プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
第二話
前回の結論は、物理学とは大聖堂である。と言うことでした。これは確かに物理学の一面を表していると言えましょう。それでは今回は、物理学のどのような面を扱うのでしょうか?

物理学は大聖堂である、と言うことは一般的な言明で、応用を前提とした命題です。世の中には大聖堂がいろいろとあり、それがオーバーラップや棲み分けをしながらあたかも町のように存在しているのですから。つまり今から語られることは、大聖堂がどのような形をしているか・・・タージマハールか、キエフの門か、安土城か・・・と言うことをおいて他にありません。最初は全ての大聖堂をまわろうとやっきになるものですが、一つの大聖堂に安住する人や、その他のことをする人たちだけになります。

もしある人が物理を、「最小の実験事実の集合から一般的な法則を導くこと」だと定義したとしましょう。
私の研究活動では、ある微分方程式系の解の集合と、そのような集合を統計力学的にいじって集めたアンサンブルから一般的な法則を導くと言う、タイプ((o),((o)))の元探しでした。ラッセルと言う人が書いたこの表式は、話を分りやすくしてくれるメリットはあるものの未来の自分でも混乱すると思うのでここに銘記しておくと、oが方程式の解を表しています。 (o)が解の集合を表しており、ヒルベルト空間の部分集合です。つまり(o)はヒルベルト空間より小さい何かです。この(o)にある方向性をもった変化を加えて(人によっては進化と言うとか)、((o))を作ります。((o))は先ほどより大きいですが、(o)と形が似ているだろうと僕は考えました。そこでこれらの間の2項関係、((o),((o)))の部分集合を探すことにしました。
このときは、最小の実験事実の集合は{(o)及び、とかくのは不必要であるが}((o))であり、その一般的な法則が((o),((o)))の部分集合であると言うことになります。

そう、つまり、神の視点(第一話参照)で見たとき法則は法則ではないのです。全ての該当ケースの列挙なのです。このように抽象的に考えてみると、本質は、(A,B)という2項関係において、AとBを繋ぐものは何かと言うことです。(A,B)は直積空間A×Bの部分集合ですが、法則的に見えると言うことは、その形状を法則と言う形に帰着(encapsulate)出来ると言うことです。

ということは、先ほどの定義では、最小の実験事実の集合だけでは物理になり得ないことがあると言うことが分ります。

大聖堂的に言えば、物理の世界だけでは、土台だけの大聖堂が散見される、というべきでしょうか。もっと正確に言えば、土台に平屋を足しただけの大聖堂なのかもしれません。

こう考えてみると、いわゆる学部で習う物理と言うのは、既にある大聖堂をレゴブロックのように崩して、さあ、元に戻しなさい、といっているようなものだと言うことが分ります。つまり、研究者になるための道は、最初にレゴブロックで遊ばせて、本番になると土台やレンガで練習を始めると言うように整備されていることが分ります。


ここまでよろしいでしょうか。今ここに書いて来たことと、「因果性」というものの関わりについて考えたいのです。
大聖堂の寓話において、物理の根本を構成する因果律とは何か?単なる糊なのか?直感では、そうではありません。それでは、先ほどのAとBをつなぐものなのか?

私の研究活動からテーマを二つ持ってきましょう。まず一つ目では、Aは生物の個体であり、Bは進化樹上で個体がAを通って進化していく系列でした。Aが進化によって実現されるには実は二通りのことが可能で、まずAから適応度が計算されるためにBという系列が全て説明出来ると言うA->Bの立場。次に、常に最適な進化をたどってAにたどり着いたと考えられますから、Aを選ぶ原因がBのなかに隠れていると考える立場。つまり、進化と言う場を利用して、AがBをまねると言う考え方で、これはワディントンのアシミレーション(真似)と呼ばれます。ここでの因果律は、B->Aとなります。
なぜこの二通りなのでしょう。見ているものは一つです。つまり、ある微分方程式系の解の集合の集合((o))です。ここから、2通りの因果を取り出しました。なぜ2通り取り出せるのか?

これこそが、コンピューター実験が世にもたらした風刺なのだと考えています。つまりどういうことかと言うと、((o))は巨大な塊なのですが、つるつるところとざらざらしたところを持っているのです。そして、なぜつるつるとざらざらの二通りなのかと言うと、ざらざらという属性がひとえにつるつるでないと定義されているにすぎないからです。ここが風刺なのです。

コンピューターが特別だと言っているのではありません。その逆で、コンピューターとは特別に見えて、その実、現実の複雑性が入り込んでしまう程度の箱だったのです。

学者がコンピューターに寄せた期待について、ノーベル経済学賞のハワード・サイモンから一部を引用して吟味してみたいと思います。
「シミュレーションによる理解
ディジタルコンピュータによって、行動を模倣出来るシステムの範囲は、いまや大きく広がった。一般に、現在では模倣は「シミュレーション」とよばれ、シミュレートされた環境、つまり、模倣された様々の環境のもとでテストすることによって、模倣システムの理解が試みられている。
・ ・・中略・・・
シミュレーションが新しい知識を提供出来る方法には、相互に関連する2つの方法がある。・・・(転載者注:1と思われる)正しい推論はトートロジーの壮大な体系であるが、これがそのまま妥当するのは、神様だけである。われわれ人間は、苦心して、また失敗を繰り返しつつ、前提から結論を引き出さなければならないのである。(転載者注:よって、シミュレーションはそれをスピードアップする)・・・(転載者注:2と思われる)より興味深く、より分りにくい問題は、われわれがはじめ内部システムの行動を支配する法則についてあまり知らないときでも、はたしてシミュレーションは役立ちうるかどうかと言う問題である。・・・(2の結論)現実からその細部を捨象すればする程、現象のシミュレーションは容易になる。さらに、システムの内部構造のすべてを知っていたり、推論する必要は無く、抽象化に必要な部分だけを知っていれば良いのである。そうでなかったら、過去3世紀にわたって自然科学を作り上げて来たトップダウンの研究方法は、実行不可能であったに違いないからである。

ここでサイモンがよせた期待とは、1に工学に寄与する計算能力であり、2に捨象から推論を始めることを可能にし、効率よくトップダウンの議論することを可能にする能力であったと言えます。

しかし、ここまでよまれた方なら、サイモンの議論の後半が片手落ちであることが分ります。複雑な世界を捨象してコンピューターにかけると、あらたな複雑な世界が生まれるのです。私の研究にオリエントして考えると、サイモンの議論は、捨象して得た微分方程式の解集合の集合がいたるところすべすべしていた場合に限られることになります。つまり、抽象化するだけではトップダウンの研究方法とするには不十分で、出て来たもの((o),((o)))の一部をうまくトリミングしなければなりません。

それでは、生まれて来た世界がもとより複雑になっていると言うことが無いと言い切れるでしょうか?これを議論するために、世界の複雑性とは何かを考えていきましょう。

この章の結論です。もしある人が物理を、「最小の実験事実の集合から一般的な法則を導くこと」だと定義したとするならば、その物理とは大きな塊からつるつるした因果律を取り出すものです。それはトップダウンに行われる営みですが、抽象化がその十分条件ではありません。つるつるした因果律のかどが90度をしていると、大聖堂のレンガが一つ積み上げられることになります。

続く
(ここでもまだ、大聖堂は「共有知」のままです)
スポンサーサイト

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suurizemi.blog32.fc2.com/tb.php/521-069c3b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。