プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
飲み続け3てマタギ
さらに飲み会。前回の翌日、午後5時に起床。やべぇ、会場が開場してるじゃんw

しかし4年ぶりの再会に髪型。及び服装。及び人格などを整えずにはいられず、朝風呂にてゆっくりとこれを行う。(僕の夢の中の人格はいろいろな感情が入り乱れていて、起きてから統一しないと日本語がしゃべれない時があるw)

渋谷のBunkamuraが会場か・・・バリ私服で行く。俺引き篭もりだから流行とかシンネーよ・・・二千円のカーゴパンツに適当に皮のテイラードジャケットを着るw

Bunkamura少し迷う。ブランド販売員を観察してしまう自分が嫌だが、別にエロ親父になったわけではなく、この、新卒採用倍率数千倍を超す業界が非常にシビアだというのを知って最近興味があったのだ。

ま、でも簡単にパーティースペースに突入。入り口で数人に抱きつかれいきなりビンタされる。誰だw見えなかったw


大同窓会本編~
まず、入り口で、秋元の声が聞こえてくるという。そしてやはり受付には堀尾。
やっぱなつかしーなー、と思いましたw

大典じゃん!まぁスーツ着てリッパになって。手品とバンドやってたやつがコンサルにファンドでインターンってw楽しそうでいいな。もしも君の言うように、社会システムのシミュレーションが引く手あまたなら、俺もやってみたい。アドレス教えたんだからメールくれよな。もしくはここのコメント。

坂本wかっこよくなりすぎだろwwwやめてくれwww

林田。薬学に行ったか。人生の悲しみに満ち溢れた目をしていたね。人間って面白くて、今がどんなに楽しくても、経験した傷は決して視線から消えないんだよね。それはあなたの魅力でもあると思うけどね。まぁゲームの話はw忘れてw

豪嗣。お前は何年たってもカッコイイな・・・常に皇帝のオーラを出している。
いくら不味くても白ワイン、っていうのも世の中に対するあきらめが感じられてていい。

佐野。キャラ変わりすぎだろw昔から面白いやつと思ってたけどね。男子三日会わ不ればかつ目して見よ、という格言の体現者か。

東野&藤崎とはもっと話したかったけど人の流れに流されて無理だった。まぁまた会うからイイよね。

高木も良く会うな。しかし流体専門とは知らなかった。次に会うときはもっとスペシフィックな話をしたいところですね。

大統領。イケメンという言葉のイコンみたいなものだよね。生きていくうえで実は君のような人が目標なんだ。君と話すと学歴とかはマジでクソだと実感するね。いや、もちろんこの学歴社会でその無意味さに気づき自分の才能とは何かを突き詰めることが、淘汰から抜け出す第一歩だと僕は思うけどね。

ゆうすけ&吉本。相変わらずだなー。やっぱ勝てないわ。でも、吉本から低温物性という言葉が出るとは。物理やってもいいけどCDは買うから出してね。
どうでもいいが上智の暗部を知った気になった。教授に積極的に絡んでいったほうがよさそうな学校やな。

勝山w
いじめてゴメンw

林先生。恩師とメトリックの話を出来ることは感無量であります。いつか、水口君が社会復帰した時にゆっくり酒でも飲ませていただきたいと思います。
苦労も多そうですがご健勝をお祈りします。

植田。あの日は構えなくてスマン。君とはゆっくり話したいね。

防衛医大にいきかけたヤツ。気が合いそうだったがやはり人に流されてしまった。

鈴木毅君。あれはナンパじゃないです。僕はいつもあんな感じです。全く気は無いですがあの子はかわいかったと思います。

藤林。スマンw

矢尾板。なんか重要なことを話した気がするのは気のせいでしょうか。

吉野君。大腸癌の研究でお世話になります。いま市川にいるのか。
あと、お金返したいので年賀状の時のアドレスに連絡ください。
3人か、安達斉藤で飲みましょう。

松木先生(佐藤郁良)。重ね重ね俳句の世界にお誘いいただいて有難う御座います。先生との握手は忘れません。この春休みに文学作品を書き終えて、職員室に送りつけさせていただきます。(もしあまりにも恥ずかしい出来になったら送りませんが何かは書きます)
先生のあの句は大好きです。凍った一瞬の一景に、世界を焼き付ける雄大さ。
あなたも水平線を 焼く男。

今思ったが、これって俺と話したのに漏れてる人はさびしくなるかもwまぁ確実に僕が書き忘れてるだけなんで自己主張宜しくお願いします。
あー、遅刻せなんだらこの倍の人数は話せたかもしれないのに。

そういえば、『人生の目的決まった?』って聞いて即答したのはやっぱ秋元だけでした。尊敬が止まらない。

二次会~ボッタクリ飲み屋

二次会は人が溢れてて杉沢。三富君。足達君。などの知らない一面を見ることが出来ました(俗に言う埼玉学派)。しかしなんと言っても衝撃的だったのは『又木信行』との出会いでしょう。

彼は中学の修学旅行で、一緒のふたり部屋だったのに一言も交わさずに寝たほどの仲でしたが、時が経ってこのような奇跡を起こすとは信じがたい。人生とはかくも不思議なものでしょうか。

同じ西田幾多郎好きではありますが、彼の再発見が自由主義史観の人々によるものであるとは勉強になりました。僕は本質的に自由で無い部分(韓国や中国との国交悪化を促成している原因である)を除いて自由主義史観に同意していたので(しかし、思想的にはマルクス主義のように、受け手の真摯さに大きく期待することがあって、例えば日本の教育方針として成り立たないことは確実なのですが。そもそもこの答えを求める日本式教育で育った人々が、例えば慰安婦問題に関して被害者側、加害者側、何が捏造であるか、また学者による発掘的議論、などを10冊以上読んで自由的な新解釈を打ち立てることなど出来なそうである。とくに、そういうことを出来る東大生など5人ぐらいしか見たことが無い。)、そういう意味でも世の中のリンクは不思議だなぁ、としみじみ思いました。

近々、ネットを利用した世界最大の西田幾多郎と自然科学の融合をテーマにしたコミュニティサイトを立ち上げようかと思っています。自然科学の融合がテーマになっている時点で西田には循環論法であると突っ込まれそうですが、当時は西田が哲学的に保留したいろいろのことが科学で明らかになってきていますからね。こうした試みは非常に面白いと思う。

しかし、西田に憧れて京大を選んだと聞いた時は、当時東大至上主義にかかっていた若者としては衝撃を受けました。


又木が講談社やらアウトロー文庫やらに内定して、僕の本を出してくれることを祈ります(笑)
スポンサーサイト

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suurizemi.blog32.fc2.com/tb.php/325-41d1202c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。