プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
2005/10/26 第一回複雑系セミナー後半
とどのつまり、それが非平衡の一種の成果であった。適当にシャーレに材料を入れてぐるぐるしていると、こうなるのだという。
僕たちはそれに見入った。

(あとで思ったのだが、決定論的なプロセスだけからこうした六角形が一面に出来るという現象は、シャーレの中に1つの閉曲面だけが構成される場合(いわゆる生命現象?)とどの程度似ているだろうか。決定論的なプロセスは空間対称性を持ってしまっているから、一面に同じ六角形が出来る。しかし、私の持っているイメージでは生物は空間対称性を崩しているものである。もちろん程度の問題であるという予感はあるけれど、なんとなく納得できない。)

なんとなく納得できないところには、非線形のずらしがまだ発展途上の理論であるところにやはり原因がある。こうしたものも悪くないなーと思い始める。

「そして、プリゴジンの理論のもうひとつの柱は、カオスなんだ。」
「小宮山先生が持っていらした2重振り子ですね(笑)授業のたびに持ってきてましたよ(私の敬語はよくぼろが出ます)」
「(笑)アレは僕と小宮山さんでつくってねぇ。」
2重振り子はランダウ力学の最初の演習問題で、ラグランジアンがとても長い。それを計2回微分して運動方程式がやっと一本であるから、動きがイメージできない。
しかし、2重振り子を目の前で回されると初期条件が1度の差で(人間にとっては)巨視的なパラメーターである回転数が2回から5回に変化する。もっとも、2重振り子のあと授業に一回も出ていない(あ、中間テストは出たか・・・)私であるが・・・

「プリゴジンの散逸構造の最大の弱点は、非平衡系とカオスとがうまく繋げられていない点だねー。頑張ってるんだけどどうしても必然性が感じられないね。」
「といいますと、やはりハミルトン系から化学反応に至る道、というのはないのでしょうか」
少し気になっていたところである。
「研究中といっていいでしょう」
私は少し落胆した。
私は統一理論が見つかっても、それは何故雪の結晶が出来るかなどの点を必ずしも明らかにしないと常々考えていた。最も基本的なところだと、ヒルベルトやらなにやらが汎関数をかなり拡張したところで、等重率の原理は解明されないではないか。しかしいま、統計的なアプローチを取ってもそれがいまだに解読から程遠いということを知ったのである。
「まぁプリゴジンが言い出したのは70年ぐらいで、こういう試みが始まったのは40年ぐらいだからね。
化学反応に振動があらわれる(BZ反応)ところから生物の話に移るところも難しいのだが、こちらはある程度納得できる成果は出ている。例えば、魚の縞模様ってあるよね。あれをBZ反応のようなものから説明している理論っていうのはあって、そういうのは今のところ説得力を持っているよね。」
師の著書には進化的アプローチがところどころに顔を出していたので、少し触れてくださった。
「やはりチューリングの論文が衝撃的だね。欲しいならあげるよ。」
僕とゾノは頭を下げた。すぐに印刷をしてくださる先生・・・だが、

コピー機が遅い(笑)

およそ三分に一枚、といった頻度である。先生は隣の部屋で印刷して持ってきてくださった。このプリンターで印刷し終わったら、またこの部屋のドアを叩く学生がそれを読むことになるであろう。

「まあ、感動的なのはチューリングほど高名な数学者が生物学者のためにこれほど詳細な論文を書き上げてくれた!ということだよね。この論文には、数学的な道具がかなり初歩から説明されているから、読みやすいでしょう。
あとはノイマンがオートマトンでどうたら・・・っていうのをやっているけど、これはあまりにマニアックすぎて理解されない。」
「やはり、今までのお話を総括しますと、3つの段階があって、これはハミルトン系、化学反応、生物のフィールド。そして2つのアプローチがあって、非平衡の統計力学と、非線形の力学というふうにお見受けします。で、やはり、二人の共通の興味としては分子の自己形成といったところですので・・・」
ゾノのほうをちょっとみる。この男、事前に宣言した通り全くしゃべらないぞ。でも共通の興味はこれでいいようだ。
「僕自己形成って言葉嫌いなんだよね~。」
ああ、何で嫌いなのかを忘れてしまった。もったいない!
やはりこうしてログをとるのは、記憶の固定化という点でも重要だと思うのですよ。
「で、僕は化学嫌いなんですけど(笑)」
「好きな人なんていないんじゃないかな(笑)」
「とりあえず、四年の講義で使ったレジュメを出してみようかな」
ガーッといって、両面印刷のレジュメがプリンタから排出される。それに先生が赤で2冊丸をつけた。
「とりあえず、カオスの中の秩序。これが一番簡単だろうね。あと、これはなぜか日本語訳が出ていないんだけど、Chaos in Dynamical Systems。」
前者は意外に、ぱらぱらめくってみると惹かれるところが多い。しかし、もっと面白いのは後者で、版がでかく使いやすい上に、20章ぐらいにトピックが分かれていて豊富である。しかもどの章も面白そう!
「これはいいですねー。相空間とか出てくるとわくわくします(笑)」
もう完璧にオタクである。
「わくわくする?(笑)じゃあエルゴード理論でも読んだら」
おぉ。実は私はちょっとエルゴード理論を目指している。でもさすがに・・・
「いや、何であんな厚くなるかわからないッす(笑)」
図書館でアーノルドを手に取ること数回、ことごとく挫折である。ていうか開くところまでいった記憶がないぞ。
「いや~あのわからなさがいいじゃない。
他には・・・この散逸構造だけどいまは訳書が出てるよね」
そうである。金子先生はリアルタイムで読んでた人なので、当時は英語版しかなかったのである。
「あのころは院1年で3人で読んでいたね。生物の方にいっちゃったヤツと、あと・・・」
うーん、面白そうだが我々には無理そうだ・・・
「ミニマルならこんなのもあるよ」
渡されたはがき大のペーパーバックはわずか100ページにも満たない小さな本。しかしエルゴード理論で60ページ近くを割いている。ちなみにこれはカオスの数学的ミニマルを記した本だそうだ。Strange Attractor and Chaotic Evolution。

しかし、ここまで来てわかるだろうが、金子先生は本当に自薦をしない人だ。僕は強くここに惹かれる。例えばいまはやりのブログランキングというのは、自薦以外の何者でもない。ラルフ・ヴァルド・エマーソンの言葉が身にしみる。

 「汝まず世界の必要とするものとなれ。さすれば、たとえ森の中に住むとも汝の戸口に人々が集まるであろう」

(続く)
スポンサーサイト

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
この記事に対するコメント
この後
30分ぐらいさらに話して、生協でカオスの中の秩序を買って帰りました。

いいはなしでした。
【2005/11/02 17:51】 URL | マスター #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suurizemi.blog32.fc2.com/tb.php/10-eb3f29fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。