プロフィール

suurizemi

Author:suurizemi
はじめまして。私の名前は松崎遥です。
2010年現在、東京大学大学院総合文化研究科の2年生です。
最近いろいろ総合しすぎてよく解っていません。
e-mailアドレスは、blckcloistergmilどっと混むです。出会い系サイトの攻撃によりコメント機能は使えませんので、こちらにご連絡下さい。

私の好きな言葉だけ・・・
「証明の海の中にこそ数学の生命が宿り、定理や予想は大海に浮かぶただの泡である(よみ人知らず)」
「曖昧な知識は何の役にもたちません。自戒を込めて(神保道夫)」
「連続関数以外では、微分積分法はむずかしい!(高木貞治)」
「10代で共産主義にかぶれない人間は情熱が足りない。20を過ぎて共産主義にかぶれる人間は知能が足りない。(よみ人知らず)」
「だから、あの人自身がアトラクターなんだよね(金子邦彦教授評。)」
「われわれは、ほとんど知識をもっていないことほど固く信じている。(モンテーニュ)」
「現代文明の根源であり象徴である近代科学は,知的に非凡とは言えない人間を温かく迎えいれ,その人間の仕事が成功することを可能にしている.
 その原因は,新しい科学の,また,科学に支配され代表される文明の,最大の長所であり,同時に最大の危険であるもの,つまり機械化である.物理学や生物学においてやらなくてはならないことの大部分は,誰にでも,あるいはほとんどの人にできる機械的な頭脳労働である.科学の無数の研究目的のためには,これを小さな分野に分けて,その一つに閉じこもり,他の分野のことは知らないでいてよかろう.方法の確実さと正確さのお陰で,このような知恵の一時的,実際的な解体が許される.これらの方法の一つを,一つの機械のように使って仕事をすればよいのであって,実り多い結果を得るためには.その方法の意味や原理についての厳密な観念をもつ必要など少しもない.このように,大部分の科学者は,蜜蜂が巣に閉じこもるように,焼き串をまわす犬のように,自分の実験室の小部屋に閉じこもって,科学全体の発達を推進しているのである.・・・(中略)・・・大部分の科学者は,自分の生とまともにぶつかるのがこわくて,科学に専念してきたのである.かれらは明晰な頭脳ではない.だから,周知のように,具体的な状況にたいして愚かなのである.(オルテガ)」
「幾何学(=数学)について腹蔵なく申せば、私は、これを頭脳の最高の訓練とは思いますが、同時にそれが本当に無益なものだということをよく存じていますので、、、(パスカル)」
「犬っころなら三日も四日も寝ていられようが・・・寝て暮らすにゃあ、人間てのは血が熱過ぎる・・・(村田京介)」
「小泉純一郎は朝食をたくさん食べる。ヒトラーも朝食をたくさん食べた。だから小泉はヒトラーと同じだ(朝日新聞)」
「畜生、今日もまた Perl でスクリプトを書いてしまった。ああもう、 Python がデフォルトでインストールされないシステムはゴミだよ。いや、それではゴミに対して失礼だ (リサイクル可能なものが多いからな) 。よし、こうしよう。 Python がデフォルトでインストールされないシステムは核廃棄物だ。いや、核廃棄物の中にも再利用できるものはあるな。なんて事だ、俺は本当に無価値なものを発見してしまった・・・(プログラマー)」
「ヨーロッパかアメリカの気候のよいところで、
のんびりぜいたくに遊んで一生を暮らすこともできるだろうに・・・それがお前たち下等なブルジョワの最高の幸福だ。」
「もし二人がいつも同じ意見なら、一人はいなくてもよい。(チャーチル)」
「悉く書を信ずれば、即ち書無きに如かず。(孟子)」
「一般的に、時間が経てば経つほど、バグを直すのにかかるコスト(時間とお金)は増える。
例えば、コンパイル時にタイプか文法エラーが出たら、それを直すのはごく当たり前のことだ。
バグを抱えていて、プログラムを動かそうとした最初のときに見つけたとする。君はわけなく直せるだろう。なぜなら、君の頭の中でそのコードはまだ新鮮だからだ。
2、3日前に書いたコードの中にバグを見つけたとする。それを追い詰めるのには少し時間を要するだろう。しかし、書いたコードを読み直せばすべてを思い出し、手ごろな時間で直せるだろう。
でも、2,3ヶ月前に書いたコードの中のバグについては、君はそのコードについて多くを忘れているだろう。そして、直すのはこれまでよりずっと大変だ。このケースでは、君は誰か他の人のコードを直していて、書いた本人は休暇でアルバ島(訳註:ベネズエラ北西カリブの島・リゾート地)に行っているかもしれない。この場合、バグを直すことは科学"science"のようなものだ。ゆっくり、順序立てて慎重にやらなければならないし、直す方法を見つけるのにどのくらいかかるのか、確かなところがわからない。
そして、すでに出荷されたコードのバグを見つけたら、それを直すには途方も無いコストを招くだろう。(Joel on Software)」
「男と女には春夏秋冬がある。
春にしっかり育てて、
夏に燃え上がり、
秋に”情”という実がなり
冬はそれを食べて生きていく。(柳沢きみお)」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自主セミナー やって候
もはや自主セミナーの補助ページではなくなって久しいモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ショーペンハウエルとアルレリウスの比較の現時点での結論は
ニーチェの分類によれば、結局はショーペンハウエルは蒙昧で、アルレリウスすなわちストア派は自己歪曲ということになるのだが、ショーペンハウエルは奴隷道徳の代表者であり、アルレリウスは君主道徳の代表者である、ということもできるのだろう。

この三人の人生の目的はなんであったのかというと、
ショーペンハウエル:有機体としての総合的な思想体系を歴史に残す
アルレリウス:究極の行動原理を発見し実行する
ニーチェ:真理を求める。真理とは人間的でない真理
というところだが、 mandateなものに反発を抱き、自分がそれを変えてやろうと思っていることは同一だ。アルレリウスはストア派なので、外界を明示的に変えようとはのべないのだが、主観をコントロールすることで啓蒙を行いたいという欲求が見られるので、主観をコントロールすることの出来ない一般人の道徳に対する反発はあるだろう。


さてニーチェはショーペンハウエルが世の中に対して怒っているのを人間的だとか蒙昧だとか奴隷的な怨嗟だとか言って馬鹿にするのだが、ニーチェ自身の怒りぷりも半端ない。よって、この三人のなかで怒っていないのはアルレリウスだけである。それも、ニーチェによれば自己歪曲ということになるのだが。

クリエーターについて怒りは望ましいものかというこの問題を考えつづけて久しいが,その根底には奴隷的な怨嗟はもはや不要なモノなのではないかという直感がある。ネットにおける、自分以外は全部バカにするというスタンダードがなにかメリットがあるのか、そういう疑問。超然とし怒りとは無縁に見えるスーパーハッカーの人たちも、その中の個個の作業においては、怒りのもとに自らの正義を体現せんとする存在なのか。

「世の中、怒ってる奴らばかりだ。だから君は怒ってないほうがカッコいいよ」

という忘れられない言葉がある。これは単に、常にサブストリームであるべきいだという哲学なのだろうか。

そうではなく、人間的でない真理を含んではいないだろうか?

この問いのゴールは、怒りについて、それがクリエイティブな作業に役立つのはどのような状況か、むしろ邪魔になりみじめに見えるのはどんなときか、を明らかにすることだ。チクセントミハイが実証したように、怒りの存在しないクリエイティブな領域が存在することは確かではある。だからといって、怒りが不要なモノとばかりも言えないのが実情である。それにはやはり、ケーススタディが必要で、とくにハッカーについてそれを見て行きたいと思っています。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
時代遅れ感が
ショーペンハウアーとアルレリウスについて半分ぐらい書き終わったところで自分のブログを見てみると、すさまじい広告の嵐に。
あまりにも出会い系サイトの広告が多いのでコメント禁止にしてみました。

そこで思ったのですが、ブログのコメント機能って、もしかしてすでに時代遅れなのではないでしょうか。
わたしが読んでいるブログってそういえば、もはやコメント欄がないというところも多いです。

いままでTwitterが何に使われているか見当もつかなかったのですが、エロ広告がこないので気軽に使えるという面もあるのかなと思い始めています。まぁそれだけだったらmixiでもいいわけなんですが、Blogって不特定多数に情報発信するためのものですもんね。なのでTwitterを引き合いに出してみました。
といっても門外漢の的外れな意見であることは心得ており魔す。

となると、ブログがコメントにかわるコミュニケーション手段を手に入れるまで我々はいろいろな手段を模索しなくてはならないようです。
とりあえず私はメールアドレスを公開してみることにしました。まぁ研究室のページでも公開されているわけなので
、あまり被害にならないと見込んでです。非公開コメントを残すのは、広告botには効果がないとふんでやめました。

書いているうちに、コミュニケーションなんて実際あえばいいので、コメント機能もその代替手段も必要ではないなと思えて来ました。

どちらかというとコメント機能の役割は議論の場所を提供するという点にあると思われます。それではそれを可能にするソフトがあればいいわけで、それは3年ぐらい前に村上君という高校時代の友人に話したbook jabberというソフトの話しに戻ってしまうわけで、自分は進歩していないなあと思う次第です。

進歩するために、再考して見るのも一興かも知れません。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
ショーペンハウアーとオルテガの怒り、アルレリウスの諦念
文章自体は継続して書いてまいりましたが、久しぶりに日記を書こうと思いました。ここ一週間に考えたことを書きますので週間日記という体裁になります。お付き合いくださりありがとうございます。

最近、ショーペンハウエルとアルレリウスに傾倒して、それぞれ何度も読み返し頭がこの二人でいっぱいになってしまいました。25年間生きてきて最も感動した本であるといってもよいかもしれません。前者は怒りをむしろ歓迎し、世人を「どこにいってもつきあたる人間のくず(岩波文庫、読書について、p132)」といってちゃかしますが、後者は怒りなどとは無縁で、「波間に浮かぶ岩頭のような」存在です。それにもかかわらず、二人には思索のプロフェッショナルとして殆ど同じ哲学を持っているのです。

何が同じなのか、どうして片方においては怒りであるものが、片方においては怒りではないのか。についてすこしまとまった文章を書き、アップロードしたいと思います。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
世の中のことが分からない。特に仕分け問題。
2000年度には約50兆円あった税収は、2009年度はついに37兆円にまで下落するという。
そんな中で、学者たちはスパコンが何だと何を言ってるのだろう?というのが私の疑問である。
仕分けで削減することが出来た予算は高々2兆円だという。しかし税収は13兆下がっているわけだ。

例えば私の月収が(もちろんそんなに無いが)50万円から37万円に減ったとしよう。
そうしたら、無駄な支出が見当たらないとき、一般的な家計の感覚としては、投資と保険から切っていくべきだ。というのは当たり前のことのように思える。
ODAや事業やダム・原発建設は投資にあたるので切っていくしかないし、保険的要素、年金等についても同様であると思う。

しかも何故か借金が1600万円ぐらいあるわけで、予算の話がどういう論理回路になっているのか全く把握できていない気がする。いったいどうやったらこの状況で、国民の大多数にスパコンやロケットが必要だと認識させることが出来るのだろうか?絶対無理だ。

マスコミの仕分けの描写は結構扇情的で、現金の話が不明瞭なのも気になっている。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
詩分け問題に寄せる 補足
これは要は学部4年のときから考えている研究の話で、物事を解決する順番だけを制御することでシナジーを生み出すことができる、というアプローチについて語っている。

最近、コムサは商品を入れ替えず、売り場のレイアウトのみをセグメンテーションに従って配列しなおしたことで確か+30%の収益を上げた。数字については良く覚えていない。

思えば、系統的学習と発見的学習というよく挙げられる比較も、シナジーの字句に載せて議論することが可能である。全部の組み合わせ的可能性が膨大で捕らえられなくなったとき、シナジーのみを拾っていこうとする戦略と発見的学習を比較してみよう。この場合「発見」は、脳の短期的記憶チャンクと入力情報とのシナジーの上に創発する。そこで、短期的記憶チャンクの生み出すシナジーが入力に対してしばらくの間固定的であろうと予想して、自然石収集の散歩のように学習を行うことが発見的学習の正体であろう、と思われる。

しかし、シナジーという意味では脳の短期記憶チャンクに依存する必要は無く、仲間と行う自主セミナーなどに対しても議論を想像することができる。この場合、人間関係を通じたフィードバックを狙っており、仲間の記憶チャンクとの相互作用を狙っているとはいいづらい。そこで、短期記憶と入力情報の相互作用を狙うというのが場当たり的であるのに対し、人間関係を通じたフィードバックには時間的概念の把握、未来予測の能力が必要とされる。

当然、この二つの例ではシナジーの性質に差があるが、こうして考えることで、二つの時間スケールにおいてシナジーの性格が変わることが見て取れる。

修士一年ぐらいのころは、情報爆発の中での探索問題におけるシナジーを考えていたが、そのアプローチがどういう点で不十分であったか考えさせられる問題である。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
詩分け問題に寄せる
無限とも思えるぐらいのやることがある。すべてをこなせば私は超人になれる。

たかだか可算無限個なので、その並び替えを考えることができる。また、何度のengageでタスクをこなせるかという問題は、[0:1]連続区間の分割問題であるので、可算無限になんら影響を持たない。BunimovichのBucket Brigade Theoryのように。

そうではない。

物事にはシナジーがあり、それこそが私が一生をかけて研究しようと思っていることなのだ。果たしてシナジーの正体は何なのか?

思えば既に小学生のころには、気功や風水、漢方を統一するシナジー理論が存在すると考えていた。

そこに既成の科学はない。ただ、研究があるだけだ。そう、既成の科学はないが、規制の研究と思わしきものはある。それはデータマイニングであったり、ロボットの制御問題であったり(混沌とした力学系の中の"制御すべき要点"を見つけるという研究である。それはすなわちデータマイニングである)する。

シナジーの研究方法は分からない。だから私は、シナジーのあるゲームを何度も繰り返しデータを取って観察したり、音楽の周波成分をミュートして感情を生み出したり(感情に引き算が効けばシナジーの検出はたやすい!)、もっと記号的にコードワークを入れ替えてみたり、テンションだけを足したり引いてみたり、ルートだけを足したり引いてみたり、こうしてタスクの山を眺めながら何らかのシナジーを感じ取ろうと観察する。

シナジーが無いなら、人間は死んで無になるだけだ。しかし、シナジーが無い無菌室のような状況は自然に存在しない。だから人間は無にならないことに挑戦する能力を持っている。

そして私の思考はタスクの山に戻る。ゆっくりと亀が山肌をつたってゆき、ときに瓦礫のひとかけらを踏み外して落ちそうになる。
しかしそのかけらのひとつが雪山のなだれのように、景観を変容させ、気候を変える。ぐらつく峰をとりまく雨渦に驟雨の洗礼、霧が晴れそこにはとりもなおさず

グランド・キャニオンを闊歩する私。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
snow leopard
Snow Leopardを3,300円で生協で買って、macに適当に入れておいたら、iPhoneがmacで認識されない問題が解決された。これで普通に開発が再開出来る。丁度SDKは3.1.2になったところだ。

これは、単なる偶然というには利得が大きい。
iPhoneのリストア(結構危険)
iTunesのアンインストール
iTunesのいろいろな設定ファイルを漏れなく削除すること
iTunesのリインストール
それでも解決しないので再度原因を考える
という一連の作業にかかる10時間程度の時間を再度ロスすることを防いでくれたのだ。それだけで利得は15,000ぐらいあるんじゃないかなあと思う。

単なる偶然でないというのはどういうことかというと、AppleがiPhone問題に対応せず、製品交換ですませていたのは、長期的(半年単位)に考えればこの問題はSnow Leopardの導入に伴って解消されるとしっていたからではないだろうかということだ。つまり、バグの処理作業を一元化したのだ。知識の無いソフトバンクショップでテクニカルな問題に対処するのは、知識の伝達コスト(人件費)がかかりすぎるが、それを定量的に処理出来ているということである。もちろん、Appleの誰かがこのような絵を描いていたとしても組織としての実行は難しいから、このような事件を抽象的に効率的に処理する仕組みをAppleは(無自覚的に)育てていたのだろう。

まあ自分の参考になるのかはわからないのだが、Snow Leopardの新機能もうがった目で見てみたい。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
Reboot Beer Game
師匠に話して感想を聞いたところ、2月にやってたBeerGame系をやってみてはとのこと。時間の概念の発生という線で追っておけば、結構いいかも知れない。

BeerGameのコードを見たけどObjective-Cで何故か書いたため、非常にポータビリティが悪い。g = [[[Gameclass alloc] init] setDelegate: d]とか。

だから人は走り続けてなければいけないのだよ、と言われればそれまでですが。はい。精進します。

夜はたった5人だけど同窓会。社会人の会話を聞くと焦るものだ。いい刺激になる。
友達はみんな優しいが、僕の孤独感の招待は、クラスメートで博士号をとろうとしている人がほかに一人しかいないとかそんなことなのだ。彼は柏にいるためか今日も来なかった。近いうちに会いにいこうかな。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
3つのシミュレーション
3つのシミュレーションを持っているがどう関連させていいかよくわからない状態に陥っている。始めたときは一応あやふやなビジョンがあったのだが、そうしたものがモチベーションになるのはやはり短い時間で、本当に結合を起こさせるためには何かもっと強い思い込みが必要な気がする。

・カーネルマシン
・アクティブパーセプション
・擬似遺伝子回路

アクティブパーセプションのカオス的出力は必要な情報とそうでない情報を区別する。
カーネルマシンの場合は不等号を含む拘束条件を使って同じ事をする。

しかし、二つの機械が判別した必要な情報は一致する保証は無いので、もしかしたらこの二つは全く無関係、ということがありうる。

これでは強い思い込みにはほど遠い状態だ。


アクティブパーセプションにとっての『要る情報』は、動的である。もし本当に制御信号がカオスであるとすると、同一の知覚に対して異なる受け取り方をしている事になる。つまり、同一の知覚に対して多様な反応が対応し、一対多の状況が発生している事になる。『コンテキスト』についても、同一のコンテキストに対して多様な反応をするだろう。結局、要る情報は同一の知覚に対していろいろな選ばれ方をされるから、毎回違った結論になるだろうと思う。

それに対して、カーネルマシンにとって『要る情報』は、静的と言うか、式から自然に求まるものである。データの追加に対しても多分ロバストなので、ますます静的である。アクティブパーセプションの場合は、このデータの追加自体が動的である。

こう考えてみると直感的に、カーネルマシンにおいても記憶の動的な削ぎ落しが必要なのではないかと思われる。例えばサポートベクトルを得た後にサポートベクトル以外を綺麗さっぱり忘れてしまう。すると、全く異なるコンテキストをもつ外部環境がやって来たときに、サポートベクトルはもはやサポートベクトルでなくなり、極小値に停留する事も無くなるような気がする。

しかし、このような考え方は人為的で、何か気持ち悪さを感じる。つまり、機械の目的を明らかにする事と機械の仕組みを明らかにする事の二つが目的だったところに、停留の回避と言う人為的な『機械の目的』を持ち込んでしまった事で、機械の仕組みが歪められているのではないか、という事である。

こういう軌跡をへて、何を信じればいいかがわからなくなってしまったのだなあ、と感じる。これをどう打破するべきか・・・?

そこで、ディレイシステム、擬似遺伝子回路に解を求めたくなる。ディレイシステムに保存される情報は発現順序の形をとっているが、これはワンパラメーターのβによって変化する。つまり、同一の知覚に対して、多様な反応をする。

それでは、ディレイシステムの持つ多様さと、アクティブパーセプションの持つ多様さがどう関係するか、という事を考えるべきだという事になる。つまり、どのようなタスクが、これらの多様さから同一の利益を引き出すかを考えるという事である。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング
達人プログラマー/エディタの章
プログラムをはやく書くための勉強はこれで終わりだ。時間切れだから。結局、最後の関門は、エディタを使いこなせなければ突破出来そうにない。それは実地で鍛えればいい。

VS2005を使っているが、マクロが実行出来ないバグがあるっぽい(microsoftのサイトによれば。)のでこの機会にVS2008に切り替えようかと。しかし、それにはパソコンも買い替える必要があって、先輩の持っていたVaioTypeZがやたらかっこ良かったのでそれをちょっと考えています。Blu-rayも少し見たい(見る時間はないのに)。最近、時間が無いという意味の捉え方がわかって来たと言うかちょっと捉え方が変わってきました。いまの方がより真理に近いような気がします。その理解は、言葉で書けるものではなく何となく内臓のあたりに座ってるような感じです。でも、太って内蔵脂肪がついただけかもしれません。

とりあえずVSはEmacsバインディングに切り替えて、ウォッチ式はばんばん使って、出来る限り無駄な時間を短縮してロケットで突き抜けたいと思います。
 
aozora.gr.jp 東大生ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。