プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
サブマージ
今日も朝から曲想が鳴り止まない。仕方ないので仕事をサスペンドして打ち込む。

今回はなかなかうまく行かない。しかし、substrate仮説により根気よくリズムの本質を考えて打ち込む。リズムは音抜けを気にしながら5種類ぐらい作る。アープはPolysixにハードコンプをかました単純なものだがこれがまた難しい。5年も使っていてPolysixが全然解っていないことを再確認させられる儀式だ。やはり何十年も使われる楽器は単純で奥が深くていい。
アープを軸にして、周波数分布がのっぺりして展開が失われることを避けながら打ち込んでいくが・・・一分の単純なループだが11:30-17:20までかかってしまった。

今回は駄作すれすれで、ヒヤヒヤものだった。しかし最後の30分で、またもLegacyCellに救われたと言ってよいだろう。コーダルなものは最後まで使わず、最後に必殺技のようにしてかますと全てのパートが生き生きとすると言うことを学習した。


@studio
4曲持っていったうちの、今日作った曲から始めよう。
あらかじめミックスして来たように鳴りが完璧だ。クラブのもの等にはかなわないがスピーカーは悪くない。ただ、やはり急ごしらえだけあって立体感は足りない。アープはロータリーをかけたいし、ベースはやはり左からなるべきだと思う。高周波数はピンポンディレイで右に回すべきだ。

そして・・・何年ぶりかに録音をする。3年ぶりぐらいだろうか?二人とも技術が上達していて見違えるようだ。

しかし、恐ろしいほど上達したなあ。サックス。しかし存分に駄目だしをさせてもらう。リズムにアフロブルーのケが残っていて曲調とあわなかったのでリズムをちょこちょこと指定する。新しいもの(自分の頭の中に無いもの)をつくるために、指示はあいまいにしなければいけない・・・

結局7テイク30分ぐらいとれたので良いとする。ここからメロディを固めて、ユニゾンの位置を決めたりするのがこれから待っている僕の長い仕事だ。

夕飯は連休でどこも開いていず困ったがとんちゃんに初めて行ったがうまかった。塩加減がとても上手だった。ここでゲジャンを是非食べたいところ。K-POPがずっとかかっていたのはいい意味でも悪い意味でも刺激を受けた。

帰って、電話にも気づかないぐらい昏睡した。久しぶりのいい眠りでした。


追記:アープにロータリーをかますとサックスが無いところで音が立たないので注意
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
結論
Managing Chaosと、Fifth Disciplineと、Peter Checklandと、・・・から有意義な結論を引き出すまで、院を辞めるべきではない。

在籍期間の長さの問題ではなく、中身の問題だ。それが解らなければ、僕はいつまでも音楽で人に勝てなくなってしまう。長い勝負がはじまる・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
苦しい
今日Googleから2000ドルが振り込まれていた。

何故僕に?

お金をもらって苦しい思いになるなんてこれが初めてだ。

まだ何もやっていないのに。まだ何も達成していないのに。

すでにある2000ドルも返したくて、手つかずのままにしておいたのだ。

苦い4000ドル。

僕はもう23歳で、何もせずに育英界からの105万6000円と、Googleから4500ドルをもらって、何もまだ達成していない。

苦しい。金だけあってもどうしようもないのだ。

なぜなら、このままでは未来は目に見えている。

今日飲食店にあったTokyo Graffitiを見て、衝撃の写真を見てしまったよ。

ページが上下に分かれていて、写真が一枚ずつ掲載されている。

上。20歳。ギター弾いてる。バンド兼プログラマー。
した。46歳。ギター弾いてる。服装変わらず。Web制作。

まるで自分の未来を宣告されているようで背筋が震えたよ。

「まるで金が通る管」

3年前に僕の曲にラップをつけてくれたシバタが吐き出した歌詞だ。

何となく皆に顔向け出来ない夜。

・・・税理士に相談しなきゃ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
止揚
遺伝子発現の転写制御と、僕の使っているシーケンサ(Live7)が似ている・・・

何かに活かせないだろうか?
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
賢者タイム到来
3時間あけて聞き直してみると・・・

うーん、ミックスがちゃんとしてないから解像度が悪すぎる。

でも曲想は悪くないな。

さて、例えば今から何もしないで曲だけ作ると。

1日に1曲は余裕だから365曲出来る。

そのうち、50時間を費やすものがいくつあるだろうか。

まあ、いくつあっても100曲が限界だろう。
150行けたら嬉しいな。

で、嬉しいのはいいとして、

1年で150曲の自作の曲を得たとする。

それは何が嬉しいのか?

わ、わかった

わかってしまった。

そうか


1年かける価値はあるかも知れない。


非線形効果を無視するとして、1週間ぐらい没頭すると、どう頑張っても2曲だ。

例えばもう今週は曲のプロトタイプが3つ出来た。

ここからミキシングや細かい調整をするのが凄い苦痛だ。やりすぎて耳から膿が出てくることもよくあるのだが・・・まあでも、その過程は苦痛と言いながらも向上感があって楽しい。そして、何よりも、自分しか知らない恍惚感がある。(本当は、モニターが何種類か欲しいけど・・・)

でも、奇跡が起こって3曲出来たとしても、長期的にはそんな数では意味が無い。

やはり院が終わるまでに150曲。このくらいは欲しい。僕が最も尊敬するプロの作曲家の稲沢さんもこのぐらいだと思う。



1年で150曲を作ることに意味があるのであって、
例えばフリーター等をしながら曲を作ると能率は単純に考えて半分、あと個人的な経験から"到達"現象が大幅に減るので、5分の1行ければいいところだろう。つまり、1年で30曲ほどになる。

自分の学部時代(1~2年生)を振り返ってみると、この30と言う数字は妥当なところだ。

院生をしながら曲を作ると・・・まあ無理だろう。
仮に私がフランスの学者のように9時から18まで院にいて研究を週5日したとする。
研究した日はくだらない曲しか出来ないので、つまり365のスロットを1ずつ埋めることになる。
そうして埋まった5つの候補から、土日に徹底的に完成させる曲を選ぶ。
注意が必要なのは、2日で完成する曲は1日はレコーディングに必要だと言うことだ。つまり、1日で仕上げなければいけない。
しかし、経験上一曲仕上げるのに余裕で50~100時間はかかるものだ。クオリティが下がることになる。

結論はクオリティの低い曲が一年で45曲得られると言うことになる。しかも、生活費がどこからもえられない。

無意味だ・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
一年前
でも考えてみれば、なぜ大学院に進んだのかはよく覚えている。
僕にはある予想があったのだ。

確かに一年経って、その予想も少しだけ解って来た。でも、ほんの少しだ。しかも、それが数値実験で得られたとはとても思えない。

結局、方法論を自分の頭で生み出しきれていないところに問題があるのかも知れない。それに対して、作曲の方法論は全て自前のものだから、確固たるものがあるように感じられるのだ。

そもそも、始まりは中学3年のときだった。その頃1年かけて作った曲。驚くべきことにループが無いのだが・・・を音楽の先生に聞いてもらったことを思い出す。

その先生は武満徹のファンだった。凄く特徴的な顔の先生で、あの顔に浮かんだ驚きの表情を今でも忘れられない。

音楽を通して、方法論を自分で生み出すのに如何に時間がかかるかと言うことを僕は知っている。僕の知りたいことを調べるための方法論を生み出すのにかかる時間。そして、知ってどうするのか?という問題。

・・・
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ゲート
「ジェフ・ミルズのあとに聴いてみようか」
「遜色ねぇぇぇ!」

「URのあとに聴いてみようか」
「遜色ねぇぇぇ!」

「イアン・オブライアンのあとに」
「ちょっと遜色あるな・・・」
うん。音抜きが一番難しいんだよね。

・・・とかやってたのが日曜日。窓からさんま祭りの行列が見えたのを覚えている。
3時半に昼食。そのあと僕だけのこって作業で11時。うわ、すっごいドハウス。相方を呼び出して送信。

「やればできるじゃん」
「でも2:10-40がいまいち浮遊感が足りない。もっとダンサー向けにしろ」

確かにちょっと退屈だなあ。と思って、自分にこのクオリティの曲が作れるのには驚いたがまあ頑張ればこのぐらいは出来るだろうと思った。来週の日曜日にスタジオで採ることを決めた。レポートあるからシビアだな。

まあそれから毎日研究室に行く予定だった。

しかし月曜、ココアの仕事が意外に長引き(というのも、午前中で終わらせてしまいたかったのだが)、7時に。もうマックマスターだ___学校行って帰ったら11時。そこで相方とコード談義をすると1時に。ピアノを弾いてD69->DM9と適当にaugを入れる感じで一曲作れないかとやっていると綺麗なコーダルな曲が出来て満足する。土曜に聴いた後輩のバンドよりコード長が長いと言うことに驚く。いったい自分に何が起こったのか?あれこれやって午前5時。興奮覚めやらないので今更黒の剣とかをちょっとやって寝る。5周ぐらいプレイしているのでさすがにつまらなかった。

そして火曜(今日)。1時起床。まあこんなもんだろう。昨日の曲を聞き直して満足する。この代償であるのだからして仕方ないだろう。さて、真面目に研究するか。すると、家を出ようと思ったぐらいの頃、止めどない曲想が。しかもまた11拍子だ。

書く。こうなったら僕は書かざるを得ない。

昨日聴いた生ヒップホップの影響が色濃く出ているが聴いた感じは全くの別物だ。

11拍子と4拍子と7拍子のポリリズムが仲良く錯綜する。日曜の曲とも月曜の曲とも違う。ああなんで11拍子はこんなにカッコいいんだ。スローディスト入れちゃえ。パーカスはこのクリックで。NonWaxっぽくてカッコいい。こう来たらコンガと水っぽい音を入れる。ディストーションは川っぽく聞こえるぐらいがいい。プリシュームみたいに繰り返さない切り貼りをしてみる。ここにMIDIの強みが出る。合わないところはエディットして消すか、新しく書き直すことが出来るからだ。こういう意味で僕はサンプリングするのが嫌いだ。しかし、いつかは通らなきゃいけない道なのかもな・・・

トドメにABSynthを差す。もう機材が60万ぐらいは行ってるな・・・最初から無駄な機材を省ければ、A6でもM3でもPolyEvolverでも買えた額だが、勉強はさせてもらったはずだ。

7時。

これは・・・

相方に電話したい想いをぐっとこらえる。明日から確か野村のインターンか何かのはずだからだ。今送れば確実に賞賛されるだろう。しかし、これからは目標を高く持とう。
僕は、驚愕させなければいけないのだ。

その一方、レポートの課題は全く何も思いつかない。いまさら研究に行っても、それは形だけのものにならざるを得ないだろう。

今研究室を辞めないのは、怖いからだけなのか?

いや、鈴木さんの曲を聴くと、今でも感心する。このごろ毎日聴いてるじゃないか。

と言うことは、僕が恐れているのは、研究室をやめてアウトローが確定してしまう(まあ、一生学者にもなれないしまともな会社にも就職出来ないだろう)ことと、鈴木さんのような人に勝てないと言う思いのようだ。

鈴木さんは何故就職したのだろうか。鈴木さんに会いたい。4年前の僕とは確かに違う。しかしそれでも彼より僕は劣っている。でもいいじゃないか、恥をかいても。

いま10回目ぐらいの聴き直しを終えて、マクロな改善点が5ぐらいと、やっぱプロに比べて音色が足りないと感じた。音色の数が足りないと言うよりは既存の音色の音圧が足りないのだろう。製作中にミックスを気にしないと結局ようミックスしないので今回はこれを試してみるか。nEuroとか聴くと絶妙にパンを当ててる。非常にスタジオミュージシャンってかエンジニアっぽいミックスだ。それは僕に出来ないから、練習したくなる。

しかしこのままでは時間が無いと言いながら練習しないかも知れない。それって中途半端じゃないか?RemoteCompactはそのために買ったんだろう?

じゃあ研究室をやめるのか?あー、ぜんぜんわからねえ。

だってここで辞めたら、尊敬する人を裏切ることになる。かといって、中途半端な研究をしても裏切ることになる。それじゃあ僕は音楽を辞めることが出来るのか?こんな楽しいことを辞めることが出来るのか?音楽はつらいのでさえ楽しい。研究もつらいのでさえ楽しいのだがその興奮度は、ひよっこであるせいであまり大きくない。音楽はいつかネタが切れる。研究もいつかネタは切れる。なんなんだ俺。かっこわりいぜ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ガベージコレクションの罠
に見事にひっかかって一日を消費した。まさかinitメソッドの終わりでreleaseが呼ばれていようとは・・・

やっぱり最後はデバッガではなく自分の頭で考えなきゃいけないのだが、思いつきにくいものはなかなか思いつかない。

いくらプログラミングをやってもいまいち上達した気がしないよ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
運命の終着点へ
もうすぐ。もうすぐ。もうすぐ・・・。

もっと高く、もっと高く、もっと高く・・・。

KORGの賞を取ったときの曲をさらに練り直して高めたあの曲をずっと自分の中で超えられなかった。キャッチーさ=記憶可能性と言う意味や、如何に(Houseとして)ダンサブルであるか、そして机に座って聞くときの中毒性(中毒すれば記憶が出来ない曲でも良い)、サウンドエフェクトとコーダルとノンコーダルのバランス、高音のあえて出したジャギーの愉快と不愉快のバランス。ベースを削って低音をアナログシンセのサブオシレーターから供給する方法。最低一曲に対して50時間は制作時間をつぎ込むこと。完成したと思って不愉快なたびにほとんどの完成物を廃棄する作業。ゴミは発想を狭めるだけ。これが出来ない人間はクズのような雑音を量産するだけ。つまみの動きが如何に最適化されているか。つまみの動きは如何に文脈とマッチしていて、最適化されているか。文脈を構成する遅いダイナミクスはこの音楽で表現したいテーマに取って最適化されているか。限界合理性を把握して、細部を捨てて常に全体に気を配れたか。これまでの音楽で実現されてこなかった新奇性を少しでも持っているか。ループするべきでないところはちゃんと外しているか。ループすべきところをちゃんとループ出来ているか。ノートをループして、フィルターをループしない所を要所に配置しているか。高温の強調に依って得られる感情的効果は文脈に合っているか?感情的効果の飛びは無く違和感無く構成出来ているか?高級感のある音と、チープな感触の音と、歴史的な意味を持つ音(ヴィンテージ)が予想外の効果を生んでいるか等・・・
毎回全てチェック出来ていることはまれ。

しかし今回の曲は、これを全て少なくとも合格した。
ただ、コード感はSS(例の曲)に比べるとちょっと薄いから・・・
でも生まれて来てくれて、有り難う。と言いたい。
曲は親を選べないのだから。

私は、駄目な親だ。すまん。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。