プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
カーニヴァル化する社会 1
国際大学グローバルコミュニケーションセンター助手の鈴木謙介の著書(2005年5月第一版)である。
非常に論点の分かりづらい文体である。著者は論点を分かりやすくしようとつとめているし、また断定の多いはきはきした文章は好感をもてる。主張も明白である。引用文献も並べてある。

しかし、論点が分かりづらい。情報量が多く、流れが悪いのが問題であると考えられる。(連載をリライトしているにもかかわらず!!しかし、リライトしているからこそ論点が著者によって、それが難しい言葉(監視社会化など)であれこそ掲示され、読みやすくなっているとも言える。)この人は文章を書くのが上手で、殆ど詰まることがなく書いているのじゃないだろうか。そこで、この本の分析をしてみたい。

はじめに
まず2004年になってやっとインターネットが社会の表舞台に取り上げられるようになった、という事実の指摘。
それに付して、著者は「(表舞台からの)ナイーブな反応にうんざり」していると述べる。
イラク人質バッシングでネットの「右翼性」を垣間見たかと思えば、一ヵ月後の北朝鮮拉致被害者家族会バッシングでは「左翼性」を垣間見る。実はネット住民はネタさえあって盛り上がれれば何でも良く、思想的な一貫性には欠けるのである。それに踊らされたマスコミ、またマスコミによる事実の切り取りにより偏ったイメージを植えつけられた一般視聴者のナイーブな反応に、著者はうんざりしたのである。つまり、ネット経由のバッシング事件は、知識人による「インターネットの右傾化」、「インターネットに蔓延する戦後民主主義批判」という意見が的外れであるということの証左になっている。
このように、ネット住民の日常には「祝祭=祭り」がビルドインされ始めている。社会は、祭りを駆動原理とし始めたのではないだろうか。本書では、この祭りのメカニズムについて明らかにしていきたい。これは「後期近代」に特有の現象として説明がつく。さらに、日常に祝祭がビルトインされることではじめて可能になる、社会と自己の仕組み・形態が存在する。
つまり言い換えればこれは、明確な動機、理念、依拠するべき物語を欠いた我々がどのような生を生き、果たしてそれは幸せなのかということを論じた本である。

第一章「祝祭と就労問題」
この章では「どうやったら若者を働かせられるのか」ではなく、「どうして差異が生まれるのか」について、ある抽象的な操作概念によって説明する。
1.フリーターやニートだけが問題なのか
これらの問題はひとくくりに、「決まりきったライフコースからの逸脱現象」として扱うことが出来る。
これらの問題が注目を集めるのは、「働かない子供が親にたかる」という構図の故である。小杉礼子によるニート研究は、こうした甘えの構造が本質的構造でないことを示唆する。宮本みちこによれば、どちらかといえば、これまでの大人が整備したレールに乗っかり甘えていたといえる。
事態は単純ではない。団塊の雇用を守るために、この20年若年層の給料は据え置かれてきた。これが、若年雇用の縮小を生み、祖父母から孫に至るまでの金の流れを生み、「甘やかされた」若者はそのせいで困っているのである。
ということで、いろいろな「コース整備」がこの理論の信奉者によって行われている。しかし、労働する若者にとってこれは意味がない。なぜなら、人生において「それ以上」を望まない若者にとっては、生活は快適であるから。こうしたフリーターの会社不信は、リストラが、ロイヤリティを低下させた結果と見ることも出来る。つまり、甘えの構造に加え、社会経済的な問題が大きいのである。(結論)
2.「やりたいこと」という貧困
このように、団塊世代は社会的弱者としての若者にたかり、若者は親の財布にたかる。このたかりあいと、親が子供に出来ることは経済的支援しかないということ、この二つが「自分探し」の原因である。(結論)「やりたいこと」という言葉を意味どおりに受け取ってはいけない。その社会的背景にも目を向けなければいけない。特に、リストラ問題では中高年の首切りに目が行きがちだが、若年層の問題の方が深刻である。(補強)
3.ハイ・テンションな自己啓発
社会経済的背景の大きさは一貫したテーマだが、若者は、次のような状況に置かれていると筆者は主張する。社会は、「自分はこれをやりたいのだ」と言う人間を生産することを始めた。(主張)それが企業による絶え間ない監視と評価であり、中学生からの職場体験である。この試練を潜り抜けた、正規雇用の若年層は、さして明るい希望も見えないのに残業時間は長いと言う状況に置かれている。今の職場をやめたいと思う正社員もおおい。それは一方で、自身のモチベーションの一瞬の盛り上がりであり、一方で、安定な環境を得たいと言う打算である。(主張)
渋谷望によると、「リスクを受け入れよ」と言うメッセージは、「国や企業に頼るな」「長期安定性を放棄せよ」と言う矛盾したダブルバインド・メッセージである。
これは若者にとって、比喩的な不断の躁鬱状態である。これを回避する要素が内発的には存在しない若者は、「やりたいこと」と言う実現不可能な無限点の目標を設定して、テンションを高めなければならないのである。そして、それから冷めたときにうつ状態に陥る。これは、今までにありえなかった人格の分裂であると言える。(結論)これを可能にしてしまったテクノロジーこそが、「監視社会化」である。(主張)
所感:まとめてみると非常にスッキリし、論拠も正当である。しかし、原文を見るだけではやはり何が言いたいのかサッパリである。
参考文献:チェックすべきと思われるものは、小杉礼子、宮本みちこ。宮本は購入を検討。
スポンサーサイト

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suurizemi.blog32.fc2.com/tb.php/51-dc310326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。