挙句の果てにはそれを知の編集術とまで名づけて得意げに語るに至っては。良くも悪くも、要するに謙虚さとかそういう類の概念とは真っ向から反する「知性」というものの代表なのでは無いだろうか。

その彼が日系キャリアドットネットで連載していたのがメディア ソシオ-ポリティクスだ。

先ほど久しぶりにこんなのもあったなあと思ってアクセスしてみると、前回の閲覧から突然更新が止まっており、いまや全く更新されていない。あれ、と思う。次にリンクを張っておこうかな。


http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/


よーくリストを見てください。わかるひとにはわかりますね?
ご丁寧に、1~100回までの論調がわからないように削除されましたね。

果たして立花氏は彼の期待するようになって久しいIT技術がこういうアーカイブをもたらすことについてどう思っているのだろうか?

毎年多くの東大新入生が右も左もわからないうちに立花ゼミに吸い込まれていくが、こういう類の情報を自分で集めて自分の頭で価値判断する能力を養ってもらいたいものですよね。

解説~
立花隆をよくご存じない方のために、僕の手元にある彼の著書から適当に開いて引用してみることにします。僕は、立花隆が何を言っているかをネットを使って周知することは理系大学生の義務であるとさえ思っていました(大学入学当初からそうです)。僕の意見では、立花隆氏はご自分の科学に関する著書を回収すべきだと思うのですが。
さて、パラパラ・・・これは・・・「脳を鍛える」の103ページですね。

『大学入試にそういう要素をテストする項目が皆無であるため、しばしば大学には、そういう生命力が根本的にかけている人間が入ってきます。無気力、無関心、無目的、チャレンジ精神皆無といった連中ですね。きみらの中にもいるかもしれないが、それははじめから前頭葉に欠陥がある人間です。そういう連中には高等教育を授けることがほとんど無意味です。
そうですか。実に科学的な優生主義ですね!(^ ^)

パラパラ・・・269ページですか・・・
『アインシュタインの相対性理論とは何かというと、ガリレイの相対性原理をもっと一般的に拡張したものなんです。(中略)(文庫本のテクストを示して)ここのところですね。(中略)ガリレイは、運動方程式のことしか考えなかったが、それを拡張して、他の物理法則についても適用できるようにしようということです。(中略)またあとで話しますが、空間の等質性というのは、実は空間の対称性ということと深く結びついているんです。等質だから対称、対称だから等質といってもいいぐらい深く結びついている。だから、空間は全て等質で、全て対称的に出来ているというのがこの宇宙の根本原理だと信じられていたわけです。』
アインシュタインの運動方程式がガリレイの運動方程式と同じだって?まあいいけど・・・
このあと、パリティの非保存はネーターの定理をくつがえしたために世界中の科学者を仰天させたとか、世界はそのような非対称性から(無から?)生じたという話に続く。
悪夢だ。

でもね、立花隆氏の歴史に関する説明は面白いと思うんですよ。いや、もちろん間違ってる時もあるんですけど、歴史に対してストーリーをつけてしまうのがうまいんですね。覚えやすいストーリーによって事実を圧縮するのが、彼の言う編集術なのでは無いでしょうか。その圧縮は非可逆ですが(笑)ストーリーをつけるという行為は、先日のビューティフルマインドのように事実とのトレードオフを引き起こすので、たぶん氏の科学知識の体系もそうなんでしょうね。だいぶストーリーを優先していることが感じられるでしょう。

最近、人間が秩序を認識するときにはある種のストーリー付けをしていると思っているので、上のようなことは諦めざるをえないのではないかと思っています。人間は間違える。だからこそ間違えたときのことを考えるべきである。もう疲れました。この警句で今回の補足を終えさせていただきたいと思います。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ゲーム理論と蒟蒻問答
池上研の研究員の宇野さんに勧められて、金子守さんの本を読んだ。

師匠の金子さん曰く、「論理パズルみたいであんまダイナミックじゃないよ」との警告。念頭において読む。


本書は一見関係の無い5つの章と2つの番外編からなる戯曲である。全てが一応経済学、特に市場均衡理論へのアンチテーゼとしてのゲーム理論について語っているが、この本を流れる中心テーマは、学会批判である。

例えば、一つ例を挙げると、

「同じ数学的形式について語っているが、学者Aと学者Bではそもそも形式に対する解釈が異なる場合。つまり、AとBは全く別の社会現象から全く別の大前提を置いていたのに、同様のゲーム論的形式を導いて、それを共有してしまった場合。」

と、知を短時間で共有するには数学的形式に押し込めるしかないという事実の、二律背反が扱われる。この物語の主人公は、学者として自分を偽らないために、数学的形式以前にあるものをどう顕在化・視覚化するかと苦心して、学会からつまはじきにされ、忘れ去られた教授である。

映画ビューティフル・マインドでナッシュが冒頭にこういう。「I read it. There's no seminal point.」そのセリフを思い出す。(ちなみにこの教授はこの映画が嫌いで、私はこの映画が好きである。)


この現象を、ゲーム理論によってアナロジー的に説明することが本文で試みられている。それは、AとBによって行われるゲームで、AとBの想定している利得行列が異なるにもかかわらず、お互いに自分の利得行列がcommon knowledgeだと思っている場合である。利得行列がcommon knowledgeであるというこの条件は数学的には十分にきつい条件(戦略の可能性がcommon knowledgeであることはもちろん大前提)であり、AとBのそれぞれの心の中でナッシュ均衡が成り立つための十分条件である。

このとき、ナッシュ均衡から、common knowledgeを導くことが出来る。というのが金子理論のすごいところっぽい。

どういうことかというと、実際にナッシュ均衡が成り立つことC(Nash)は、AとBのそれぞれの心の中でナッシュ均衡が成り立つことB1かつB2の十分条件である。つまり、実際のゲームがなんであろうと、ナッシュ均衡がABの心の中のナッシュ均衡と一致すれば、AとBの勘違いを助長することになる。

これを具体的に構成して見せたのが、「Aは囚人のジレンマをプレイしていると信じている。Bは逢引のトラブルをプレイしていると信じている。しかし実際のナッシュ均衡を生んでいるゲームは無限に存在し、その一つがg8である。」という第4章の部分である。

これが、
「同じ数学的形式について語っているが、学者Aと学者Bではそもそも形式に対する解釈が異なる場合。つまり、AとBは全く別の社会現象から全く別の大前提を置いていたのに、同様のゲーム論的形式を導いて、それを共有してしまった場合。」
という学会の駄目なところに示唆を与えている、というわけである。


この話なんかは結構面白いけど、有限の空間の大きさに対する批判(第4曲第4幕、第1曲第4幕)などはまさに愚にもつかない。実際、第1曲第4幕は、同じ現象が起こるという条件を保ったまま、各エージェントの認識能力を減らしてやればよい(利得関数の項をへらす。つまり異なるゲームを与える)だけで解決できてしまい、さきほどの蒟蒻問答のアプローチ(ナッシュ均衡を保ったまま、異なるゲームg8を与える)と矛盾している。

番外編1では、数学と物理を引き合いに出す必要性が皆無である。ただ紛らわしくなっているだけで、詭弁っぽい。

第一章、特殊と一般の逆転、は学会批判というところを除くと蒟蒻問答にどう関わってくるのだろうか。著者はことさらエージェントの計算能力を問題にするが、その問題意識がよくわからない。


まあ以上のように、問題もたくさんある本だと思う。

あとひとつ決定的なことがある。蒟蒻問答の私の解釈はこの著者のものと決定的に違うのである。私はあの話を、

「成長するとは、より有益な解釈が偶然なされるような、知識基盤や思考回路を自らに養うことである。専門化することは、より多くの勘違いを生んでしまい悲劇や誤解のもとになるが、その方向を御することを常に意識せねばならない。」

というふうに教訓めいて解釈しているのである。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
明け方に思いついたオタクの定義
オタクって言うのは、
「自分でその分野に関して何も生み出さないのに、自分の価値観を押し付ける人々」
のことなんじゃないかと。ふと。

平野綾スレをみてて思った。

あ、でもいや、そういうのは子供というのかも知れない。まとめると「オタクの幼稚性に関する一つの定義」ってことだろうか。いずれにせよrepulsionが必要だということで衆目一致。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
みっかぼうずになりそうです・・・
第三章
1時間目:ヴァリデーター
きついです。知らない文法がばりばり出てきて、その度に調べるような。どうやら前書いた=>はハッシュの省略記法らしいです。いつかすらすらrubyが読めるようになるのでしょうか。

あと、慣れていない頭では、多すぎる関連ファイルをのぞいたり忘れたりのぞいたりいじってエラーが出たり(なぜ実行前にエラーを教えてくれないんだ・・・スクリプト言語だからだけど)を繰り返していました。ははは。
ということで今日はここで止まりました。乙。

追記:
凄いことに気がついた!本書でなんの説明も無いdatetime_selectは、フォーム要素を返しながら、ActiveRecordオブジェクトとポストされた情報とを結ぶ、Helperに格納されるメソッドなのだ!

そしてrubyonrailsでは、オプションというのはハッシュと同義語なのだ!なぜなら、オブジェクトのインスタンス変数が出てくるときには必ずハッシュが出てくるのだ。おそらく、インスタンス変数の更新のところに、ハッシュがnilかどうかをチェックする構文が存在しているのだろう。

そうか、変数定義がいらないってことはプログラムの書き方が全然違ってくる、それを最大限に生かすために、ってことなんだ!

わかるか!

さらに追記:
railsのドキュメントはすごく不完全だ。もちろん、ソースが見えるようになってて親切なんだけど、マジックフィールドというものがあって、それは初心者にはなかなか厳しい。今回は、use_month_namesというマジックフィールドがあって、結構探し出すのに苦労した(datetime_selectを探しているのにselect_monthというメソッドのところに書いてあったり。)
こういうのは慣れればすぐ解るんだろうけど、初学者のための本としてはぶっちゃけ書いて欲しいところだ。

migrationの意味もやっと第三章2時間目で明らかになった。destroy_db -> db::migrationという鮮やかな技。惚れそうだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。