プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
繭の中5
(おとといは)引越しだった。10時~3時半。お疲れ様でした。

3時半から4時半、夜の都会をうろついた。高層ビルと高級マンションばかりの町をうろつく。不良もギャルもホームレスもいない、静かに澄み切った街。中国の上環が都会とはいえまるで違っていたことを思い出す。

公衆便所がとてもきれいだったので、記念に小便をした。

公園には猫だけがいて、挨拶した。(1匹低木の中に消えていった。)

砂場には、高い柵があった。見張られているようで、居心地が悪いだろう。

公園の遊具が好きだ。カラフルで、無限を感じさせるフォルムをしているから。しかし、遊ぶには僕の体は大きくなりすぎてしまったようだ。

そんな僕を、パラボラアンテナのたくさんついたビルと40階を越そうという高級マンションたちが見下ろしていた。それを見て僕は思った。人間の恐ろしさは自然の恐ろしさを超えようとしていて、それを端的に表す計量が構造物の平均的大きさなのかもしれない。日本全国を回ったときいろいろな滝を見てきたが、それほど畏怖に襲われなかったのは、僕たちが都会で慣れ親しんできたもの言わぬ巨人たちによるものが大きいのだろうか。(しかし、山には畏怖を感じた)

城と巨人は何かを守ろうとしているのか?それともそれら目的を持たない堅牢さと攻撃性とは、様式を媒介にした自己複製なのだろうか?

様式だとしたら、物理から情報へと自然に伝播するだろう。恣意性のない運動は、拡散だから。そして、目的を持たない堅牢さを保持するには、維持コストの少ないほうが繁殖しやすいのだから。

つまり、われわれの生きている世界には声のない巨人たちがひしめいているかもしれない。夜の空気の中では、透明でかつ巨大なそれらが求めようもないものを求め闊歩しているのを感じられるかのようだ。

周りには猫しかいず、孤独である。にゃーと鳴いてみた。


・・・


30分散歩をしてもご飯を売っているところがない(コンビニ弁当は食べない)ので、ほか弁にすることにした。幕王という数量限定の弁当を待ちながら僕が考えていたのは、最高ウェイトやウェイト図と、具体的な表現との関係だった。具体的な表現を求めるには、descendするときの規格化定数を求めることに等しいが、これには漸化式を解かなければならない。確かに漸化式を説く公式はあるが、問題はウェイトが多次元のときだ。多次元を解くことは二次元を解くこととほとんど同じだから、SU(3)を考えればよいことになる(いっぽう、SU(3)とsl(3)をリー群の分類という視点で同一視してよいかどうかは、未解決疑問)

ここからは今日の視点で書こうと思う。

解き方は直積を既約分解するか、ウェイトに番号をつけて並び替えるかである。しかしウェイトの順番は恣意的であるので、ウェイトの並び替え(ユニタリ行列)に依存しないものを求めるべきである。それは指標で
あろう。

しかし僕が唯一知っている指標はSU(2)のもので、これはxとyから作られる完全対称テンソル上の表現から主軸変換の表現自体を簡単に求めることができる。

主軸変換は群論の言葉で言えば共役類なのだが、一般のリー群において最高ウェイトから共役類など求められるか?というのが問題になるだろう。これについてはまだいいことが思いつかないのである。


あとはこの日は、非有界ランダムウォークの第二量子化を、ヤコビ・トルーディの公式で解くことを覚えた。解は・・・シューア多項式になってしまった。
スポンサーサイト

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suurizemi.blog32.fc2.com/tb.php/260-66ae830f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。