プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
どんな大人になりたくないか?
「ストーリーの意外性という点では、かなりのものがあります。
全く予備知識なしで、この結末を予想できる人はなかなかいないでしょう。
そこに至るストーリーも綿密に練られていて、仕掛けもしっかりしており、不自然さや強引さは感じられないです。
そういう意味では、アクション&サスペンスのエンターテインメント作品としては、とてもよく出来ていて、観てがっかり、ということはないと思います。

ただ、観た後に、「面白かった!」という余韻が残るかというと・・・。

ストーリーの上からいうとやっぱりライアン・フィリップが主役ということになると思うんだけど、やはりウェズリー・スナイプス、ジェイソン・ステイサムと並べてみると、まだまだ役不足という印象は否めないです。
この映画を観て、次もライアン・フィリップの作品だったら見てみよう、と思う人は少数派だと思います。

しかしそれよりも、テーマが何か、それにフォーカスを当てきれていないのが問題です。

本来、この映画のテーマは、警察という仕事、それに対する三者三様の関わり方がテーマのはずなんです。それに対し疑いを抱かない者、絶望のあまり裏切りに転ずる者、したたかに自分の欲望を求める者、それらが描き出すコントラストを丁寧に追えば、もっと深い人間の情念や、"業"のような物や、正しさを求める心と利己的な欲望の葛藤や、様々なものが込められたはずだと思うのです。

この映画はそれが足りていない。
結果として、所詮フィクションで、エンターテインメントだな、という匂いが濃い作品になってしまっています。

こういうことが現実にもあるんじゃないだろうか、そう思わせるような迫力は希薄で、そういうリアリティにこそ感動の源があると考える人には、あまり心に残る作品とは思えないような気がします。 」


というような感じのことを言う大人には、100万回死んでもなりたくない。このような気分を一言で表す日本語・・・は何だろうか?一言じゃなくてもいい。俳句でもいいのである。そのような抽象機能と、母国語に対する愛着・・・孫正義がアメリカの会社を捨てて日本でソフトバンクを始めたときのような・・・は同源であろう。しかるに、このような、超現実的な強烈な感情・・・存在しているだけで真だと解るような五感にも近い感情・・・を一言で表す母国語を発見出来ないことは、母国語への不理解とともに自分自身への不理解にも通ずるのかも知れない。我々が言葉からイメージを再構成することが出来るのは、自分の過去の体験によるからである。

しかし私が知りたいのは、このような文章を読んでこのような"激しさの"感情(同一性は原理的に確保出来ないが激しさは行動の観測により厳密に評価出来るから)を持つ人がどれくらいいるのか、ということである。これこそは、ネットが出来て初めて可能になる相互理解の方法であろうと思う。

コピーという工学的なものが、無限に深い感情の源泉から新しい、人によって異なったものをくみ出してくれるからである。それはある意味、小説というコピー形態が文化を創造したメカニズムに等しいと思われる。言語が有限ビットである以上、コピーというビットの圧縮を経ても本質的な効果を損なわないことは出来るのである。


追記:ずっと考えてて解った!これを一言で表す日本語。それは、「俗物」だ。
それでは、「俗物に対する激しい嫌悪感」は一言でなんと言うのだろう?もうちょっと考えてみよう。
ちなみに知らない人のために解説しますと、ライアン・フィリップは紛れも無い天才俳優です。若干性的な意味で。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
2 -p20
(Chlamydmonas)
living as haploid most of times
produce diploid zygote and eventually it matures and turns into four haploids
the fusion is initiated by extending actin fertilization tube -- actin
is used by sea urchin producing both gametes

Unicellular eukaryote already has every basic concepts consist more
complex organisms of other phyla.

(Vorvocaceans)
living as haploid most of times, when sex is not needed
asexual lifecycle -- two cell typesand gaining motality
without death inducer(somatic regulator), somatic cells
redifferentiate into gonidia, still being immortal.
each gonidium cleavages into a small mold of its parent from noon to midnight
inversion of gonidias into juveniles
sexual reproduction once each year and resulting zygospore, separation
of gametes in zygote production
zygotes are produced to endure indefinite period of dry weather
The stimulus for switching is known to be a 30000-Da sexual inducer protein.

From the story of Vorvox, we see that development is critically linked
to the character of the ecosystem...
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Developmental Biology, Scott, fourth ed, preface - p13
(classification of developmental processes)
Development accomplishes differentiation, morphogenesis, and reproduction.

(difference between regulations)
prokaryote transcripts and translates genetic information "directly"
into proteins(also concurrently).
eukaryote transcripts making use of Nuclear envelope and difference
between Exon and Intron,
as for translation, it is carried out via cytoplasm causing misticaly
elaborated delay.

(unicellular eukaryote)
as an example of translational control -- Acetabularia
as an example of post-translational control -- Naegleria
sex without reproduction -- pilus transmitting, Paramecia's conjugation

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。