プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
アメリカン・サイコを通じて世の中の風潮を考える
アメリカン・サイコを観て、その緻密な構成と練り込まれた伏線に感嘆した。この話が実在の殺人鬼をモデルにしているのか気になって、ネットで検索してしまったのが間違いだった。

そこに広がるのは、惨憺たる「夢オチ説」の嵐だった。

自分の目が信じられなかった。日本はどうなってしまったのか。
なんと言っても、作中に夢オチを思わせるような箇所が見当たらないのである。
まず、監督がインタビューで主人公のことをserial killerと呼んでおり、明確に夢オチを否定しているし、
そもそも夢オチではこの映画のタイトルの意味すら通じなくなってしまう。
というのも、本作中ではpsychoは殺人鬼をさす言葉として使われてはいない。
つまり、American Psychoというのは主人公個人をさす言葉ではなく(当たり前だが)、作品のテーマそのものとして注意深く位置づけられたものなのである。それが「アメリカ人の心に蔓延する、無関心、拝金主義、物質文明、個性的な才能の欠如から来る空虚」であり、その集合により帰結される「特権階級による犯罪が裁かれること無く隠蔽され続けていく病的な社会」であるのは、本作が社会風刺を前面に押し出していることからしてあまりに明らかではないか。
もしある人が社会の病巣を語る映画を観てその異常な事件の全貌を「特殊な一狂人」に帰着させてしまうとしたら、それはピントがずれすぎている。そのような視点は真逆であり、本作の鳴らしている警鐘も残念ながらその人には届かないだろう。
とどのつまり、夢オチと考えるようではタイトルすらも「読めて」いないのだ。

テーマを考えるまでもなく夢オチだとしたら小さな矛盾がいくつも出て来てしまうのだが、それらは本質的でない。私が言いたいのは、「どうやら夢オチだと考える人たちには作品の言いたいことは伝わっておらず、そしてそのような人たちがかなりの多数派なのではないか」ということである。つまり私はこのことを通して、2008年現代は良い作品を作っても、そのメッセージが受け手に全く届かない時代なのではないかと危惧しているのだ。

私は、昔はこうではなかった、と考える人間のうちの一人である。そしてその害悪の根源はインターネットのオルテガ・イ・ガゼットの意味での大衆化であると考える。すなわち、思考の停止、他人の意見のコピー&ペースト、"FA"という言葉を用いて行われる卑劣な同調圧力などの「インターネットの大衆化に依る強化」である。

ネットにあまたあるアメリカン・サイコの感想を「記号の扱い方についての言及」という観点で切ると、次の様に4つのレベルが存在するようである。
レベル4。作中次々と消費されていくブランドたちは、この世界自体が、自分を記号としてしか認識してくれない巨大な地獄であることを暗示している。同時に、弁護士やVice President、はてはホームレスや売春婦という記号が、どのように本作で機能しているかも興味深い。
レベル3。ブランド名や店名の羅列が人々の間で重要視され、反対に人名や人の顔自体が軽視されていることが、作品のテーマを際立たせていると感じる。また、ライナーノーツをコピーした主人公の得意げな解説が、コピペ時代の虚無を暗示している。
レベル2。無意味な記号の羅列が退屈で、あんまり面白くなかったと言う記憶だけ。
レベル1。脳内殺人を犯してしまう狂人である主人公がいかに狂人であるかと言うことが、記号への執着を描写することによって強調されている。

ちなみに「音楽」では、
レベル2。80年代の音楽のチョイスは、主人公のカラッポさ加減を表していてにやりとしてしまう。
レベル1。80年代が凝縮された3人。作者はわかってるなあと感じる。
となる。(ホイットニー・ヒューストンやフィル・コリンズを聞くこと自体が恥ずかしいとは私は思わないが、そういう意見が根強くあることを監督が踏まえている、と考えているかどうかが重要)

「メッセージの届き方」は、
レベル3。社会に蔓延する無関心や病的な物質主義がアメリカン・サイコである。
レベル2。ブラック・ユーモア映画であり、具体的なメッセージに欠ける。
レベル1。最後のオチがあーいうことだとはね。パトリック症候群、結構いるかも。(あたしは違うケド)
だ。

最後にもう少し考えたかったことは、この映画での秘書の扱い方は、ファイトクラブ(こちらも消費文明を批判した作品だ)のヒロインの扱い方と同じだと言うことについてだ。どちらも社会風刺でありながら、最後の希望が「特別な異性」として描かれていることには、必然性があるのかどうか。つまり、世の中はまだ、お互いを人間として見ることの出来る恋人同士に唯一の救いを見いだしうるのかどうか。

キューブリックの時計仕掛けのオレンジとの間に類似性を見て安心するのも、全くの思考停止であり権威主義だ。確かに、主人公の告白のシーンの最後の一言は"Open Your Eyes"であったり、斧による殺人シーンがSinging In the Rainとかぶったり、キューブリックへの憧憬が感じられるが、あくまでこの映画のテーマは原作に忠実であり、社会に蔓延する空虚感であると言うことを感じ取らなくてはならない。社会風刺なら対象が戦争でも犯罪でも同じだ、と言うわけにはいかないであろう。

しかし、悪魔の生け贄のシーンもあるし、過去の大映画へのオマージュはまだまだ隠れていそう。強烈な問題提起と、強烈な否定の意思、そして愛が感じられるいい映画なのに、それを受け取る土台はやせ細るばかりの様だ。
スポンサーサイト

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://suurizemi.blog32.fc2.com/tb.php/523-a1510097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。