プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
世の中のことが分からない。特に仕分け問題。
2000年度には約50兆円あった税収は、2009年度はついに37兆円にまで下落するという。
そんな中で、学者たちはスパコンが何だと何を言ってるのだろう?というのが私の疑問である。
仕分けで削減することが出来た予算は高々2兆円だという。しかし税収は13兆下がっているわけだ。

例えば私の月収が(もちろんそんなに無いが)50万円から37万円に減ったとしよう。
そうしたら、無駄な支出が見当たらないとき、一般的な家計の感覚としては、投資と保険から切っていくべきだ。というのは当たり前のことのように思える。
ODAや事業やダム・原発建設は投資にあたるので切っていくしかないし、保険的要素、年金等についても同様であると思う。

しかも何故か借金が1600万円ぐらいあるわけで、予算の話がどういう論理回路になっているのか全く把握できていない気がする。いったいどうやったらこの状況で、国民の大多数にスパコンやロケットが必要だと認識させることが出来るのだろうか?絶対無理だ。

マスコミの仕分けの描写は結構扇情的で、現金の話が不明瞭なのも気になっている。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
明け方に思いついたオタクの定義
オタクって言うのは、
「自分でその分野に関して何も生み出さないのに、自分の価値観を押し付ける人々」
のことなんじゃないかと。ふと。

平野綾スレをみてて思った。

あ、でもいや、そういうのは子供というのかも知れない。まとめると「オタクの幼稚性に関する一つの定義」ってことだろうか。いずれにせよrepulsionが必要だということで衆目一致。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
30分で文系にもわかる量子力学wwwww
http://www.scanamind.jp/index.html

バロスwwww
久々に腹いてぇwww
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ねごと
あー
「闘いました」とか言って過去を正当化するヤツって何なの?

ちょっと自分の本質が見えてきた・・・。

自分と向き合うのはいつでも怖い。ただ今はそれを公開でやっているだけ・・・・

だけだ。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
人間を超えたもの
今日、プログラムが通って、金子先生はインドに行った。行く直前に会えてよかった。


今日shop自分を全巻1日で、はじめて、夜に一人で読んだら、精神に変調をきたした。よく覚えていないが、衝撃を受けたとか感動したとかではない。動悸がしたのと、むやみに叫びたくなったのは覚えている。叫んでいなければいいが・・・

なぜ?なぜ?考えてもわからない。

内容は、僕の人生観と80度ぐらいで交わる感じの主人公が、会社が潰れ、女に振られ、ほかにもいろいろあって全てを失ったあと、shop自分を開き独立しようとするが、流されながら生きていき、その上不運も続き、周りの人が幸せになるわけでも無いが、常に斜め上をいく展開をする人生ドラマであり、結構面白い。


なぜ?話の中のホームレスが自分に似ていたから?
先輩が研究者をあきらめて(Kさんのことじゃないよ。)就活をはじめたから?
それともネットの人の日記からリンクで飛んだ、あの醜怪極まりない文章が原因?

それじゃあ説明がつかない。これは作品の中に純粋に内在する、作者の暗黒面が原因だと思う。


どこら辺が暗いのか?確かに人生の苦しさが前面に描かれている作品ではある。人生の苦しさ・・・それ以外に何が描かれているかって、人生以外は描かれていないかもしれない。

ということは、人生の描き方に答えがあるはずだ。

大家さんの描き方?主人公の描き方?後輩の描き方?

だんだん答えがわかってきた。


clouds of reason。。。はっきりとした形はまだとっていない。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
言語と私 兄貴と私
広告業者ぐらいからしかコメントがつかなかったからふてくされてるのではなく、戦略シミュレーションをずっとやっていたから書かなかっただけだ。久しぶりにやってみると、ユニット同士の潰しあいは完璧に調節ネットワークであることに気づく。そして、コレは3次元をうまく使うことによって理想的な遅れ条件をユニット相互作用に取り入れている。それを観察することはなんて面白いんだ・・・

そんなこと考えてやってても勝てないんだけど。勝てないとどんどん泥沼にはまり込んでいくというわけ。でも、泥沼の底じゃなけりゃ見えないものってあると思うんだよね。

そんな自己啓発系の飾り文句で前書きは締めくくって、今日は自己反省をしたいと思う。最近プログラムの仕事にバイトを変えようかと思っている。理由はとくには無い。直感であるが

そのためにVC++なんて少々時代遅れ感のある言語を使わなければならないようだ。

英語
ドイツ語
韓国語
広東語
インドネシア語
C++
Fortran
Java
Haskell
Qt

だから記念すべき10ヶ国語目に突入だ。すんげぇ無駄。まぁオラクルとかやるよりはまともだと思うが。LPICの取得もやろうかと思う。江川達也に叱られる。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ネット復旧
引越し時の会社の手違いに気づかずネットが止まってしまったので難儀していたのがやっと復活しました。思ったより不便な2週間でした(請求書が届くまでに時間がやたらかかった)。泣き寝入りして12700円(延滞料込)をおとなしく払いましたよ。

僕の研究が活性化してきました。久しぶりだとうまく文章がかけませんね。これだとミス東大2007のブログみたいです(かかされてるみたいってこと)。


シンクロ・メトリック
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
目黒うまいものマップ3
今日はあんまり勉強せずに,メモリの調達に奔走したり,本棚の調達に奔走したり,友達とうまいものを食べるのに奔走したりしました。これを機に,目黒五反田近辺のうまい物マップを作っていこうかと思います。

ちなみに,味覚はひとそれぞれなのであまり怒らないでください苦笑

☆・・・・・・一口目から後悔するレベル。
☆☆・・・・・味が値段に見合っていない。イマイチである。高い。
☆☆☆・・・・味が値段に見合っており満足である。
☆☆☆☆・・・非のうちどころが無いほど素晴らしい。
☆☆☆☆☆・・どうやって作っているかわからない、魔法のような食べ物。

目黒・五反田編~

ほか弁・幕王 ☆☆
フレッシュネスバーガー ☆☆
モスバーガーの匠 ☆☆☆☆(作る人に依りますが・・・)
づゅる麺 ☆
ラーメン二郎目黒店 ☆
刀削麺(鐘楼) ☆☆(小龍包などはまぁまぁだが肝心のメインが・・・)
とんこつラーメンよってこや(地下) ☆
とんこつラーメンわ蔵 ☆
天下一品五反田店 ☆☆☆
なんとか茶屋(うどん) ☆☆
せでるはな(インドネシア料理) ☆☆☆☆☆
ウェンディーズ目黒店 ☆☆☆
ル・フロマージュ(洋菓子) ☆☆☆

第一回目のコメント:
高い料理と安い料理が混ざってるのがあれですが、高いものは滅多に食べないのでこれでいいかな。かなり上手いとされている洋食屋と四川料理と広東料理とフランス料理,有名なカンボジア料理,雰囲気のいいイタリア料理店,母親が昔通いつめていた伝説のパスタ屋,あとカニと塩ラーメンがあって期待しているのですが,果して行くお金があるかどうか心配です。
しかしなぜここらはこんなにまずいラーメン屋ばかりあるのだろう。しかも仕事が終わるとラーメン屋しか空いてないんですよね。


あいうえお(塩ラーメン。レア度込みの評価?) ☆☆☆
曽文(謎のラーメン。甘くてくどい・・・) ☆
ジェイズグリル(レアで頼むべき) ☆☆☆☆
一風堂(とんこつラーメン) ☆☆

第二回のコメント:
友人と楽しい時を過ごしながら店を増やしました。相変わらずラーメンが多いですがそろそろラーメンに期待するのはやめようかと思います(^ ^;
久々にベルモットを飲み、楽しい気分に浸りました。
やはり出来ればこういう楽しい会食の機会を多く持ちたいですね。
あと、すごいサイトにトラックバックが張られてますけど僕に「グルメ」の趣味は無いし興味もありません。誤解なきようw


ペルー料理アルコイリスベンボス ☆☆☆☆
韓国料理の隣の沖縄料理屋 ☆☆☆☆
せでるはなのランチ ☆☆☆☆☆

五反田やばいわ。うまい店が多すぎます。
家庭教師兼親友のひとがうちに来たため気づいたら30時間とかがあっという間に過ぎ去って五時の鐘が2度鳴っていきました。
彼はいつ見ても美しい男です。しかし天才です。
私も自分の研究を極めようと刺激されました。


和伝(うどん) ☆☆
カラカッタ ☆☆
ぎんざ井泉 ☆☆☆☆(☆5でもいい感じはする)
ミート矢沢 ☆☆☆☆(ここもまぁ☆5でもいい感じはする)
夕焼けラーメン ☆☆(途中で飽きる)
Fujiyama製麺(つけ麺) ☆☆☆(うまいけど高いデス麦焼酎アリ)
五星鶏飯 ☆☆☆☆☆

慣れてきて☆1をつけそうな店は避けるようになってきたので好成績。
五星鶏飯があまりに美味しかったので味をべたぼめしたら、ここらの界隈で美味しい店をふたつ教えてもらった。小料理屋春と、名前は忘れたけど三角の道のところにあるお店らしい。
確かに、美味しい店は人に聞くのが一番かもしれないと思った。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
sekolah
またTBSか・・・やれやれ。みんなは知ってるかどうか知りませんが僕もシンセサイザーをかなり扱っているので(そしてヴォーカロイドの未来をわくわくしながら見守っていた)今回の事件には心が痛みますね。まぁ今の生活だと特に気にしないでもTBSの番組は一生見ないかもしれないですが。ファックザ既得権益。

今日は研究をせずに勉強をしに。今日の接待に使った店は本当に安くてうまい店だった。よかった。そして授業はというと・・・屋上で灰色い風にビュンビュンふかれながら人生の悲しさをはかなんだ。

ジャム・カレット(じんせいのごくい)を堪能して自宅へ。就寝。じゃなくて、まじめに教授の論文を繰り返し読む。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
金子研セミナー1
金子研究室セミナーに出させてもらった。

前半は複雑系科学学会の講義(計10ぐらい)についてのreview。ぶっちゃけ、一つも興味がわくテーマが無いことに動揺した。僕はどうしてしまったのだろう。もしかして、本当に科学者の才能が無いのだろうか。

社会システムに対するアプローチも僕が抱いていたようなものとは正反対だった。なるほど、先生が僕にほかの研究室に行けとか新しい数学を作るしかないじゃないかとおっしゃった意味がわかってきた。この業界は、今、ネットワーク、イジングモデル、ゲーム理論、あて推量のtoo generalなセンテンス・・・でお茶を濁しているんじゃないか??

としたら真にやりたい卒論をやるには本当に新しい数学を作るしかないのだろうか?そんなことがこの僕に出来るのだろうか?

そんなことをぐるぐる考えながら後半の教授の講義に切り替わる。この内容は僕の専門分野のはずで、教授じきじきに内容も前もって聞いている。なのに全然わからない。何が前提で、何が目的で、何がseminalなのか・・・

結局発現がイジングモデルのような行列で表現されていて、その系での相転移のような現象になっているのではないか、と類推されていたが、途中で寝てしまった。

かなり恥ずかしい。死にたくなったので、そそくさと部屋を出ることにした。

まぶしい太陽に、かざ手をすかさば、容赦なく照り付けてなん、・・・埃っぽいその光にはどうやら悲しみと慈悲との匂いがする気がして・・・涙が出たかと思ったが、どうやらなんともなかった。


その後、渋谷で友人と合流。行こうと思ってた店がついてみると定休日。・・・渋谷では2年ぶりぐらいに新しい服を買った。渋谷には今お気に入りの店が3つある。買いすぎて今月は2~3日余分に働かなければならないかもしれない。

さらにその後、御囲地町でteacherと合流。またまた店についてみれば定休日。なんて日だ。

しかし、結果として僕の英語力とインドネシア語力は比較的上昇し、彼には飯代だけを払って授業料をお茶を濁してしまったのであった。研究は当然一歩も進まなかった。だからといってやる気が無いわけじゃないんだ・・・先生が言う。「見る前に跳べ!!!」

Lamayan.
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。