プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Reboot Beer Game
師匠に話して感想を聞いたところ、2月にやってたBeerGame系をやってみてはとのこと。時間の概念の発生という線で追っておけば、結構いいかも知れない。

BeerGameのコードを見たけどObjective-Cで何故か書いたため、非常にポータビリティが悪い。g = [[[Gameclass alloc] init] setDelegate: d]とか。

だから人は走り続けてなければいけないのだよ、と言われればそれまでですが。はい。精進します。

夜はたった5人だけど同窓会。社会人の会話を聞くと焦るものだ。いい刺激になる。
友達はみんな優しいが、僕の孤独感の招待は、クラスメートで博士号をとろうとしている人がほかに一人しかいないとかそんなことなのだ。彼は柏にいるためか今日も来なかった。近いうちに会いにいこうかな。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
スポンサーサイト
3つのシミュレーション
3つのシミュレーションを持っているがどう関連させていいかよくわからない状態に陥っている。始めたときは一応あやふやなビジョンがあったのだが、そうしたものがモチベーションになるのはやはり短い時間で、本当に結合を起こさせるためには何かもっと強い思い込みが必要な気がする。

・カーネルマシン
・アクティブパーセプション
・擬似遺伝子回路

アクティブパーセプションのカオス的出力は必要な情報とそうでない情報を区別する。
カーネルマシンの場合は不等号を含む拘束条件を使って同じ事をする。

しかし、二つの機械が判別した必要な情報は一致する保証は無いので、もしかしたらこの二つは全く無関係、ということがありうる。

これでは強い思い込みにはほど遠い状態だ。


アクティブパーセプションにとっての『要る情報』は、動的である。もし本当に制御信号がカオスであるとすると、同一の知覚に対して異なる受け取り方をしている事になる。つまり、同一の知覚に対して多様な反応が対応し、一対多の状況が発生している事になる。『コンテキスト』についても、同一のコンテキストに対して多様な反応をするだろう。結局、要る情報は同一の知覚に対していろいろな選ばれ方をされるから、毎回違った結論になるだろうと思う。

それに対して、カーネルマシンにとって『要る情報』は、静的と言うか、式から自然に求まるものである。データの追加に対しても多分ロバストなので、ますます静的である。アクティブパーセプションの場合は、このデータの追加自体が動的である。

こう考えてみると直感的に、カーネルマシンにおいても記憶の動的な削ぎ落しが必要なのではないかと思われる。例えばサポートベクトルを得た後にサポートベクトル以外を綺麗さっぱり忘れてしまう。すると、全く異なるコンテキストをもつ外部環境がやって来たときに、サポートベクトルはもはやサポートベクトルでなくなり、極小値に停留する事も無くなるような気がする。

しかし、このような考え方は人為的で、何か気持ち悪さを感じる。つまり、機械の目的を明らかにする事と機械の仕組みを明らかにする事の二つが目的だったところに、停留の回避と言う人為的な『機械の目的』を持ち込んでしまった事で、機械の仕組みが歪められているのではないか、という事である。

こういう軌跡をへて、何を信じればいいかがわからなくなってしまったのだなあ、と感じる。これをどう打破するべきか・・・?

そこで、ディレイシステム、擬似遺伝子回路に解を求めたくなる。ディレイシステムに保存される情報は発現順序の形をとっているが、これはワンパラメーターのβによって変化する。つまり、同一の知覚に対して、多様な反応をする。

それでは、ディレイシステムの持つ多様さと、アクティブパーセプションの持つ多様さがどう関係するか、という事を考えるべきだという事になる。つまり、どのようなタスクが、これらの多様さから同一の利益を引き出すかを考えるという事である。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
達人プログラマー/エディタの章
プログラムをはやく書くための勉強はこれで終わりだ。時間切れだから。結局、最後の関門は、エディタを使いこなせなければ突破出来そうにない。それは実地で鍛えればいい。

VS2005を使っているが、マクロが実行出来ないバグがあるっぽい(microsoftのサイトによれば。)のでこの機会にVS2008に切り替えようかと。しかし、それにはパソコンも買い替える必要があって、先輩の持っていたVaioTypeZがやたらかっこ良かったのでそれをちょっと考えています。Blu-rayも少し見たい(見る時間はないのに)。最近、時間が無いという意味の捉え方がわかって来たと言うかちょっと捉え方が変わってきました。いまの方がより真理に近いような気がします。その理解は、言葉で書けるものではなく何となく内臓のあたりに座ってるような感じです。でも、太って内蔵脂肪がついただけかもしれません。

とりあえずVSはEmacsバインディングに切り替えて、ウォッチ式はばんばん使って、出来る限り無駄な時間を短縮してロケットで突き抜けたいと思います。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
山田玲司 水の鳥
最後の話には衝撃を受けた。この人は煽動家としては三流だけど作家としては一流なんだなと思った。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
log JWAIN09
ネットワークが創発する知能研究会。

招待講演以外とくに知能の話が無かったのが残念。
だいたい池上先生の本の、見てる論文に関係あるところを電車で読み終える。

理研の我妻先生の実験が面白そうだが、海馬のプロパゲーションの実験は、単なる積分量だから平行移動しているのかどうか、原論文を見て見極める事が肝要。
発表ではタイムスケールの違いが(誰も質問しない割に)キーポイントだったようだ。Boidの集団知のシミュレーションは、非平衡性の維持がなされていないようなタイムスケールでやってるからコンテキストを保持出来ないと思うんだけど、どうなんだろう?

JAISTの橋本先生には批判的生意気な質問を言ってしまったが、果たしてde-groundingというストーリーが力学系シミュレーションから生まれたものなのかどうか論文を見る必要がある。また、その論文で他のストーリーに分岐するときはいつで、本当に概念形成と独立なのだろうか。レイコフの理論は明らかにde-groundingベースの新語創成というアイディアに対する反例だと思う。これは私に言語学の素養が無いせいでもあるので、しばらくは手を出さないと決めた。

Windowsでのスタティックライブラリ化は終えて、GAを除いて実装は終わったが、他人のGAは再現性が無いので嫌いだ。他人のGAを再現する方法論を考えなければいけない。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
log
GDIで視覚的にsweep戦略が確認出来るようになったが、2次元ではリミットサイクルでもsweep戦略になってしまう事がわかった。まあ、積分だからそれはそうである。

ずっと前に組んだカオティックニューラルネットワークをスタティックライブラリ化してつなげてみようと思う。


また、速度依存の力が加わる場合、Verlet法では差分方程式を修正しないと動かないという事がわかった。蛙飛びのアルゴリズムではt+h/2, t-h/2を使うのが定法だが、ここにtの求めていないデータが入って来てしまう。

そのため、予測子・修正子法を使う必要がある。感覚的にはニュートン方の亜種に見えるが、証明しないでこれを使うのも気持ち悪くあまり気が進まない。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
log
昨日はGDIをなんとか使えるようになって、力学系もスタティックライブラリで用意出来た。

最後の、クラス呼び出しにまつわるエラーをどうにかすれば動き出すはずだ。/crlでコンパイルすればなんとかなるはずだが、根が深そうだ。昨日近藤に話した通り、コンパイラがメソッド名にいろいろな接頭辞をつけているからだと思う。ロベールのC++にextern Cの章があったと思うので、今日はそれを読み直す事から始めよう。そしてたった一行の、コンストラクタ呼び出しのあのエラーを精読しよう。

また、昨日の帰りの電車で思いついたベイズ的改善についても試してみよう。あれはBishopの2.4~6章に書いてあったはずだ。あやふやな知識は、記す事によって自分を確かにする。

そのためにさくらのサーバーを用意してある。JsMathを導入しよう。知識の共有という目的のためには、数式の見た目の美しさに勝るものは無い。

これから6時間がこれらを終わらせる勝負だと思って、頑張ろう。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Breakfast at Tiffany's
現代の常識とも言える萌えという概念。2次元系の話は全くわからないのですが、最近これが萌えなのかも知れないと思うものがあって、それがBreakfast at Tiffany'sのHollyと主人公(Capote?)でした。

オードリーヘップバーンがあの完璧な女性をどのように演じるのかどうしても気になって堪らなくなり、映画を見ました。

Hollyは人を人とも思わず使い倒し、利用し尽くす、しかもそれを何とも思っていないという、救いようの無い嘘つき女という設定から、常識人に転げ落ち。主人公の寡黙さはHollyの饒舌さ-と誤解され、何故か兄のフレッドのために貯金をするようないい人になっており。何より主人公が人好きのしない(原作ではO.J.Bermanにパーティーで避けられる設定(主人公も俗物を嫌うのだが)だが・・・)職人気質の文学青年から、どうしようもない俗物へと変貌していました。原作では主人公は常に受動的で、そのくせ高みから客観的に状況を観察してるような鼻持ちならない人間で、逆にそこがイイのです。Hollyも主人公も、社会的なアウトサイダーでありながら、Hollyはハングリーさから強引に社会にねじり込み、主人公はそれを出来ないでくすぶっているというのがポイントなのです。自分の小説の能力で社会に認められなければならないという価値観からそれを許せない主人公は、彼女をtime wasterと呼んで決別し、決して二人が解け合う事は無いのです。Hollyが兄のフレッドの話題を出すのは心配が嵩じてではなく、あくまで、主人公の孤独さに感じた親近感と、不器用な主人公をstupid(if he is he is.)だと思っている事との二つをほのめかす象徴でなければならないのです。単に、主人公が自分と近い人間である(でもちょっと馬鹿)と言いたいだけなのです。だからmanager気取りでBermanへとお節介を焼くのです。原作を読めばおそらく誰でもわかるでしょう。

さらに、映画では存在が消されてるバーテンのJoe Bellですが、Joe BellがHollyに抱いている恋愛感情はHollyの主人公に対する近親感情と似たもので(Joe Bellも人好きのしない性格故に孤独です)、だからこそこの話の舞台は『ニューヨーク』であり『ティファニー』なのです。ですが、上のように考えれば、映画からJoe Bellが消された理由も明白でしょう。冒頭の、消息不明になったHollyがアフリカの奥地で発見される(そしてまた消える)エピソードはこのようなHollyや主人公の性格を描写するキーなのですが、それを省略してしまうとは狂気の沙汰です。

なぜせっかく映像があるのに、ティファニーのそうした面を表現出来なかったのでしょうか?原作でのHollyは、ろくにティファニーにも行ってないに違いありません。あくまで彼女の嘘、象徴としての嘘の結晶がティファニーなのです。しかしそれに気づかずにティファニーのメダリオンを彼女にプレゼントしてしまうところが原作の主人公の間抜けさであり、若さ故のfalling outの象徴になっています。だから話の中に碌にティファニーが出てこないのにタイトルになる事が出来るのです。

Amazonには
this sure tracing the words though disgracing the meaning
という中々感心させられるレビューがありましたが、17人中が3人が参考になっただけでした。

この話はこれで終わりではありません。めまいとともに、軽いデジャブもやってきました。そういえばこんな事がありました。曽田正人の『昴』が映画化されたときの事です。

人好きのしない孤高の天才である昴はダンス好きな普通の明るい女の子へと転げ落ち(?)、あたしには友達なんていない。ともだちなんて必要ない。とか、一年一緒に助け合って来た仲間に対する、彼らの事は本当は好きじゃないし、ここは自分の場所じゃない。という名言など、そういうヤバい(ヤバくイイ)台詞はすっかり無かった事になってしまいました。原作では昴は自分を運命に踊る事を強制される悲劇の主人公だと思い込む事で真価を発揮する一種の変態的な天才ですが、映画ではそういう異常性はすっかり排除されており、昴が天才ダンサーになれた理由は全くわかりません。

そして、ここでもJoe Bellに当たる役回りの黒人ダンサーが出てきます。しかし、この黒人は孤独になりきれない弱さから昴に手が届かない事を煩悶する立場なのです。Joe Bellにも何が足りなかったかのは、我々も何となくわかります。それを無理矢理言葉で表すとすれば、Fredに似ていなかったという事になるのでしょう。


 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。